2012/08/05 機会の窓2

原文 http://2012portal.blogspot.com/2012/08/window-of-opportunity-2-secondwindow-of.html?m=1

転載元 https://cobraportaljp.blogspot.com/2012/08/10211122111221an1221an-11111111111111.html

2012年8月5日日曜日

機会の窓2

至高の介入の第二の機会の窓が、惑星地球で開こうとしています。その入り口は、10月21日の決意の日です。この期間のターニングポイントは、11月22日の第11番ゲートです。そして出口は、12月21日のコンタクトの日です。この窓が開いている間は、ソースから地球に向けて直接の連続の光のフラッシュが送られます。フラッシュは、AN転換の直接次元変換システムからの、線形フェーザーの流れを通って送られます。12月21日には、AN転換の直接次元変換システムが惑星上で完全に起動し始めるでしょう。

この期間は、イベントが最も起こりやすいタイムフレームです。この時間枠の中でイベントが起こると保証はできかねます。何故なら私達は自由意志の世界に住んでいて、この惑星における光と闇の戦争はまだ終わっていないからです。しかし、この機会の窓は、私達が集団としてブレイクスルーを実現するための、まさに大いなる機会なのです。今はまだ決意の日とコンタクトの日について話す時ではありません。ファーストコンタクトに関連するかもしれませんし、しないかもしれません。11:11の第11番ゲートは、11:11の扉の中での、最後の次元ゲートです惑星地球を含む、この次元の宇宙の二元性の最終補完を加速させる、次元ゲートです。11:11についての詳細はこちらでお読みいただけます。
The NVisible: Solara & the 11:11www.nvisible.com
複雑性の波形解析を見ると、これまでの歴史上最も複雑な期間であることが分かります。シェリアクの時間波はこの期間の終わりにゼロになり、主要なマヤ暦の周期はリセットされ、同様にゼロへと戻ります。つまり、この期間は最も予想のつかない、一触即発の可能性がある期間ということです。全ての大物が参加しますし、賭けは高くつきます。こちらのモデルは、物事がどのように展開していくかを表す可能性の一つです。

翻訳: NOGI

関連記事

  1. 2017/10/30 ゴールドフィッシュレポート主催のコブラ、ベンジャミン・フルフォード、ウィンストン・シュロート共同インタビュー

  2. 2014/09/24 ウンタースベルク山

  3. 2019/12/18 金融システムに関する更新

  4. 2019/10/30 COBRAインタビュー by Golden Age Group「シルバートリガーアクティベーションと台北アセンションカンファレンス」

  5. 2015/06/02 コロニー解放作戦の結果報告と惑星地球の状況

  6. 2012/11/11 ロブ・ポッターのインタビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブ