2014/12/03 拡散希望! IS:IS ポータル活性化 PART 2

原文 http://2012portal.blogspot.com/2014/12/make-this-viral-isis-portal-activation.html

転載元 https://cobraportaljp.blogspot.com/2014/12/isis-part-2.html

2014年12月3日水曜日

拡散希望! IS:IS ポータル活性化 PART 2

再び行動を起こすときです! 世界の運命を私たちの手に取り戻すときです! そのために私たちは、2014年12月15日、天王星-冥王星スクウェアのときに、個人でもカップルでも大小のグループで集いましょう。女神のボルテックスのエネルギーを、私たち大勢で一緒に定着させます。こうすることで、地球惑星の最終的な解放を実現させるための、調和的な道筋をはっきりつけます。


私たちのビジュアリゼーションは地球惑星解放のプランをサポートするので、可能な限り迅速に、可能な限り非暴力的かつスムーズに、それは実現します。私たちにはそれができます! それを拡散させる必要があります! 大勢の人たちに伝えられる必要があります。そうすれば、実際に行う人の数がクリティカル・マスに達します。どうかあなたのウェブサイトやブログに投稿してください。あなたが代替メディアをご存知ならそこに送ってもいいでしょう。あなたがいる地域で、これを行う人々のFacebook グループを立ち上げることもできます。これに関するビデオを製作してyoutubeに投稿することもできます。


科学的研究により、大規模な瞑想が人間社会に良い効果を及ぼすことが確認されています。ですから、私たちが行うことは本当に影響を与えるのです。

タイトル未設定www.spiritscienceandmetaphysics.com

IS:ISポータル活性化は12月15日(タイムゾーンによっては14日)、占星術的に天王星-冥王星スクウェアの配置になるその瞬間に起こります。活性化の瞬間に、カイロの上昇星座は、正確に銀河の中心に対して合の位置になっている、火星とカリクロに連なります。(訳注:上昇星座とはその時刻に東の地平線から上る黄道12星座のこと。カリクロは土星と天王星との間にあるケンタウロス族の小惑星。氷の輪を持つ。プレアディアン・ポータル活性化の報告で紹介されている)。

ポータル活性化の瞬間には、シャプレー・アトラクターが私たちの局部銀河団に向けて、史上初めてのパルスを送ります。そのパルスは天の川銀河、アンドロメダ銀河M31、 三角座銀河M33にエネルギーのトライアングルを創りながら、闇の宇宙異常に対する最後のtriangulation(三角形分割?)を効果的に始めます。そしてそれを光に吸収させます。さそり座2度に位置しているシャプレー・アトラクターは、活性化のときに月とリリスで強力な相をつくります。すると非常に強力な女神のエネルギーの扉が開きます。そのエネルギーはソースから直接流れてきてこの宇宙を満たします。


シャプレー・アトラクターは、知られている限り宇宙最大の構造をなしており、この超大質量重力異常は、宇宙の私たちのセクターに時空連続体の構造を形作っています。

Shapley Supercluster – Wikipediaen.wikipedia.org

面白いことに、シャプレー・アトラクターの詳細は2006年1月12日に明かされましたが、これは1996年のアルコンのコンゴ侵略からちょうど10年後です。

X-rays Reveal What Makes the Milky Way Movewww.ifa.hawaii.edu

活性化のとき、シャプレー・アトラクターからのエネルギーパルスは、私たちとソースとの繋がりを大いに強めてくれるでしょう。

そのエネルギーパルスは光のさざ波を起こし、私たちの局部銀河団を通り、天の川銀河の、とりわけ惑星地球を含む私たちのセクターに影響を及ぼします。量子レベルでは、天の川銀河のこのセクターの亜原子粒子は、すべて超次元ワームホールを通り抜けます。そしてそれらの粒子周辺の量子ゆらぎの構造は、もっとずっとソースと同調するようになります。このようにして効果的に初期異常を減らしていきます。主にこの初期異常こそが、宇宙における闇の源でした。


この活性化は、銀河系の私たちのセクターが大変化するきっかけとなるでしょう。この活性化によって、未来の全タイムラインが、ますます統一されていきます。より一層の大調和、一なるものとの調和へ統一されていきます。


活性化のエネルギーは、小惑星カリクロを経て私たちの太陽系に伝達されます。それは聖なる石GARIL を活性化し、次にその石がホーリー・グレール、すなわちモルダバイト製の聖杯を活性化します。現在、聖杯は星の同胞団という光の勢力の手にあります。次に星の同胞団が、極めて高波動のこれらのエネルギーを、ホーリー・グレールの144,000面をフィルターとして通し、星の教団のメンバー144,000人に送ります。https://cobraportaljp.blogspot.com/2012/09/blog-post.html

女神のエネルギーが、星の教団のメンバー(ライトワーカーと光の戦士が転生した魂)に目覚めの閃光を生じさせます。そしてそれらのエネルギーが、144,000の転生した魂を、神聖幾何学のマンダラに配置し始めます。それぞれの魂が、イベント前及びその期間中、各自のミッションを果たすのに相応しい位置につくためです。


私たちはそのような強力なエネルギーを、地球惑星の光のグリッド(網)に伝送します。

Page not found | LightWeaverwww.light-weaver.com

地球惑星のライトワークを行うことは、アルコンの地球惑星支配に対する、最強の対抗手段の一つです。

Invitation to Physical GridworkAs many people know, there is a grid around therecreatingbalance1.blogspot.fr

この活性化のメインとなる定着地点は、エジプトのギザ高原です。是非ご参加ください。

PORTAL CONFERENCE – Giza, Egyptportal2012.org

実際に地球を覆う光のグリッドを強化することで、私たちのメイングループに合流できなくても、それぞれの地でこの活性化をサポートすることができます。


私たちは皆で同時刻に、すなわち天王星-冥王星スクウェアになる正確な時刻に、この活性化を行います。カイロ時間の12月15日午前7時11分です。
ここで各地域の時刻を見ることができます。


http://ww.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?msg=IS%3AIS+PORTAL+ACTIVATION+PART+2&iso=20141215T0711&p1=53


日本時間は2014年12月15日(月曜日) 午後2時11分。
インストラクション:


1.両手を頭の上に挙げて体を時計回りに回転させます。


2.こうしながらマントラ、イーーーを唱え、マントラが体中に響くようにし、体が輝く光の柱に滑らかに変化していき、その光の柱の中に数百万の虹色の星がきらめくようにイメージします。


3.マントラを唱えながら体を回し続けます。数分の後、両手を下ろして、体の脇に付け、体を時計回りに回し続けます。


4.そうしながら、マントラ、エーーアーーを唱えて体中に響かせ、虹色の光の渦が心臓から外側に向かって地球全体に広がってゆくようイメージします。自分のスピリチュアルガイド、アセンデッド・マスターたち、プレアデス人、天使、ツインソウル、ソウルメイト、ソウルファミリー、そのほかの光の存在たちを招きます。


5.これら全ての光の存在たちのプレゼンスのもとで、マントラを唱え続け、体を回転させ続けます。


女神の渦のインストラクションはこのビデオでも見ることができます。5:21 から。

この活性化は影響力が大きいため、今回はIS:ISポータル活性化Part2を行うだけにします。イベント前、またはイベント後にPart3が必要になるかもしれません。


IS:ISポータルが開いた後は、さらなる出来事と活性化が、2014/2015機会の窓の内側であるでしょう。それらに関する詳細は、ふさわしい時に追ってお知らせします。


IS:ISポータル開放のアップデートはこちらから。
http://2012portal.blogspot.com/


翻訳: Now Creation

http://nowcreation.jimdo.com/2014/12/04/%E6%8B%A1%E6%95%A3%E5%B8%8C%E6%9C%9B-is-is-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AB%E6%B4%BB%E6%80%A7%E5%8C%96-part-2/

関連記事

  1. 2018/08/10 自由への鍵瞑想最終更新

  2. 2013/03/10 インプラント半球と銀河セントラルサンの活動

  3. 2017/05/02 識別力と気づき

  4. 2015/11/21 イベント瞑想 最終アップデート

  5. 2012/10/18 決意の力

  6. 2012/08/08 もう一つの新コブラインタビュー

カテゴリー

アーカイブ

  • 2022 (33)
  • +2021 (33)
  • +2020 (61)
  • +2019 (37)
  • +2018 (51)
  • +2017 (86)
  • +2016 (75)
  • +2015 (91)
  • +2014 (85)
  • +2013 (101)
  • +2012 (129)