2016/01/27 惑星X

原文 http://2012portal.blogspot.com/2016/01/planet-x.html

転載元 https://cobraportaljp.blogspot.com/2016/01/x.html

2016年1月27日水曜日

惑星X

最近、主流メディアでは、プラネットXと思しきプラネット・ナイン――今のところはそう呼ばれていますが――の発見についていろいろと報じています。

Astronomers say a Neptune-sized planet lurks beyond PlutoPlanet would orbit the sun once every 15,000 yearswww.sciencemag.org
Planet Nine – Wikipediaen.wikipedia.org

これはまだプラネットXの発見を公式に認めたものではありませんが、正しい方向に向かっています。これは、昨今起きつつあるソフト・ディスクロージャーの一部です。カバールは数十年間、プラネットXの存在に関する情報を抑え続けてきました。キメラ支配下のマウイ高性能計算センター(MHPCC)が、世界中の主要天文台から集められた全データを傍受し、プラネットXの発見に直接繋がるようなデータをすべて消去していることを、覚えておくといいでしょう。

Air Force Maui Optical and Supercomputing observatory – Wikipediaen.wikipedia.org

8年前、日本のパトリック・リカフィカという学者が、仮想惑星の存在を予見する学術論文を発表しました。それはプラネットXの実際の軌道特性に非常に近いものです。

Alles over Sterrenkundeallesoversterrenkunde.nl
[0712.2198] An Outer Planet Beyond Pluto and Origin of the Trans-Neptunian Belt Architecturearxiv.org
タイトル未設定arxiv.org

当然のことながら、彼の論文は、マイク・ブラウンの最近の発表とは違い、国際的に報道機関が取り上げることはありませんでした。なぜなら、あまりにも真実に迫っているからです。

記憶を新たにするために、プラネットXの本当の特徴を記します。プレアディアンが私に教えてくれたものです。

半径:7,500㎞

質量:0.76地球質量

軌道長半径:70AU

軌道傾斜角:40度

離心率:0.25


プラネットXの核は岩石で、マントルは水氷、薄い表面層は氷結メタンからできています。もし宇宙探査機がプラネットXに近づいたとしたら、青みがかった銀色の滑らかな地表の中に、ところどころ氷の火山を示す、地質学的にダイナミックな地帯が見えることでしょう。さらにカメラがピクセルあたり10メートルの解像度を越えるだけ近づいた場合、強く光っている長方形の形をした奇妙なものを、地表に見つけるでしょう。それらはレジスタンス・ムーブメントと銀河連合の艦隊が利用する、地下基地のガラス天井です。
そしてプラネットXはニビルではありません。念のため。


翻訳: Now Creation

http://nowcreation.jimdo.com/2016/01/28/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88x/

関連記事

  1. 2019/02/06 天の気泡 更新

  2. 2020/03/12 アセンション・タイムライン瞑想とコロナウイルス終焉瞑想の動画

  3. 2016/05/03 PFCのコブラインタビュー

  4. 2017/09/05 状況更新

  5. 2013/08/21 平和ポータル活性化の動画集

  6. 2016/03/18 新インタビューとアセンション会議のお知らせ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブ