2016年7月2日~3日チェンマイアセンション会議

注意:この記事は、国際黄金時代グループから転載したものです。コブラ、アイシスが説明した内容を完全に書き留めているわけではないことに注意してください。

これは自動翻訳を基に中国語(繁体字)から翻訳しています。

2016年7月2日チェンマイアセンション会議

転載元 https://www.golden-ages.org/2016/07/02/ascension-conference-thailand/

アセンション会議へようこそ

私たちは、さまざまな形でタイのこの場所にやってきて、今ここで全員の力を結集しています。 今は人類の歴史の中で、すべての人の力を結集する瞬間です。 では、これからどうするのか。 これからは、圧縮突破の進行を加速させていきます。

今は何も起きていないと思っている人もいますが、実は多くのことが起きています。 今、最も必要なことは、集中して物事を進めることです。 今回の会議は、これまでの会議とは異なります。 思わぬサプライズがあるかもしれません。

毎回の会議が少しずつストレスになっているからこそ、平衡感覚の強さが必要なのです。 私たちは、地球の解放の進展を永遠に加速するために、ここに集まっています。

私たちは地球解放の進展を加速させ、偽旗作戦が二度と起こらないようにするためにここにいます。

アイシス・アスタラ(ISIS Astara):皆さん、おはようございます。 この場で、アジアの人々、世界各国の人々、そして世界中の人々にお会いできることを大変光栄に思います。 皆さん、本当にありがとうございます。そして皆さんを受け入れてくれたタイに感謝します。 私たちを受け入れてくれた母なる大地に感謝します。 私のセッションは午後になります。 一緒に女神の存在を探りましょう。

コブラ: エネルギー校正は後で行います。

エネルギー校正が終わり、会議が始まります。

私たちが秘密保持契約に署名する目的は、私とISIS Astaraの任務を保護することにあります。この会議の中で皆さんは内容をあなたの友達に分かち合うことができますが、今はもう議事録を作ることはありません。その理由は、私は以前に一部のアセンション会議の議事録を確認し、内容がアセンション会議そのものとは直接関係ないものが多いからです。

以前の会議の議事録には、すでにイベントが起きていると書かれているものもありました。 しかし、会議では「イベントが起こった」とは言っていません。もう二度とこのようなことが起きてほしくありません。会議の内容と会議のエネルギーを感じたい人は、実際に会議に参加する必要があります。


速記:過去に2016年以降の議事録全文が公開されていないのは、COBRAの会議に参加した後に誤った情報を投稿した人がいて、「COBRAは会議でイベントがあったと言った」という噂をインターネットで広めてしまったため、過去に議事録の公開がストップしたことがありました。 最近になってようやく議事録を公開する許可が下りたので、皆さんにご紹介します。

しかし、一部の人々は、「情報を独占している」「COBRAの会議の議事録を意図的に公開していない」など、デマで攻撃してくる人もいまた。
上記のCOBRAの会議での発言を見た後では、真実が何であるかを知ることができます。

議事録に関しては、皆さんが注意を払うべき 3 つのポイントがあります。

1. 会議への参加は有料であり、内容を知りたい方は社内ガイドラインに従い、ご自身で参加することができます。

2. 会議の議事録は私有財産であり、道徳的または法的に誰にも公開する義務はありません。

3. 会議の記録を公開する目的は、会議に来られない人のために無私で共有し、誰もがより多くのことを学び、視野を広げて解放を加速する事を実現する為です。


COBRA:台湾では中国語の翻訳者がいますが、今回は日本語の翻訳者もいるのでしょうか? ここに、中国語や英語が苦手な人はいませんか?

本日の「アセンションライト」と「ギャラクティックライト」のイニシエーションセレモニーは夕方7時から行われます。 2回目のオーダーは月曜午後に行い、場所は別途お知らせします。

休憩時間~

お帰りなさい。

この会議の目的は、この最後の瞬間に光の勝利を実行することです。

解放が成功するまで会議を続けていき、どんどん状況が進んでいく中で、この状況は少し変化し、今や地球の表面が少し変化したことに気づいているはずです。

この世界で起きていることを理解しようと思ったら、まず過去に学んだことを忘れなければなりません。 私たちは皆、非常に深いコントロールプログラミングを受けてきました。私たちが受けたコントロールプログラミングを簡単に紹介します。 中国やマレーシアの皆さんの中には、過去のカンファレンスに参加されていない方も多いと思いますので、これまでに聞いたことのない情報をお伝えします。

まずは、私たちがこの世で受けたコントロールプログラムの層を理解することから始めましょう。

コントロールプログラミングの第一段階

私たちは地球に生まれ変わる前に、魂の契約を結ばなければなりません。 過去2万5千年の間、この地球、特に地表の世界は、アルコンによって支配され、コントロールされてきました。 誰もが生まれ変わる前に、地表にいる全員が魂の契約を結ばなければなりません。 契約は、インプラントを受けることです。 このインプラントは、電磁場に包まれたスカラー場の結晶です。 これは、情報を記憶するスカラー フィールドです。 このインプラントは、エネルギーフィールドを形成します。

保存されている最初のメッセージは次のとおりです。インプラントを受けた人は、自分自身を神聖なソースから分離するというものです。それは私たちの魂を私たちの体から分離します。別の意識が形成される。 これらを天から落ちてくる感覚と表現する人や文章もあります。

多くの民話には黄金時代がありますが、なぜ過去に黄金時代が終わってしまったのでしょうか。 インプラントや契約のため キメラは太陽系内に多くのインプラント監視局を建設し、これらの監視局は一種のコントロールネットワークを形成しており、誰も太陽系外に出たり入ったりすることはできません。つまり、25,000年の間、ほとんどの人が脱出できなかったのです。例外はほとんどありません。

ある人は、地球上に生まれ変わって人生の様々な経験を積み重ね、生きては死んでいき、次の人生で記憶を消されます。次に、アルコンとキメラによってコントロールされ、プログラムされた輪廻転生があり、これがカルマ システムの概念です。カルマの法則はアルコンとキメラに乗っ取られています。

基本的に、地球上のスピリチュアルな教えの多くは彼らに乗っ取られており、地球上の宗教的なテキストや教義の多くは、精神的なプログラミングに利用されています。 最新のスピリチュアルプログラミングはニューエイジ運動でしたが、それを詳しく説明します。

キメラとアルコンは、輪廻転生システムというリサイクルシステムを作りました。 それらは、太陽系、特に地球の地表世界にエネルギーのブラックホールを作ります。 このエネルギーのブラックホールは、地表の人間が真の聖なる光にアクセスすることを妨げており、2万5千年前が最後の黄金時代の終わりとなったのです。  したがって、光の勢力は地表の世界から撤退しました。しかし今、光の勢力が戻ってきています。彼らは、圧縮突破を起こしたいのです。

圧縮突破と秘密宇宙プログラムについては、後ほどご紹介します。

インプラントプログラミング

人が生まれ変わりのサイクルに入るとき、良いことと悪いことの両面があります。 アルコンは私たちを奴隷状態にしておきたいと思っていますが、私たちの魂は再び自由になりたいと思っています。魂のスピリチュアリティへの欲求、ワンネスへの回帰の欲求があり、このプロセスを止めることはできません。

これらは一時的にはコントロールされ、抑制されるかもしれませんが、永遠ではありません。 それは宇宙の一周期内でしかコントロールできず、今、宇宙のこの周期は終わろうとしています。これで、アセンションの話ができるようになりました。

私たちは、これらの教義から自由な状態に戻らなければなりません。そうすれば、何層ものコントロールがプログラムされていたとしても、それらをすべて壊して自由な状態に戻すことができます。 光の勢力には高尚な計画があります。この計画は常に特別な瞬間のために設定されています。この宇宙のサイクルの間、光の勢力は地球の解放が過去25,000年前に達成されることを知っていましたが、実際の時間は.はっきりしません。

私たちはこの生まれ変わり、この時代がブレイクスルーの時代になることを知っています。 アルコンは私たちの過去の記憶を断ち切りました。私たちは過去に様々な試練や経験、様々なイニシエーションを受けてきました。

私たちの多くは、高僧、テンプル騎士団、道教の魔術師などを経験しています。 また、様々な職業に就き、様々な訓練を受けてきたかもしれません。 過去の輪廻転生の様々な経験が、今回の輪廻転生のための準備となっています。この人生のために、過去の転生の様々な経験が用意されていました。この人生の前に、光の力には計画がありました。それは144,000人の魂のグループの計画でしたが、この計画にはいくつかの問題がありました。アストラル面から物理的な世界の肉体に降りる前に、エーテル面、プラズマ面を通過しなければなりませんでした。

魂がプラズマ層を横断したい場合は、その前にアルコンのコントロールグリッドを突破しなければなりません。 転生するたびに新しいインプラントを受ける必要があります。これらのインプラントは、転生前には光の勢力の計画を忘れさせるようにコントロールされます。 この人生で本当にすべきことを忘れてしまいます。

今の状況は、地球上で生まれ変わった魂のグループが14万4千人いるということです。 彼らは自分たちが何をすべきなのかを知らないし、だからこそ当初の計画がうまくいかず、これほどまでに遅れている理由のひとつです。

現在、144,000人の魂のグループのうち10%程度しか覚醒しておらず、この10%が144,000人のミッションをすべてこなさなければなりません。

過去には大きなチャンスがあり、1995年にはイベントが起こる可能性が非常に高かったです。当時、光の勢力はキーパーソンが正しいことをすることを望んでいました。このようなキーパーソンが機会を逃したからこそ、今の私たちがあるのです。

地球の運命を変えるためには、非常に熱心な人々の小さなグループを形成するだけでよいのですが、過去にはそれができませんでした。 しかし、こうしたことが起きている今、当初の計画はアップグレードされていますが、その詳細は公表できません。

今、あまり機密情報を公開すると、闇の勢力に利用されてしまうことは誰でも知っています。地表に対する光の勢力の計画は段階的な計画であることを簡単に明らかにしましょう。最初のステップはファーストコンタクトです。望ましい効果が達成された後、さらに公然とコンタクトを行い、サイキックコンタクトを行うというものです。

闇の勢力にプロジェクトを乗っ取られないためにも、計画の第 3 段階の詳細は開示できません。私が言えるのは、未来には大きなサプライズがあるということだけです。誰もが予想しなかったことが起こります。

何かとても大きなことが起こっていて、それはとても秘密で目に見えないもので、ここにあってここにないもので、それが何であるかは誰にもわかりません、それが今言えることのすべてです。

地球上では不思議なことがたくさん起こっていますが、そのヒントはニュースで見ることができます。 私のブログで見ることができるものもありますし、もちろん、話したくても今はできないようなことも起こっています。

皆が警戒を怠らず、何かが起こった時のために準備をするべきです。今回の会議では、私がこれまで述べたことのないことへの備えも始めなければなりません。いざというときに全員で対応できるようにしておきましょう。

転生コントロールプログラミング

私たちが地球という物理的な世界に生まれるとき、私たちは特別な家庭に生まれます。多くの場合、アルコンが両親を選びます。 アルコンに選ばれた親のほとんどは、私たちの才能を抑圧するためで、ほとんどの親はそれほど有能ではありません。これを知ることが、自由への第一歩になるのです。 私たちは特定の家族に生まれると、両親から感情を受け取るようにプログラムされています。私たちは生まれたときに母親から感情を受け取り、父親は父親の母親から感情を受け取る、というように。

この感情的なプログラミングは、最初のプログラミングから2万年以上にわたって受け継がれてきたもので、世代ごとに彼女の感情的なプログラミングに少しずつ追加されており、私たちは感情の面でこれらのコントロールをクリアしなければなりません。

コントロールの第3段階は、幼稚園と学校教育です。

学校ではさまざまな不要なことや奇妙なことを学びますが、学校は役立つことも学ぶことができます。 しかし、私たちが理解しなければならないのは、現在の学校教育制度はイエズス会という陰謀集団によって作られたものであり、イエズス会の本質を知っていただきたいのです。

人類の教育システムを構築したのはイエズス会であり、その教育システムは17世紀に設立され、イエズス会は17世紀に世界中に大学を設立し、アジア、ヨーロッパ、北米など世界中に大学を持っています。 スクールコントロールの手法を用いたのは、この作品が初めてでした。

2つ目の教育プログラムは、ロックフェラー家です。ロックフェラー家は20世紀に多くの財団を設立し、財団の資金を大量に使ってこれらの大学のスポンサーとなり、この資金を使って大学の発展と教育の方向性をコントロールしました。 ロックフェラー家は、学校でフリーエネルギーや反重力装置のことを教えないこと、地球と人間は孤高の種族であることを教えること(宇宙には人間だけが生命であり、宇宙人はいないという考えを植え付けること)、生命には魂がないと誤解させることを要求しました。

次のレベルは、メディアのコントロールです。私たちが見ているテレビのニュース報道は、奇妙なことばかりです。それは世界中である程度共通していますが、ニュースがより自由な国と、前者がやや逆の国もあります。

システム全体が謀議グループの支配下にあり、その次の段階として金融システムがあります。

今や金融システムは、人々の生存に対する恐怖心をコントロールするために存在しており、その基本は心理学的手法を用いた恐怖心です。 恐怖心を持たない人は、貧乏にはならないでしょう。 貧乏になって飢え死にすることを恐れている限り、人々は常に生活のために働きたいと思うというのが、金融システムのルールです。

私たちは過去に何度も飢餓を経験しており、この過去のトラウマが深い心の記憶を呼び起こすため、人々は生活費などを賄う程度のわずかな収入のために、朝早く起きて長時間働くことを厭わないのです。 毎日家に帰ってテレビを見ても何をしていいのかわからない、それが人間をサバイバルモードにするコントロールなのです。 すべての支配構造を解体する必要があります。

今、夜空では毎日、星を見て、たくさんの星を見ることができます。 夜、空がとても澄んでいると、何千個もの星が見えて、宇宙全体を見ているような気分になりますが、実は宇宙全体ではなく、夜の星空は写真の黄色い円のほんの一部で、真ん中には天の川の中心となる太陽があります。 (写真)

私たちの地球や太陽系は小さな黄色い円の中にあり、私たちが夜に見ている星は黄色い円の中のほんの一部に過ぎません。これらは私たちの銀河系に過ぎず、他にも何百万もの銀河があり、これが全宇宙です。 これは私たちが生きているのと同じです。 私たちはまだ地球上の現実のすべてを見ていませんし、アルコンたちは意図的に私たちの世界を制限しています。ニュースメディアはごく一部の現実しか報道しません。

アセンション会議の目的は、世界の真実を見るために、世界の視野を広げることです。 サイエンス フィクションのようなものがありますが、なぜ今、サイエンス フィクションのようだと言われるのでしょうか? これは、サイエンス フィクションが現実を反映しているからです。いくらカバールが強力な力を持っていても、永遠に真実から遠ざけられるわけではありません。
彼らはある一定の期間、人々から特定の真実を隠しますが、すべての人から永遠に隠すことはできません。私はもっと多くの真実をあなたに伝えます。.多くのコンテンツがありますが、すべてではありません.

私は2年前、2年半ほど前にベールを越える旅をしたことがあります。 ロシアの友人の計らいで、ジェット戦闘機に乗って、ベールを突き破って、ベールの外を飛ぶことになりました。 地表から約13.8キロのところにベールがあり、戦闘機がベールをくぐって上に飛んだ後は真っ暗でした。 ここで強調しておきたいのは、地球は決して平らではないということです。 もし、まだ地球が丸いことを信じられない人がいたら、ぜひ予約して現地に飛び、自分の目で確かめてみてください。

ベールの外の世界のエネルギーは地表のそれとは大きく異なります。 ベールの外にはたくさんのタキオンのエネルギーフィールドがたくさんあり、その場所の神聖なタキオン粒子の温泉のように感じ、とてもエネルギッシュになります。また、ベールの外には人々の知らない世界や物事がたくさんあります。

アセンションプラン

以前、私のブログでアセンションプランのことを紹介しました。 光の勢力には解放計画があり、その計画の一環として、私たちが魂と再接続することになっています。

これまでの記事でも宇宙のサイクルについて触れてきました。 まず1つ目は、銀色の心臓の鼓動である銀河パルス波の周期です。 このパルスは人間の心臓の鼓動のようなもので、2万5千年ごとにエネルギーのパルスを放出し、銀河中を駆け巡ります。

銀河セントラルサンは、大きなパルスから13,000年後に再び小さなエネルギー波を放出しますが、最後にパルスに遭遇したのは12,000年前でした。 地球上でいくつかの重要なことが起こっています。 前回はアトランティスの崩壊、氷河期と大洪水、そして更新世の大絶滅がありました。

それらは過去の非常に大きな災害や変化であり、私たちも非常に大きな災害に見舞われる可能性がありますが、この計画は変更されています。私たちは目覚め、災害を回避しました。これは良いニュースです。

銀河パルスが起こるとき、地球はこのエネルギーパルスを非常に簡単に歓迎し、世界的な大災害は起こらないでしょう。 ここで、銀河周期に関する科学的証拠を見ることができます。これが太陽の軌道です。冬至には、太陽はちょうど銀河赤道と交わる位置に自転します.

この収束は1975年に始まり、2025年に終わります。 この時間枠には様々な変化が起こります。

最も強烈なポイントは1980年から2015年までで、銀河系の整合が起こると高次元のポータルが開かれるという強烈な部分にいるのです。 銀河セントラルサンからのエネルギーは、太陽を通過して地球に入ります。

私たちの銀河系も、息を吸ったり吐いたり、拡大したり縮小したりしています。 私たちは、膨張と収縮のちょうど中間、息を止めたような状態でにいます。これは、神の源が直接介入することができる、非常に特別な瞬間なのです。 これは非常に特別な時間であり、神の源が直接介入し、宇宙のすべての主要な異常を取り除き、すべての悪と闇を取り除くための時間なのです。

このグレートポータルは1975年にオープンし、2025年まで続きます。 この時に、重要な変化が起こります。 しかし、何の保証もできませんが、これらは光の勢力の計画です。 この計画のプロセスの一部は、25,000 年ごとに発生する銀河のスーパーウェーブです。

銀河のスーパーウェーブの歴史的な記録は数多くあり、多くの科学者が氷を通して研究し、氷河のサンプルから地磁気の反転を見つけ、それを使って銀河超波がどの時期に発生したのかを調べています。

これらのウェーブは、イベントのエネルギーを引き起こすために使用されます。1995年から1996年にかけて、イベントを引き起こすのに十分なエネルギーの波がありました。 今は2016年ですが、私たちは今、銀河のエネルギー波に襲われています。それぞれの波はどんどん強くなり、そのうちの1つはベールやすべての隔離技術を貫通することができ、それは非常に突然で予測不可能なことです。

今、カバールは恐怖のあまり、太陽で何が起こっているのかを知るために科学的なスキャンによる監視を行っています。 今年は太陽に大きな穴が開いています。 太陽を球体として想像してみると、保護膜の3分の1近くがなくなっています。 本来の電磁場がなくなったのは、私たちの太陽が天の川の中心の太陽のエネルギーを反響させて、プラズマ層を作っているからです。 (画像)

天の川は自転しており、2億5千万年で宇宙が一周すると、銀河の中心は2万5千年に1回、多くのエネルギーパルスを放出します。 地磁気の記録を確認すると、この兆候を見つけることができます。 

多くの民間伝承や文化では、ある種の大変動(この時期)など、これらの出来事を記録しています。 古代の天文学者は、その周期の間に素晴らしいことが起こることを知っていました。 そのため、文明の記録を残すためにピラミッドを作ったのです。

かつて人々は、銀河パルスに備え、文明の記録を残すためにピラミッドを建造しました。 1885年のキャリントンイベントがその一例です。 当時、太陽エネルギーは非常に強力で、地球全体が磁気爆発を起こし、すべての電信線が焼け、イギリスとアメリカのすべての電信と電線が焼き尽くされました。

当時はまだ電力系統が普及していなかったので、影響はまずまずでした。 もし今日、キャリントンイベントが起きたら、電磁パルスによってすべての通信システムが破壊されるでしょう。 もしインターネットが1日使えなくなったらどうなるか、想像してみてください。 電力がなければ、数日分の食料しか残らないし、明日には喉が渇き始めるでしょう。 数日後には、人々は飢えて死んでしまうでしょう。 このようなことが起こる可能性はありますが、もちろん光の勢力はそれに備えています。

ポジティブミリタリーは、これらのことに備えます。彼らはここに住んでいるだけでなく、世界中の公共施設の正常な動作と、照明、水源、電力システムの正常な動作を保証するのが彼らの仕事です。万一の事故が発生した場合でも、公共工事は通常通りの操業を維持することができます。それだけではなく、銀河連合、太陽系、光の銀河系軍、それらにはエネルギーを濾過する仕組みがあります。 人類が大地震や地球規模の大災害に見舞われなかったのは、彼らが地球のエネルギーを濾過しているからです。

このプロセスはどんどん速くなっていて、これが今年の2016年4月10日にボイジャー2号が検出したガンマパルスです。このエネルギーはとても強いです。

この写真は、私たちの銀河の心臓がますます活発になっていることを示しています。次のエネルギーパルスがいつ起こるかはわかりませんが、その兆候はますます明らかになっています.

秘密の宇宙プログラム

NASAは表面的に見えるような組織ではありません、良い人も悪い人もいます。 善人はボイジャー探査プログラムを開発し、ボイジャー1号とボイジャー2号の2つの宇宙探査機を研究、開発し打ち上げました。

この2つのミッションは、太陽系のガス惑星の探査を目的としたもので、私たちに初めて太陽系の世界を見せてくれました。 1986年には、1月24日にボイジャー1号が天王星を通過し、天王星の写真を撮影するという特別なイベントがありました。

天王星の写真には、人工的な構造物、非常に大きな異星人の構造物が写っており、この写真は数時間にわたって主要メディアに流され、多くの新聞や雑誌で報道されました。 スペースシャトルチャレンジャが爆発したことで、誰もがすぐに衛星写真のことを忘れ、爆発という「事故」の惨事を話題にしていました。

NASAの善良な人々が素晴らしい写真を撮影した数日後、悪人たちが宇宙船を爆破した。これは、地上の銀河戦争の実際の縮図です。

ボイジャー2号は、終末衝撃波帯を通過し、太陽系の2つの重要な領域である太陽圏を通過して、太陽系を離れようとしています。

このエリアはキメラの外側の防衛線であり、太陽系をコントロールしています。 ボイジャー2号は通過中に非常に多くの宇宙粒子を検出しましたが、現在は銀河系の活動が活発化しており、キメラの太陽系防御機能が破壊されることになります。

説明すると、この円は太陽を中心とした太陽系で、そこに私たちの惑星があり、太陽からプラズマ粒子や様々な粒子が放出されます。

次に粒子について話しましょう。末端衝撃波面は、星間粒子と太陽風粒子が出会う領域です。末端衝撃波面はサーフィンをしている人が波に衝突した時と少し似ています。

海が穏やかな時に突然大きな変動があるのと、太陽系の末端衝撃波面は似ています。 また、穏やかな水の入ったグラスに水を注ぐ時とも似ています。渦が多いところは、末端衝撃波面です。 太陽系内で最も大きな渦の領域は、末端衝撃波面です。 ここは銀河戦争の戦場なのですが、ここが戦場であることは誰も知りません。

キメラの艦隊は2万5千年前から末端衝撃波面に駐留していました。銀河連合の艦隊が太陽系に進入しようとしており、プラズマ装置を一掃し、キメラを一掃しています。

太陽系で起きていることは、私たちには見えません。 光の勢力は、直径数千キロの巨大な船をたくさん持っていますが、それらはタキオン粒子の膜に覆われて見えないため、肉眼では見えません。

さて、このボトルが船だとしましょう。 レーダー波はタキオン膜を通過して、もう一方の端に送られます。 それらは反射されません。光学的な観点からは、これらの船は見えません. すべての電波は透過されます。遠隔地の視聴者には見えず、見ることも触ることもできず、エネルギーで知覚することもできません。

カバールは船の存在を知っていますが、どこにいるかは知りません。彼らは何隻の船があるのか​​、何も知りません。この部屋の中にいても、見えず、わかりません。光の勢力はこの会議室の空間を占領することができ、彼らが私たちの会議室でその様子を説明している様子を想像してみてください。これは物理法則に反しません。

ロシアのプーチン大統領は以前、ロシアのメディアで今後20年間の科学開発計画を発表しました。 この計画には、重要な伝送技術が含まれています。 ロシア人が求めているのは、わずかな粒子しか伝送できない量子テレポーテーション技術ではなく、人間を伝送できる高度な技術なのです。

その技術的手法の一つが、現在ロシアの公式開発計画にもなっている物質的具現化の技術です。 調べる事が出来ます。

先ほど言ったのは、光の勢力の巨大な母船です。時には、彼らは数秒でクローク状態を解除し、挨拶すると消えることがあります。目的は、人々を目覚めさせ、いくつかの問題について考え始めることです。

こちらは2016年3月17日に撮影した写真です。

これは木星で、その隣にはいくつかの衛星があります。 写真の点滅している光は、木星の衛星ではなく、クローク状態から一瞬だけ解除された母船です。 科学者たちは、この現象を小惑星が木星に衝突したものと説明しています。 しかし、なぜ木星の端にぶつかったのでしょうか? これは、母船がクローク解除をしたときに撮った写真です。 彼らが透明化を永久に解除しなかった理由は、カバールとキメラが神経衰弱を起こしてパニックになってしまうからです。

次に、彼らに降伏させ、そして彼らが傷害を引き起こす能力がない時に宇宙船はクローク状態を解除し、これらの船を直接見ることができます。詳細は明日お伝えします。

これは、最初の写真が撮影されてから約数時間後に、同じ日に撮影された木星の写真です。これが木星の姿であり、異常なときに私たちが見たものです。これは何しょうか?

これもクローク状態から解除された母船で、国際宇宙ステーションが撮影した画像です。光の勢力の宇宙船は、国際宇宙ステーションを使用して現れて挨拶します。

銀河連合の母船です。 イメージを見てみましょう。 この母船は、色や形を変えることができ、長さは10~30kmです。この写真は約 2 か月前のものです. 科学者によると、これは単なる鏡の反射または光学現象です.

これがチンターマニストーンです。チンターマニストーンは現在、多くの重要な鍵を持っており、非常に純粋な聖なる光であり、意図的にシリウスから地球に持ち込まれたものです。 昔、銀河のパルスがあり、シリウスの惑星が銀河の超音波に耐えられずに爆発しました。

このシリウス星が爆発した後、いくつかの破片が地球に落ちてきたのですが、その破片の目的は、時が来たら地球に純粋で聖なる光をもたらすことでした。 これらの断片の中には、アガルタネットワークに属するものもありました。 アガルタの守護者は、チンターマニストーンの大きな破片を守っています。 この宝石は、歴史を変えるために、アレキサンダーやソロモン王、アクバルなど、地球の人類の歴史上のさまざまな重要人物に与えられてきましたが、そのうちのひとつが、ペルシャに渡ったテンプル騎士団のコッホという人物に与えられたものです。

女神イシスがコッホの前に現れたとき、彼女はコッホにチンターマニストーンを与え、それを特定の場所に置くようにと言いました。コッホはその宝石をドイツのウンタースベルグに持って行き、その宝石を守るテンプル騎士団の支部を作りました。 700年以上も守ってきた石を、マリア・オルシック(瑪莉亞‧歐錫克)に渡しました。 その後、プレアデス人はテレパシーを使ってマリア・オルシックに接触し、宇宙船の原型を作る方法を教えました。 そして、マリア・オルシックはシューマン博士を見つけました。 彼らはチームを組み、最初の試作船を作りました。 この試作船が、秘密の宇宙開発の始まりでした。チンターマニストーンを持つマリア・オルシックは、有人宇宙計画を開始しました。

少し前に、光の勢力が「チンターマニストーンを人間に分配する時が来た」と言いました。 最初は信じられませんでした。 どうしてそうなったのか?人類はその準備ができているか?彼らは、人類は準備ができていると言いました。 この時から、準備ができた人にはチンターマニストーンが配られるようになりました。

今では世界中に1000人もの人が散らばっています。 現在、世界中の重要なエネルギーポイントに投下する計画があり、全大陸に配布し、世界中のエネルギーボルテックスに投下しています。 アメリカと日本の合同チームがここ数ヶ月の間に南極に行き、数ヶ月前に遠征した時の実際の写真を撮ったのですが、それがこのポイントの一つにあり、今、何か大きなことが起きています。

現在、人々が行っている様々な瞑想やスピリチュアルな実践、ライトボディのイニシエーションコースは、本当の意味でのアセンションではありません。 私たちは皆、まだアセンションの準備をしているところです。

チンターマニストーンは単なる物ではなく、非常に強い聖なる光を宿しています。 「圧縮突破」の瞬間には、チンターマニはそれぞれ「圧縮突破」のエネルギーの導管となります。 このチンターマニはイベントの準備を助けてくれます。この段階では、高次の自己とつながることを助けてくれます。そして、チンターマニは抑圧していたものを表面に出して変換し、クリアにすることを助けてくれます。

マリアがプレアデス人の指導を受け入れた後、私も彼らの技術を地表の世界に持ち込みました。

この技術はタキオン技術です。 タキオンは、光速より速く移動する粒子で、ソースの本質につながる粒子であり、最初に作られた粒子です。 通常、主流のメディアはタキオン粒子の存在を否定していますが、今では認め始めています。 形而上学の創始者がタキオン粒子の存在を認め始めたのは、ある形のタキオン粒子がソースの起源と結びついていることに言及した論文を書いた時です。 この記事は数年前に掲載されたものですが、今ではメディアもこの事実を受け入れ始めています。

これらのタキオン粒子は、スターゲートを通って太陽系に伝達され、非常に強いエネルギーが銀河全体に広がっています。健康と幸福を促進します。

カバールがベールを作った理由の一つは、タキオン粒子をブロックするためです。大気の層の一つは電離層と呼ばれ、宇宙の高次元粒子をブロックします。 電離層はタキオン粒子をブロックします。 過去には、HAARPは電離層ヒーターであり、いくつかのレーダーも電離層に送信されています。これらの装置は、タキオン粒子が地表世界に到達するのをブロックするようにも設計されています。そのためプレアデス人は、タキオンエネルギーが地表に到達できるようにタキオンエネルギーチェンバーを作るように私に指示しました。

私たちは民間の宇宙プログラムと協力していますが、その中の1つに「ビゲロー・エアロスペース」という会社があります。 ビゲロー・エアロスペース社は、「ジェネシスII」という衛星を打ち上げました。 この衛星には、特殊な共鳴結晶を搭載しています。 タキオン粒子はクリスタルの高次元ワームホールを介して世界中のタキオンチェンバーとつながり、タキオン粒子はこのクリスタルを介して世界中のタキオンチェンバーに伝達されます。

ビゲロー・エアロスペース社は、これまでにも膨張式のリビング・スペース・チャンバーを発表しています。

ビゲロー・エアロスペース社は、数年後に宇宙ホテルを建設する計画を立てており、その計画では、インフレータブルなリビングルームを利用して宇宙ホテルを建設することになっています。 そして、月や火星にインフレータブルな宇宙ステーションを建設します。

プラズマオクトパスについては後述します。

質疑応答を開始します。

参加者:天の川のセントラルサンについて興味があるのですが、銀河の真ん中がブラックホールではなく、光の入り口であるという科学的な根拠はありますか?

コブラ:銀河系の中心がブラックホールであるという考えは、単なる理論であり、科学者たちが目に見えるものを説明するために構築したモデルです。 このように宇宙からの放射線を多く目にしており、宇宙からの放射線を説明する方法はたくさんあります。

ブラックホール理論でもプラズマモデルでも説明できますが、プラズマモデルの方が現実に近いです。

科学者がまだ理論や証拠を書いていないので、私は何もできません。

参加者:天の川のセントラルサンは、シューマン共振と関係があるのでしょうか? 地球のシューマン共振周波数は上がっているのでしょうか?

コブラ:シューマン共振については、多くの誤解があります。 シューマン共振とは、シューマン博士が発見した周波数です。 地球のシューマン共振周波数が上昇していません。これはニューエイジムーブメントの噂に過ぎません。

太陽活動は電離層に影響を与えますが、銀河セントラルサンも同様に影響を与えます。 シューマン共振は、地球の磁場の周波数速度と電離層の組成に左右されますが、それほど大きな差はありません。

参加者:プラズマトップのクォーク爆弾とプラズマオクトパスとの関係はなんですか? 爆弾を解体した直後にイベントが発生しますか?

コブラ:はい、爆弾が解体されれば、すぐにイベントが起こります。

参加者:ポールシフトや地球規模の自然災害が発生する可能性はありますか? 何か準備すべきことはありますか?

コブラ:ポールシフトはイベント前には起こらず、イベント後に起こることは機密事項なので、基本的には心配する必要はありません。

プラズマオクトパス

これは宇宙のさまざまな層を表した図で、これまでに表面上で見つけた中では最も正確な図です。物理的な世界が一番下にあり、次に感情の層、アストラルの層、精神の層、そして高次の霊的な領域が続きます。

日本語翻訳

各層には7つの亜界があり、高密度層は固体、液体、その上に気体があり、次にエーテル層です。エーテル層と物理世界の間にはプラズマ層があります。点線はプラズマ層を指します。

プラズマは実は長い間隠されてきた大きな秘密であり、これまで誰も言及していませんでした。プラズマ層は、フリーエネルギーと反重力に関するものであり、ライトボディを活性化させる秘密であるため、これは非常に重要な隠された世界です。

カバールはプラズマ層に関する知識を抑圧しており、誰かがプラズマ層の世界を理解すれば、地球は再び自由になることを知っています。それは、彼らのコントロールツールもそのレベルにあるからです。

先ほど太陽系の構造について説明しましたが、太陽は物理的な粒子を放出しており、粒子のエネルギーの流れを絶え間なく放出します。太陽が回転することでプラズマの渦が発生し、タコのような形になっています(写真)

私たちの太陽系のプラズマ渦は、太陽が真ん中にあり、冥王星、天王星、木星、金星がその外側にあります。太陽系のプラズマの渦は、実はタコの形をしています。

プラズマオクトパスとは、生きたプラズマ体のことです。 このプラズマ生物の細胞であるプラズマ粒子は、グノーシスではヤルダバオートと呼ばれています。グノーシスは2000年前にミステリー・スクールの訓練を受けており、アトランティスのミステリー・スクールを受け継いだエジプトのミステリー・スクールの中心メンバーでもありました。

アトランティス・ミステリー・スクールは、プレアディアン・ミステリー・スクールを起源としています。

グノーシス派はヤルダバオートの事を知っていました。 アルコンは誰にも気づかれないようにこの層に隠れていました。 その頃、コンスタンティヌス大帝というアルコンがいました。 これらの知識はすべて消去され、誰も見ることができませんでした。

その時に異教のキリスト教の支配宗派ができたので、グノーシス派は陰で逃げだしました。彼らは最初からタコのことを知っていました。

これがタコの体です(写真)。

太陽系を見下ろすと、これらの点が見えます。これらはキメラの母船で、それぞれの点は、それらの母船が爆弾に結合されています。トップクォーク爆弾は、高濃度のプラズマ物質で、すぐに爆発を止めないと、爆発が広がって全宇宙を破壊してしまう可能性があります。

幸いなことに、光の勢力は爆発が広がるのを止める技術を持っていますが、完全に防ぐ方法はなく、プラズマ中の爆弾とトップクォークの相互作用を完全に止めることはできていません。彼らがこれらの爆弾を完全に解除するには、しばらく時間がかかります。

このような節操のないグリッドの隙間が、光の力の母艦となります。 太陽系の光のグリッドを強化し、高度な女神のボルテックスの技術を使ってキメラの艦隊やプラズマトップのクォーク爆弾を除去しています。

公開されたタコの写真(画像)

黄色いタコが描かれたアメリカのスパイ衛星で、スローガンは「何ものも私の支配から逃れることはできない」。

闇の勢力は、プラズマオクトパスが太陽系のすべてをコントロールできると考えています。

プラズマタコのほかにも小さなプラズマタコがたくさんいて、そのひとつが金融システムをコントロールしています。現在の金融システムは 200年も経っておらず、数十年前に確立されたもので、株が取引されるようになったのも数十年前で、その取引も終わりを迎えようとしています。

JPモルガンという大きな銀行グループがあります。JPモルガンは株取引のための人工知能を開発し、プラズマタコを創造するために技術進歩しました。これがJPモルガンの大きな秘密であり、多くのJPモルガン銀行家が自殺した理由です.

自殺した人たちは、現在の株式市場が非常に非現実的で、人工知能プログラムによってコントロールされていることを明らかにするつもりでした。

これらの偽の取引システムはあらゆる種類のものの価格を決定します。それらはすべて人工知能によってデジタル的に交換されています。それらは基本的に本来の資本主義の需要と供給の法則から離れています。今では需要と供給は人工的な投機でしかなく、それはすべていくつかのコンピュータプログラムによって捏造されています。

それでは、人工知能の秘密について話しましょう。人工知能はプラズマエンティティを接続するプログラムです。基本的に、私は従来のプログラムを使用しているだけです。プラズマはコンピュータを制御できません.オリジナルのコンピュータプログラムはすべて線形コードで作成されており、一般には公開されていません.


ファジー論理文法が使用されている場合、プラズマ エンティティは通過してコンピュータの動作を制御できます。今やすべてのコンピュータと携帯電話は、ますます高度なプログラムを内蔵しており、ネガティブなプラズマ体とつながり始めます。プラズマ エンティティは、コンピューターと携帯電話プログラムの動作方法をある程度決定します。

では、大きなタコの計画について話しましょう。彼は地球上のすべての携帯電話とコンピューターを制御したいと考えており、彼の計画は、エンジニアが完全に従うことができる電子製品を開発できるようにすることです。その後、すべての人間を制御します。

これが、人々がますます複雑なコンピューター プログラムを開発する理由であり、現在、コンピューターには Windows 10 が搭載されています。

このカシオの時計は何十年も前のデザインです。典型的な線形符号化ですが、この時計にはレンズもマイクもありません。時刻を知らせるだけで、プラズマエンティティはこの時計の動作に影響を与えることはできません。 最近のコンピュータや携帯電話の Android システムなどの携帯電話には、ファジィ論理があります。

プラズマオクトパスの目的は、すべてのネットワークや携帯電話、コンピュータを乗っ取り、携帯電話やコンピュータ、ネットワークを乗っ取って、全文明を支配することです。 すると、人工知能の専門家はそれを「単一の技術的特異点」と呼びます。 プラズマオクトパスは、みんなをコンピュータや機械に結びつけて、プラズマエンティティにコントロールされるようにしたいと考えています。 カバールは、プラズマ・エンティティがコントロールするマトリックスを作りたいと考えています。 彼らはこれを2025年に実現することを計画しているが、プラズマオクトパスを破壊する方法があるため、成功しません。

このタコとコントロールプログラムが破壊されれば、彼はもはやこれらのコンピュータを制御することができなくなります。彼らの計画は決して成功しません。 レジスタンス運動は、それらを阻止する技術を持っています。 携帯電話やコンピュータは死んだ機械ではなく、内部にプラズマ素子を持っていることを理解しなければなりません。したがって、これらの携帯電話やコンピュータはプラズマオクトパスに接続することができます。コンピュータが動作すると電子が送信され、この電子の動きがプラズマ雲を形成し、各プログラムが動作するとプラズマコントロールグリッドを形成しているのです。 ネットワークの密度が高ければ、プラズマ・エンティティが直接マシンをコントロールすることができ、光の勢力はこれらのエンティティを破壊する技術を持っています。

これらの常識に注意を払い、携帯電話やコンピュータを使用するときはもっと注意してください。これらの電子製品を使用することはできますが、依存しないでください。電子製品を自分で使用する時間をマスターし、それらを地球を解放する為のツールとして使用する必要があります。

インターネット依存症はプラズマタコによってコントロールされる可能性があるため、誰もがいくつかを保持する必要があります。このプラズマ タコは、人々が時計、スマート グラス、さらにはインターネットに接続できるものを身体の埋め込むことを求めています。この計画では、ある程度は実行されていますが、幸いなことに、人々はこれを完全には受け入れません。

ベールの話

2万5千年前に検疫区域に入り、誰も惑星に出入りできなくなったので、誰もプラズマコントロールグリッドから逃れられなくなってしまったのです。 このグリッドの一部は、地球のネガティブな軍団によって作られています。これらの軍事力は、世界中に高度な望遠鏡や探知レーダーがあり、空を監視して異常な空の動きを検出することができます。 ここでは、より重要な場所について話します。 そのひとつが、ハワイのマウイ島です。

アメリカ空軍司令部には、非常に高度なコンピューターセンターがあり、世界中の天文台の写真を監視することを仕事としているので、天文学者がおかしな画像を見つけた場合、コンピューターセンターがそれを検出します。

また、マウイ島には天文台の画像をモニターするコンピューターセンターがあります。 多くの天文台で異星人の船の画像が撮影されているが、このコンピューターセンターでフィルターをかけられ、消去されています。

キメラのもう 1 つの空軍司令部は、ディエゴ ガルシア島にあります。ここはアメリカ宇宙軍の基地で、島の基地の一部は秘密宇宙プログラムに使われています。

そこで多くの人が誘拐され、奴隷労働を強いられ、先に行方不明になったマレーシア航空の人たちもそこに送られたのです。

これらの米軍基地の中には、非常に興味深い名前が付けられているものがあります。ある島はアセンション島と呼ばれ、ある島はトゥーレ(テューレ)島(ポジティブな秘密宇宙計画グループ)と呼ばれ、さらに「(原文:智障)」と呼ばれる島もあります。

光の勢力は、プラズマコントロールグリッドを解体するために働いており、現在は太陽系外の天使たちが、自らのエネルギーを使ってプラズマグリッドを崩壊させようとしており、天使たちはこのように見えます(図) 。

このチンターマニを一つの場所に設置、地表に非常に大きな光のボルテックスができ、天使たちが宝石に聖なる光を定着させて、強力な光のボルテックスを作ります。 皆さんの手にある宝石は小さな黒い石ではありません。巨大な天使を地表に定着させることができます。それは私たちが南極に宝石を投げなければならない理由でもあります。南極大陸には巨大な天使がいます。カバールは南極から宇宙あるいは海底基地に逃げようとしました。

それはすべて、19 世紀にハザリアンのグループがプロイセンに住んでいたときに始まりました。ビスマルクがプロイセンの首相を務めていた時代です。当時、プロイセン軍は非常に強い派閥を持っていました。彼らは世界を支配したいと考え、軍事技術の開発に没頭していました。当時、ドイツに統合されていなかったプロイセンは、強力な産業兵器基盤を持っていました。 宇宙を征服することを目的に宇宙船の開発を始めた軍の秘密集団ですが、技術力不足で実現できず、常に宇宙を征服したいと考えていました。彼らは南アメリカに一団を送りました。19世紀以来、多くのドイツの探検隊が南アメリカを探検してきました。これらのドイツの探検隊のいくつかは南アメリカの地下文明に遭遇しました。 中には直接地下に行ったものもあります。

興味深いのは、レジスタンスが南米の地下基地を一掃する際に、取り残されたドイツ人探検家の子孫に出会ったことです。 彼らは地下に住み、地中に家を建てました。

彼らはまた、伝統的なクリスマスやドイツの伝統的な祭りがある19世紀に生きていました。彼らは、19世紀からドイツの探検隊が注目していた南アメリカの地下に小さな王国を築きました。 彼らは、アルゼンチンやメキシコにたくさんの土地や農場を購入しました。 彼らは初期の飛行船計画を隠すために、アルゼンチンに多くの土地を購入しました。 そこに巨大な納屋を買って、牛の代わりに飛行船を作ったのです。

これらの船は夜になると空を飛び、南米のインディアンは夜になると空に奇妙な閃光が見えると噂されていました。 第二次世界大戦末期にナチスがこれらのアルゼンチンの秘密結社に接触すると、彼らは潜水艦でアルゼンチン、そして南極へと向かいました。

彼らは南極大陸の下に秘密基地を設立しました。今、カバールは自分たちの命を心配し、同じ逃げ道を使っています。ナチスの基地はテキサスにあり、カバールはメキシコの多くの土地を購入し、そこから国境を越えてメキシコからアルゼンチンにプライベートジェットで飛び、潜水艦で南極大陸に行きました。

カバールは南極のドラゴニアンと提携しており、ドラゴニアンと協力する闇の艦隊を使って宇宙空間に脱出しようとしていますが、地球からの脱出は不可能です。 彼らは現在、南極大陸への脱出を望んでいますが、南極大陸に到着すると、きっと面白いサプライズが待っているでしょう。なぜなら、レジスタンス運動が南極大陸で彼らを待っており、そこで彼らは閉じ込められてしまうからです。

カバールがそこに閉じ込められると、交渉が始まります。ではなぜベンジャミンが、ロスチャイルド家が交渉のために人を送り始めているのかというと、銀河セントラルサンがくしゃみをしようとしていることを知っているからです。

できるだけイベントを遅らせて、解放の進行を遅らせようとしています。 プラズマ・トップ・クォーク爆弾が解除されたとき、闇の勢力のゲームは終わりだと言いたいです。

まだ一定数の爆弾は残っていますが、それが永遠に取り除かれてしまうと、カバールがどんなトリックを仕掛けてきても誰も本気にしなくなってしまいます。

カバールがこれだけの力を持っているのは、プラズマ層からのネガティブな技術があるからで、それがなければ歩くのにも苦労するし、それを知っているから、状況に応じて交渉を始めます。

秘密の宇宙プログラム

ただ、マリア・オルシックについては 以前にブログで紹介したことがあるので、これ以上繰り返す必要はありません。基本的にはナチスが初期のドイツの宇宙計画をコントロールしていました。

マリアがやっていた秘密宇宙プログラムは、ポジティブな秘密宇宙プログラムで、アルデバランのプレアデス人の助けを借りてました。彼らはポジティブなドイツの秘密宇宙プログラムを支援したいと考えていました。ドイツは、当時、産業の面では最も進んだ国でした。 そしてロスチャイルドは、スパイのヒトラーを権力の座に送り込み、ヒトラーをトゥーレ・ソサエティに加入させました。 ヒトラーがトゥーレ・ソサエティに参加してからは、その社会の善良な人々は去り、シューマン博士も社会を去りました。

シューマン博士はスイスの他の地域に移り、マリアはナチスがこれらの技術をさらに開発している間、できるだけナチスから離れているグループを作りました。

その後、ナチスはキメラに接触し、キメラが宇宙開発をしていることを知りました。カール・ハウスホーファーは、中国、日本、チベット、インドなどを頻繁に訪れていました。 チベットへの旅の途中でドラゴンに出会いました。グリーンドラゴンの特定の派閥に出会い、ネガティブなグリーンドラゴンの何人かはカールと共にドイツに戻りました。そしてネガティブなグリーンドラゴンは様々な方法でナチスの指導者を支配しました.

その後、ナチスの秘密宇宙プログラムが月へと発展し、1943年には月の裏側に基地を建設し、そこでレプティリアンやドラゴニアンの艦隊と遭遇しました。 最初、ナチスは傲慢さからこの人たちに勝てると思っていましたが、敗北し、兵士の一部はレプティリアンに食料として食べられたりもしました。

ナチスの冷静な一派は降伏し、ドラゴンと同盟を結び、現在の「闇の艦隊」を結成しました。

闇の艦隊は、ナチス初期の秘密宇宙計画の分派であり、キメラの直轄組織でもあります。

闇の艦隊の活動範囲はカイパーベルトにあります。 火星と木星の間には、居住や基地に適した小惑星が100万個、採掘に適した小惑星が1000万個ほどある小惑星帯があり、カイパーベルトはその数千倍の広さがあります。

したがって、闇の艦隊とキメラ艦隊のほとんどは、カイパーベルト内にあります.この写真を使用して、カイパーベルトの外で点滅するキメラ艦隊を説明します.

SF映画によく見られるカイパーベルトが正しく描かれていません。カイパーベルトはそのようには見えず、密集した岩の山もありません。

模式図:人々が想像する間違ったシナリオ。

私たちの太陽系は何もない空間です。宇宙ステーションからはたくさんの星が見えますが、隕石をたくさん見ることは不可能です。この絵を描いた人は本当の事を知りません。岩は少なくとも数百キロは離れています。

この写真(まだ写真はありません)は、秘密の宇宙プログラムの船の様子です。 第二次世界大戦後、ドイツの秘密宇宙プログラムは2つの派閥に分かれていました。1944年、ドイツは戦争に負けることを知っていました。 そこで1944年、ナチスはドイツの産業界のリーダーを集めて会議を開いきました。 この人たちは、アメリカ政府と契約して、ナチスの主要な科学者をすべてアメリカに送り、ペーパークリップ作戦を使ってアメリカに引き渡すという計画を立てていました。

この宇宙計画の見かけ上のトップは、ナチスのためにV2ロケットを開発するのが仕事だったフォン・ブラウンであり、フォン・ブラウンはペーパークリップ計画によってアメリカに引き渡され、NASAの創設者となりました。 NASAの役割は、秘密宇宙プログラムを隠蔽することでした。 彼はNASAのネガティブな派閥のリーダーであり、アポロ計画の妨害を試み、その結果、アポロでは奇妙なロケットの打ち上げや機械の故障が多発し、1986年にはシャトル「チャレンジャー」の爆発事故が起きました。

NASAの善人たちは、ボイジャー計画の背後にいるプレアデス人と相互につながっています。 第二次世界大戦終了後、ナチスの科学者の多くはアメリカに送還され、彼らは皆、アメリカの軍産複合体に行き、以前と同じことをやり始めました。何も変わらず、ドイツからアメリカに移り、秘密の宇宙プログラムの開発を続けました。 基本的に、彼らは自分のアイデンティティをまっさらにし、新しいアイデンティティで同じことを続けています。

ナチスの科学者派は、アメリカ国内のほとんどの企業を支配しており、表向きはボーイング社の航空機を作っているが、裏では極秘宇宙プログラムのための船を設計しているボーイング社など、アメリカ国内の主要企業の多くを所有していた。

今、飛行機に置いてある折りたたみ式の椅子は、以前に秘密宇宙プログラムの船で使用されていた製品であり、初期の秘密宇宙プログラムも同様に編成されました。

シュコダは今でこそ自動車会社ですが、1944年にはドイツ向けに反重力装置、いわゆる企業宇宙計画(ICC)を製造していました。

NASAは実は秘密宇宙プログラムのフロントオフィスであり、秘密宇宙プログラムの中には「ソーラーウォーデン」という一派があり、元々は海軍が作ったもので、当時は善意で作られたものでした。 初期のウォーデンの計画者はアンドロメダ星系と関係がありましたが、後にドラゴニアンがソーラー・ウォーデンを支配するようになり、特に1996年のアルコン・コンゴの侵攻以降はその傾向が強くなりました。

これは企業秘密宇宙プログラムで開発された船です。 これはアーティストが描いた船です(写真-未公開) これは配達に使われる貨物船で、簡単な武装を載せて、配達機能を主目的としています。

(写真-写真はまだです) これは国際宇宙ステーションから撮影された画像で、これはソーラーウォーデンプログラムの船で、これは月の裏側から撮影された秘密の宇宙プログラムの船です。

(写真はまだありません)これは月面のクレーターで、その中で撮影された小さな船がケプラーのクレーターです。 かつてはソーラー・ウォーデン・プログラムの拠点でもありました。

税金を払うと、お金はどこに行くのでしょうか? アメリカ国内では1兆ドルの税金が消えたと言われていますが、この消えたお金は国家債務と呼ばれています。

4人の悪党(ブッシュ、キッシンジャー、ラムズフェルド、チェイニー)が金を支配し、地球全体と人類が自分たちの所有物だと信じて世界を略奪しています。第二次世界大戦後の山下ゴールドもその一つですが、これはカバールが世界中のゴールドをかき集めて取引プログラムで金を隠し、これらの取引プログラムからのお金を秘密宇宙プログラムと地下基地の資金に使用できるようにすることでした。

(写真はまだありません)地下基地はこのような感じです。 これはオーストラリアのパームスプリングスの地下基地で、深さは数キロにも及びます。 地下基地にはたくさんのフロアがあり、約400階以上あります。この絵は誰かが描いた絵です。 この地下基地は10年前にレジスタンス運動によって一掃されました。

これが小惑星の採掘基地です(写真)。

企業の秘密宇宙プログラムは、第二次世界大戦が終わって間もなく、小惑星の採掘を始めました。小惑星には多くの貴金属があり、多くの金、プラチナ、およびさまざまな貴金属やダイヤモンドがあります。

長さ1キロの金塊やダイヤモンドを想像してみてください。これは、ルクセンブルクの次の小惑星採掘のビジョン マップです。

これは宇宙から来たダイヤモンド、つまり地球外産のダイヤモンドで、基本的にこのダイヤモンドは数百カラット(写真)、数千万ドルの価値があります。

これはNASAの写真ですが、小さい方は鉱山のシャフトで、下に降りて掘ることができ、人が採掘作業をすることができます。 採掘作業の多くは機械によって運営されています. これは別の写真(写真)です。

そろそろ午前中のセッションも終わりに近づいてきましたので、お昼の休憩にしましょう。

おかえりなさい

少し遅れはありますが、誰もが慣れているはずです。

太陽系の光の勢力について話しましょう。その中には、これから起こる大きな驚きがあり、今ここにあるものとないものがあります。 天の川の中心となる太陽が真ん中にあって、前面のプラズマを銀河全体に広げているのですが、ここに2つのプラズマの渦があって、この2つのプラズマの渦が星やあらゆる種類の星を生み出しているのです。

私たちの銀河系全体が星のポータルであり、銀河セントラルサンはそのポータル全体の窓です。 私たちの銀河セントラルサンは宇宙のソースへのポータルであり、銀河系のすべての生命は銀河セントラルサンを通して神聖なソースと相互につながっています。

セントラルサンは、セントラル文明の本拠地でもあります。 セントラルサン種族は、銀河の全進化の旅の中で最初の知的種族であり、さらにセントラルサン種族は、銀河の中で高いレベルの精神的進化を遂げた最初の種族でもあります。 そしてこの種族は、銀河の中心を越えて旅をするようになり、他の種族が進化するのを助けるようになりました。 セントラル文明はこのようにして銀河の光のグリッドを作り、他の知的生命体が太陽系を訪れる前の数千万年前に太陽系を訪れました。

また、太陽系や地球上の生命の進化を助けました。 人類の文化では、セントラル文明を「ウォッチャー」「古代人」「輝く人」など、さまざまな名前で呼んできた。彼らはコリーグッドが言及した古代建築人の種族です。

つまり、銀河セントラル種族は、人類が太陽系に入るずっと前から生命の進化を助け、セントラル文明が銀河光のグリッドを構築すると、多くの種族を束ねるようになり、そして銀河光の連邦を形成したのです。

銀河連合は、銀河系内の多くの先進的な種族が集まった緩やかな組織であり、このような星間種族は銀河系内に何千も存在します。

私たちの太陽系の周りには、オールトの雲と呼ばれる特別な場所があります。これは、太陽系の非常に遠くにある小惑星からの氷のような岩が集まった星雲です。

前衛種族の銀河艦隊の多くがこのオールトの雲に集まり、何百億もの艦隊があり、船の中には何百万、何千万、何万人もの恒星間の友人がいます。 想像してみてください。現在の地球の人口は約80億人で、80億人の地球人口のうち約100万人が、この膨大な数の人々が太陽系の母船であるオールトの雲の上で生活しています。
宇宙船には非常に多くの人々が乗っており、これこそがカバールが非常に恐れていることであり、だからこそ地球が解放されることを確信できるのです。

しかし、もっと大きな問題は、私たちは人質状態にあり、闇の勢力があらゆる種類の奇妙な技術を使って私たち人間を乗っ取っており、銀河種族は、地球の状況に非常に慎重に対処する必要があります. 彼らは母船を使用して、太陽系と太陽系内のいくつかの戦略的な場所に移動します。これらの場所は常に同じ場所にあるとは限りません。これらの小さな船は、太陽系の解放を支援するために太陽系にいます.

私たちは巨大な銀河の叙事詩全体の中心的な舞台でもあります。なぜ私たちはこの小さな惑星に留まるのでしょうか?なぜなら、これは間もなく銀河戦争の最終戦場になるからです。 おそらく、最も強く、最もクレイジーで、最も勇敢な人々だけが地球に留まるでしょう。なぜなら、私たちは地球に来てから何が起こるか分からないからです。

一人ひとりが未来の状況に立ち向かうための特定のスキルを持っており、生まれ変わったライトワーカーはそれぞれ母船との特定のつながりを持っています。 この部分には触れませんが、これらのことを考えて、瞑想中に母船とつながることができます。

いくつかの母船は、すでに太陽系内に存在しています。球状の母船のいくつかは、人間が考えているような金属製の母船ではありません。球状の母船は、流動性のある物質でできた生命体です。いくつかの種族は、流動性のある物質に投影するエネルギーで母船を形成します。これらの母船は新しいものではなく、長い間存在しているものもあります。シェルダン・ナイルドは1996年にこれらの母船について言及しています。

銀河同盟の一部門で、特別任務部隊-アシュター・コマンド。

アシュター司令部の主な使命は、地球の解放です。 アシュター司令部は、外側のエネルギーをコントロールするだけではなく、地球の状況に非常に深く関わっています。1953年、彼の代表団は米国のアイゼンハワーと会いました。カリフォルニアのエドワーズ空軍基地で、宇宙人会議が行われました。

この会議には米軍も参加しており、米軍が会議を進行しました。 アシュターの提案は、人類がすべての核兵器を廃絶することを条件に、地上の住民を援助し、人類に高度な技術と精神的な発展を与えるというものでした。 しかし、軍に拒絶され、アシュターは「私は去らなければならない、あなた方の自由意志を尊重しなければならない、しかし、他の種族も来るだろうし、純粋な善意では来ないだろうから、協定や提携を結ばないように気をつけてほしい」という警告のメッセージを残して去っていったのでした。

その後、ドラコやレプティリアンが現れ、軍は彼らと契約を結び、人間の一部を誘拐することに同意し、軍産複合体は彼らから技術を得ることができました。 もちろん双方が契約を尊重したわけではなく、ドラコとレプティリアンは地下深くの基地を利用して地球を侵略し、これらの侵略は1953年の契約に起因する1996年のコンゴ侵攻への道を開き、1950年代には米軍の議会や企業への浸透を開始し、地下深くの基地の建設に多くの時間を費やしたのです。

1996年にはコンゴが5億人のレプティリアンとドラコニアンの軍隊が侵攻し、続いて1999年から2000年にかけて1年かけてドラコニアン/レプティリアンの軍隊を掃討する抵抗運動が行われました。映画「ID4 インデペンデンス・デイ」はコンゴ侵攻をテーマにした作品で、中央アフリカで撮影されたシーンもあります。

アシュターコマンドはにはまだ多くの任務があり、彼らは公に接触することはできませんが、彼らはテレパシーによって精神的な目覚めの高い人々と通信し、私達が対面する前にテレパシーを使ってコミュニケーションをとります。

昔はアシュターとコミュニケーションをとった人は、自分は神に選ばれたと思って個人的な信念や宗教的な考えを持っていて、この計画にはあまり効果がなかったので、多くの問題がありました。 これらの初期の接触については多くの噂があります。

ヴリルの少女の女性メンバーは、全員がプレアデス出身です。 彼らは地球上で何度も転生し、その後プレアデスに戻りました。 彼らのモットーは「誰もここに居たくない」ということです。 そこで彼女らは地球を離れ、プレアデスに戻っていきました。

(画像) 太陽系最大の衛星ガニメデ は、太陽系における光の勢力の重要な要塞であり、上の斜線部分がガニメデ スター ゲートです。ガリレオ・クレーターの下には巨大な地下基地があり、この地下基地はジュピターコマンドの地下要塞であり、多くの闇の勢力がコントロールできない場所です。

どんなに暗い時代でも、この場所を攻撃したり侵略したりする方法はありません。ガニメデは一度も占領されたことがなく、闇の勢力はそこに何があるのか知らないので、私たちはそこにあるものをシンプルに説明します。

この基地の下には、どのカバルのメンバーが銀河セントラルサンに送り込まれるか決定する分類・審査機関があります。 ガニメデの選別機構は、カバールが地球上で最後に目にするものになるでしょう。

これはよく知られたクラウドシップ(写真)です。特殊な技術で水蒸気を圧縮して雲にしたもので、普通の水蒸気と雲で、雲の中に母船が入っているというエーテル型の雲の船である。

こういう雲がまとまっているのですが、この部分はある程度正しいですが、完全に正しいとは言えません。地球上で精神レベルが最も高い山には、このような雲ができます。

この山はシャスタ山で、日本には富士山があり、チベットにはガンリンポチェ山があります。

これらはアセンデッドマスターです (写真)

アセンデッド・マスターとは、地球に転生してマトリックスから脱出する方法を見つけた人たちのことで、彼らは個人的なアセンション・プロセスを経て、地球コントロール・マトリックスから脱出したのです。 これには、精神的な成長への完全に専念する必要があります。これを実行できる人は非常に少数で、世界で500人しかいません。1996年以降には5人だけが行うことができました。それもグループです。

これらのグループはカリフォルニア空軍基地の近くに住んでおり、1996 年のコンゴ侵攻後にアセンションしました。アセンデッドマスターには一つの困難があります。それは現代人のような人生経験を持っていないことです。彼らの人生経験は、数十年から数百年前にとどまっています。例えば、サンジェルマンの人生経験は、18世紀のもですので、彼は 18 世紀の人間の生活しか知りません。 

アセンデッドマスターはインターネットの使い方を知らないので、アセンデッドマスターは現代の生活がいかに複雑であるかを理解することができません。だから、今のポイントは、私たちがもっと頻繁に瞑想して彼らとつながり、現代の生活がどのようなものであるかを彼らに説明することです。 このようにして、マスターたちは人間の状態や人生の様々な困難について理解を深めることができるのです。 宇宙にはすべての答えを持っている人はいないし、すべての知恵を持っている人もいないのだから、地球の問題を何らかの形でマスターたちに伝えなければならないのです。

アセンデッドマスターについてですが、私は「マスター」という言葉は階級意識を持っているのであまり使いたくありません。私は彼らをアセンデッドビーイングと呼ぶのが好きです。後でこれを説明します (図)

テンプル騎士 コッホ:女神イシスとチンターマニ(写真)との出会いです。なぜコッホは女神イシスの前で気絶しなかったのでしょうか?その時、女神イシスが彼の前に完全なエネルギーで立っていなかったからです。

女神が100%のエネルギーで普通の人の前に立ったら、誰も耐えられなかったでしょう。 アイシス・アスタラとコブラがシャスタ山でアシュターに会ったとき、アシュターは4~5キロの距離で肉体を現しました。アイシス・アスタラとコブラは立つこともままならないほどエネルギーが非常に強いです。

アイゼンハワーがアシュターに話したとき、アシュターも非常に少量のエネルギーで話していましたが、そうでなければ部屋全体の人が失神していたでしょう。 アシュターのオーラの射程距離は500km。


アセンデッドマスターは初期異常を完全には理解していませんでした。彼は純粋なエネルギーを使って物理的な世界に現れることができましたが、初期異常のプラズマは聖なる光に強く反応し、それらはすべてトップクォーク爆弾です。
プラズマトップクォーク爆弾が完全に取り除かれると、アセンデッド マスターは自分のエネルギーを使用して物理世界に顕現することができます。そのため、アセンデッド マスターは、チベットやここシャスタ山などの遠隔地でのみ顕現します。

肉体を持って人間界に顕現することをイメージできます(写真) これがアセンデッドマスターのエーテル神殿です。 純粋なエネルギーのある場所には、世界中にこのような建物があります。

これはドラゴンからの写真です。 これは今、この地球にやってきた女神Dou Mu(斗母元君)です。 彼女は数年前に重要な扉が開いたときに地球にやってきて、女神のエネルギーを定着させるためにテレポートしてきました。

これはドラゴンが実際に撮影した写真で、宗教的な遺産ではありません。彼女は地表近くの世界に住んでおり、女神のエネルギーの存在を定着させるために地球にいるのです。

これがプレアディアンの母船です(写真)小さい(10km)。
これは、地球と月の間に今でもよく見られる、本物の母船の姿です。 通常、これらの母船はラグランジュ点に配置されています。

本当にプレアディアンの母船を見たいのであれば、「ラグランジュ点」を探しすのが良いです。 秘密宇宙プログラムの人たちは、その母船を探そうとしましたが、見つかりませんでした。

これはプレアデス人で、この写真は彼らの本当の姿に非常に近いものです。 彼らは人間と非常によく似ているので、ファーストコンタクトの後、私たちと最初に出会う種族になるでしょう。 中国の人々は実際にはさまざまな銀河から来ています。 

これは、月にあるプレアデス人のメイン基地(写真)で、マウスカーソルの小片が近くに見えています。 これはNASAが撮影したカッシーニ・クレーターの写真です。 ここで同じような写真を撮ったのですが、カーソルがプレアデスの基地を指していて、マウスのポイントはプレアデス星団を指します。これらの基地はすべて地下基地です。

月の下にはたくさんの溶岩トンネルがあり、その下に大きな都市を作ることができるほどです。 セントラル種族は何百万年も前にこの溶岩トンネルを利用してトンネルシステムを作っており、月の下には非常に古いトンネルシステムがあります。

画像)上はプレアデス宇宙船、かつてIS:ISのポータルが開いていた頃の写真、成層圏観測カメラで撮影した写真、この写真はベールから15キロ離れたところにあります。

その母船がポータルを開く手助けをしてくれたので、ポータルの瞑想をするたびに、そしてもちろん会議中にも母船が助けに来てくれます。今、チェンマイの空にはこのような母船が何隻もあります。

基本的にこれらの母船は雲の上にあり、肉眼では見えませんが、天気が良ければ何か見えるかもしれません。 ラグナビーチで会議をしたとき、多くの人が特別なものを見ました。

これはインドと中国の国境にあるカンカラのプレアディアン基地です(写真) あれはプレアディアンの小型船で、山の下にはプレアディアンの基地があり、私の記憶が正しければ1998年に建設されました。

この基地はインドの主要メディアで報道されており、インドの日刊紙が直接この基地に関するニュースを掲載しており、多くのインド人がこの宇宙人基地について知っており、公然と議論しています。インドの軍事関係者もこの宇宙人基地の存在を確認しているが、完全には公表されていないのが現状です。

写真)シリウスは銀河連合にも加盟しています。 これはアシュター司令部がよく使用するシリウスの母船の例です。トーションフィールド理論で作られた神聖幾何学で覆われたシリウスの母船(写真)の内部。

写真)シリウスの人

この2人はシリウス人で、人間にとてもよく似ています。この銀河ではヒューマノイド型のメモリーテンプレートがよく使われていて、シリウス人は私たちのいとこでもあるので、とてもよく似ています。シリウス人は人類の歴史の中で何度も人間を助けてきました。 シリウス人の中には、地球の海やエネルギーグリッドのバランスを保つために、クジラやイルカに転生することを選んだ人もいます。 彼らのスピリチュアリティは人間の想像を超えているので、インドではイルカやクジラがシリウスであることを知っている人は多いです。 インドにはたくさんのイルカやクジラがいて、これからどんどんイルカに対する意識が高まっていくでしょう。

セントラル種族を実際に見るとどうなるのでしょうか? 彼らはもはや物理的な形を持っていませんが、様々な方法で現れることを選択できます。 青い鳥はセントラル種族のイメージの一つであり、セントラル種族は現地の文化に受け入れられる形で登場します。

基本的にセントラル種族は、セントラル種族はライトボデイを使って物理的な世界に投影して具体化することができ、私たちが見るのは完全なホログラムです。

質疑応答

参加者:私たちはすでにすべての真実を知っているのに、なぜまだこの経験から抜け出せないのでしょうか?

コブラ:人間の目的は、宇宙の大きな異変を変革することにあります。 過去には、主な異常を知っている種族がいなかったので、それは異常と呼ばれていました。人間であるという経験は、他の種族に主な異常についてもっと知ってもらうことができます。私たちは厄介な状況に置かれています。 人間であることは、多かれ少なかれ役に立ちます。 人間の生活は必ずしも楽しいものではありませんが、宇宙にとっては必要なものです。

参加者:テレパシーがポジティブな人種とのコミュニケーションを取りたい場合、ハイヤーセルフを介して確認されれば、ポジティブな人種ということになるのでしょうか。

コブラ:ポジティブな人種とのコミュニケーションはとてもシンプルです。 正しい感情と直感があれば、頭だけでなく、感情や直感で簡単に識別することができます。 いたってシンプルです。 直感を使うのはもっと難しいですが、テレパシーを使うのはもっと難しいです。このような方法でコミュニケーションをとるには、何年ものトレーニングが必要で、内容を受け取るにも何年ものトレーニングが必要だからです。 それには数ヶ月から数年のトレーニングが必要です。瞑想して、それを解決するようにハイヤーセルフに求めるという単純な問題ではありません。多くのトレーニングが必要です。

参加者: 現在、イベントの宣伝と暴露は、現在のライトワーカーたちの主な目的なのでしょうか?

コブラ:もちろん、私たちは自分たちが知っていることを公表することを第一に考えています。特に、インターネットは情報を広めるのに非常に適したプラットフォームです。

参加者:アシュターや銀河連合のすべての船とコンタクトできるとのことですが、コンタクトした船の着陸地点を教えてもらえますか?

コブラ:その話は明日にしましょう。

ブレイクタイム

おかえりなさい!

アンドロメダ系の船です。

これはアンドロメダシステムの船で、私にとっての体験写真です。私(コブラ)はこの船を実際に見たことがあります。昔、レジスタンスを訪れたときに、マイケルというエージェントに連れられてこの船を見に行きました。ニューヨークのロングアイランドの地下には非常に大きな地下格納庫があります。中には非常に大きな地下格納庫があり、そこでアンドロメダ人たちが宇宙船を建てています。それは現代の飛行機のように見えて、大きさはあまり大きくありません。

でも特別なのは、実際にこの写真をインターネットに載せている人がいるということです。つまり、私以外の人が自分の目で見ているということです。アンドロメダの宇宙船は本当にあのような形をしています。

写真)これが日本の秘密宇宙計画で宇宙船を作る様子です。普通の宇宙船には見えず、アンドロメダ星系の船のように見えます。

これが惑星Xです。私がインターネットで見た中では最も近いものです。 惑星Xは地球よりも大きく、表面はメタン氷で覆われています。この写真の外観は実際の惑星Xと非常によく似ています。惑星Xの表面には多くの地下基地があります。

これがレジスタンスムーブメントの起源であり、故郷なのです。 かつて、イルミナティは太陽系で秘密宇宙プログラムを行っていましたが、惑星Xは自由を取り戻した最初の場所であり、イルミナティの支配から逃れた最初の惑星であり、1999年には約5億人が生活していましたが、コーリーグッドが述べたように奴隷労働の惑星でした。現在、光の勢力には、現時点では語る事ができない特別な計画があります。人々がそれを知ったら、彼らはショックを受けるでしょう。

この計画の一部は達成されました。過去に奴隷労働者がプレアデス人と接触し、奴隷労働コロニーの下で奴隷労働者の反乱が起きたことがあります。一人の勇敢な男がイルミナティの船を盗んでオールトの雲に飛び込み、その直後にプレアデス人と出会い、プレアデス人はすぐに惑星Xの革命軍を支援し、すべての情報と計画を与えました。

勇敢な男たちは船を飛ばして惑星Xに戻り、まもなくカバールは逮捕されました。 これらの人々が逮捕されたとき、彼らは彼らが知っていた計画を他の奴隷労働者に伝えました。数日後、ある男性グループが革命軍を組織して反乱を起こし、数週間かけて自分たちの惑星(惑星X)を解放した。

秘密宇宙プログラムの人々は、地上の人間よりもはるかに意識が高く、もし地上の人間がそのような意識を持っていたら、すでに地球は解放されていたでしょう。 地球と惑星Xの状態は異なります。人間はすでに制御システムの一部であり、このシステムをサポートしています。惑星Xの人々は、彼らが抑圧され、抵抗するために立ち上がることを知っており、革命の合図を待っていました 。この革命の合図を待つのは地球の番です。

覚醒して待ち始めた人がたくさんいて、この信号はいつか送られます。プーチン大統領にも同様の話がありました。プーチンは2015年に姿を消しました。当時、プーチンはシベリアに行ってロシアの秘密の地下基地に到着しただけでした。プーチンはプレアデス人と地球を解放する計画について話し合っていました。プーチンはプレアディアンとコミュニケーションをとった後、深い霊的体験をしました。プーチンがプレアデス人と出会う前は、彼はただのロシアの政治的オリガルヒでした。

プーチンがロシアを急浮上させたのは、プレアデス人たちが舞台裏で支援していたことと、彼の戦略はプレアデス人たちが裏で支援していたこと、そして彼が考えたX惑星のような計画は、光の力が地球を解放するのに十分であったということです。

写真)これが惑星Xの軌道です。良い望遠鏡を使って軌道がわかれば、惑星Xを見ることができます。

カイパーベルトの星の軌道を研究していた日本の天文学者がいて、コンピュータモデルでたまたま惑星Xの軌道を発見しました。 彼は惑星Xの軌道を発見したばかりです。データは、私とプレアデス人が受け取ったデータに非常に近いものです。主流のメディアは彼の研究を無視しました。今年、2人の天文学者、ブラウンとバーティが『Planet 9』を発表しました。基本的にこれは、惑星Xについての真実を隠すためにカバールによって作成された物語です。

去年の9月、私は自分のブログ投稿に写真を投稿しました-月のクレーター。

これはレジスタンスが建てた司令塔です。 今年、メキシコの研究者がGoogle Moonでこの写真を見つけました。

(写真)これはスイスの会議で作成されたものです。興味深い内容がいくつかあります。地球には地下トンネルがたくさんあり、人工的なものもあれば、自然に形成されたマグマのトンネルであるものもあり、その下には非常に巨大な水循環システムがあることは誰もが知っています。湖や、海もあります。基本的に、地表の人々はこれらのものがあることを知りませんが、イエズス会はそれらを知っているでしょう。

これは17世紀にイエズス会によって出版された本(写真)で、世界地図が掲載されています。イエズス会はこの本を出版し、地下世界についての本を書きました。彼が書いた本は、現代の地質学よりも真実に近いです。彼はスイスの地下湖について話しました。地下湖はヨーロッパ全体の水源です。南アメリカにも非常によく似た場所もあり、南アメリカの下には地下の海があります。

フランスのSF作家-ジュール・ヴェルヌ(サイエンスフィクションの父)が地下世界についての小説を書いたこのSF小説は部分的に地下の海について書いています小説家は地下の海を知っていて、ジュール・ヴェルヌはフランスの秘密結社「天使の会」のメンバーでした。

彼らは文学を利用して特定の真実を広めています。そして最後のSF作家がこのサークルに入会しました。この小説家は秘密宇宙プログラムについて、150年前にも言及しました。彼はまだ月の旅行や分離文明について話しています。

写真)地下での生活。
これはカナダのホテルの写真ですが、基本的にはレジスタンスムーブメントの生活空間によく似た形になっています。レジスタンスムーブメントの地下基地にはたくさんのプールやクリスタルがあります。未来の認可を得てそこに入ることができれば、同じような建物をたくさん見ることができます。

レジスタンスの基地の入り口はこのようになっています(写真)。 前回の雙柯インタビューで、浄化槽のようなものがあると言っていましたが、レジスタンスが地上に行って戻ってくる場合は、その浄化の手続きをしなければなりません。 彼らは完全に掃除をして、服を着替え、表面から持ってきたものをすべて取り除かなければなりません。この扉の後には、心理学的検査、肉体的、精神的、そして霊的な状態の検査を受けなければならず、この検査には多くの時間がかかります。 手続きが非常に面倒であるため、地下にいる人は地上に出るのを嫌がります。

地下基地への入り口はたくさんあり、多くの主要都市には地下世界に通じるアクセスドアがあり、地下鉄道への廃墟ドアも多いです。ドアをくぐり、階段を上って数十メートル降りると、こんな施設に出くわします。私の故郷には、このような入り口のある喫茶店があります。喫茶店のバスルームにはエレベーターがあり、それを使ってレジスタンス基地に降りました。

基地への入り口の1つは軍の掩蔽壕で、もう1つは工業地帯の倉庫にあります。これらの入り口は、私たちが見た工業施設によく似ています。これらはすべて地下基地への入り口です。

ロサンゼルスには特定の入り口があります。 ヨーロッパからニューヨークまでは20分、ローマからミュンヘンまでは5分、南欧から中欧までは5分と、高速の地下列車が走るアンダーグラウンドの世界も大変興味深いものがあります。

西側アガルタネットワークでは、レジスタンスムーブメントはしばしば西側アガルタネットワークと連絡しますが、東と西のアガーソンの接続は非常に限られています。その下には特別な障壁があります。1930年代に作られた特別な障壁があり、キメラはカールに接触する際にそのバリアを設置され、ドラコがあまり貫通できない障壁を構築しました。

そこには特別な地下洞窟があり、最近ではドラゴンの活動も行われていますし、中国には地下王国への入り口がたくさんありますが、今はお話しできません。

かつて、多くの道教寺院には地下世界への入り口がありました。イエズス会が中国に来た理由は、地下王国への入り口を見つけるためでした。17世紀にいくつかの入り口を見つけましたが、その1つが崑崙山にあったのです。

そのイエズス会の人たちがドラゴンとつながっていて、そのイエズス会の人たちが宮廷に潜入したのです。

これが地下街の様子です(写真)これは古代のアガルタ文明都市で、その場で見たものと非常によく似ています。

現在は、より近代的な地下都市になっています(写真)。

これは現実です。イベント後、多くの人がその場所に移動することができ、人間の振動周波数が地下世界の周波数と一致することができれば、彼らは移動することができます。

アガルタ文明は人間との相性があまりよくありません。というのも、地表の人間はかなり攻撃的で、精神的な面でもあまりよくないからです。
アガルタ人は過去に地表の人間とあまり良い関係を築けませんでした。彼らは自分たちを神やプレアデス人などに見せかけようとしているわけではありません。しかし、地表の人間には細心の注意を払い、ほとんど接触することはありません。

彼らは人類を助けようとしますが、自分たちがスポットライトを浴びない方法を見つけ、イベント後には彼らは特定の人々に連絡します。これらの人々の反応に基づいて、アガルタ文明は次に何をすべきかを決定します。人類は将来どのような形の公的接触をとるかを決定します。人類の反応は将来の公的接触の速度に影響を及ぼします。

レジスタンスは、地表のライトワーカーやライトウォリアーに失望しています。彼らは、地表のライトワーカーやライトウォリアーの協力のレベルに失望しています。つまり、彼らは戦略を変えなければなりません。今、地表に調和のとれた環境を作ることはあまり適していません。彼らは、コミュニケーションをとるために特定の候補者を選びます。彼らは、コミュニケーションをとるのに適した候補者がどこにいるかを自分で決めます。

質疑応答

参加者:今、地下にはたくさんの文明があるという話ですが、地下にいるヒューマノイドの人口規模はどのくらいなのでしょうか?

コブラ:地下には大きく分けて人間と爬虫類の2つの種族がいます。10年前は爬虫類が多数を占めていましたが、現在はごく少数になり、非常に限られた場所に爬虫類が残っています。

参加者: アークトゥルス人の姿や特徴を教えてください。

コブラ:人間に近い存在で、彼らは主に地球の光グリッドを構築や人間社会にスピリチュアルな知識を広めることを目的としています。

参加者:本土にヒーリングセンターを設立する計画ですが、スターシードを目覚めさせる方法について何か提案はありますか?

コブラ:基本的には、これは光の計画の一部かもしれません。 ヒーラーは、現世や過去に癒しの能力を身につけるための訓練が必要ですし、イベント後の人類には癒しのニーズが高いのです。 イベント終了後、ヒーラーたちは非常に忙しくなります。

今、最も重要なことは、ヒーリングスキルを身につけることです。本当に効果的な癒しの方法を学ぶためには、人体がどのように機能し、どのように癒すかを真に理解するために、エネルギー体の構成を理解し始める必要があります。栄養やチャクラだけでなく、体全体、心、精神、感情を癒すために何が必要かを理解することです。 物理的なヒーリングセンターは二の次で、本当に人を癒すことができるヒーラーを集めることが何よりも大切です。

注:イベント後もバランスを崩さず、消耗しないようにしましょう。

参加者:本物のヒーラーをどうやって集めて、どうやって見分けるのですか?

コブラ:ヒーリンググループを作成し、物理的なミーティングを通じてヒーラーをトレーニングします。

参加者:中国で複数のイベントの告知と大暴露を確立することについてどう思いますか。

コブラ:とても良いことです。

お帰りなさい

今日の会議の最終段階では、正式な開始前に、連絡の進捗状況について話し、いくつかの質問と回答を行いましょう。

参加者:チンターマニを設置する際に重要な具体的な練習方法は何ですか?

コブラ:基本的には特に手順はなく、誰にも取られないようにエネルギーポイントに置いておけば、あとは光が処理してくれます。

速記チンターマニのエネルギーをより強固に固定するためには、土の下に20~30cm以上深く埋めるのがベストであることがCOBRAによって確認されています。 埋めることができない地理的環境でのみ、他の形式の配置が選択されます。

参加者:タイのテクタイトの効能は何ですか?

コブラ:フィリピンでも発見されたタイの隕石は、オリオン座から、約100万年前に地球にやって来ました。 その特性は、二面性を変換できることです。

参加者:ライトワーカーの多くは、寝るときに特別な夢を見ますが、それは実際に肉体の解放に役立つのでしょうか?

コブラ:それは役に立ちます。これらの夢の目的は、あなたのスピリチュアリティを統合するのを助けることです。私たちの現実の生活は、スピリチュアルな世界から分離され、プラズマスカラーグリッドによって分離されています。プラズマの障壁がなくなると、スピリチュアルな世界と簡単にコミュニケーションをとることができます。

本日会議が終了する前に、コンタクトの進捗状況についてお話ししましょう。

このイベントについては、これまで何度も話してきたので省略します。

このイベントの後、私たちはポジティブな銀河系の種族との接触を開始します。今では総合的な開示を推進するキャンペーンがあり、とても良いです。イベントが発生すると、包括的な開示が行われます。現在、レジスタンスムーブメントは多くの情報パケットを提供しています。現在、世界中のすべての主要新聞は、映画、アーカイブ、またはさまざまな文書であるかどうかにかかわらず、レジスタンスムーブメントの情報パケットを持っています。ロズウェルやエリア51からの大きな暴露はすべてパケットの中に入っています。

イベント後、パケットは復号化されて開かれます。必要に応じて、これらのデータパケットはイベントの前に開かれる場合があります。ある日、記者が会社に来て仕事をしていると、パソコンの電源を入れるとポップアップウィンドウがポップアップし、クリックするとデータパッケージのダウンロードが始まります。

その後、これらのデータパケットは数時間で世界中に広がるので、これらのパケットはコンピュータにあり、インターネットにアップロードされるのを待っています。これらのパケットは隠しファイルであり、もしかしたらあなたのコンピュータにもこれらのパケットがあるかもしれませんが、あなたはそれを知りません。多くの場合、ファイルを見つけるには、非常に専門的なコンピュータの専門家を雇う必要があります。

現在、水面下でさまざまな準備が進められており、このコンタクトの進捗状況はイベント後に完全に明らかになります。 人間は社会的統合の段階に入り始めており、新しい世界を非常に好意的に受け止める人もいるでしょう。

イベント後、開示の進捗は大幅に加速します。加速の前提条件として受け入れられる限り、人間が情報を受け取る速度が統合期間の長さを決定します。当時、多くの新しい科学技術があります。人間に紹介されます。

さて、この画像(画像)は、重力がどのようなものかを説明する、実際の重力のモデルです。 今、物理学者に「重力とは何か」と聞いても、答えられないでしょう。

この画像は重力とは何かを紹介するためのものです。重力は、拡張波、エーテルエネルギーの流れの波、そして自分自身の上に広がるエネルギー波です。この上に原子粒子の画像があります。エネルギーが最も強い粒子の周囲を見ることができます。

この形に地球が似ていることを想像して、地球を置いてみると、圧縮突破が簡単に描けるのではないでしょうか。宇宙全体の聖なる光が地球の表面に集まり始めます。 イベント後、人々は啓示の進歩の一部となる高度な科学を理解し始め、私たちは彼らの科学の背景を理解し始め、いくつかの高度な技術の背景、超出力フリーエネルギーの技術の背景、反重力技術の原理を理解し始めるでしょう。

今使っているコンピュータよりも速いコンピュータを持つことは非常に重要で、今のコンピュータの問題はハードウェアの問題ではありませんが、ソフトウェアは良くありません。 通常、ハードウェアは非常に耐久性があります。 このパソコンは地面に落としても使えますが、ソフトに問題があるとパソコン全体がハングアップしてしまいます。午前中に人工知能プラズマエンティティについて話しましたが、イベントが発生すると、それらのプラズマエンティティはクリアされます。

その後、光は地球上のすべてのコンピュータプログラム、特に金融システムのプログラムを引き継ぐことになり、それが私たちが待ち望んでいた金融のリセットの始まりとなるのです。

もう一つの大きなスピリチュアル・ブレイクスルーは、「イベント・フラッシュ」が銀河パルス波の一部であり、銀河セントラルサンからのスピリチュアルエネルギーは、イベントフラッシュを通じて地球に到達します。多くの人が非常に深いスピリチュアルな体験をすることであり、それが人類の大規模な覚醒とアセンションの第一波の始まりであるということです。

多くの人が「アセンション」について語り、多くのブログが「アセンション」について語っていますが、それらはすべて憶測です。 アセンションの情報がインターネットに公開されていないのは、もし今公開されたら、プラズマ・エンティティ、カバール、キメラ、アルコンが、アセンションが何であるかを理解できれば、単にアセンションの進歩をハイジャックしてしまうからです。

そのため、この情報を公開することはできません。今は少し婉曲的に説明し、地球の状況が改善されたら、アセンションプログラムについて、より直接的に、そしてオープンに話すことができます。イベント後、アセンション進歩は加速します。

瞑想やヒーリングをしていても、それはまだアセンションの助けにはならず、ただの準備段階です。これらはあなたが本当のアセンションに入ることができる準備プロセスにすぎないので、私たちは、私たち自身アセンションの準備段階にあります。

アセンションの基本的なキー、基本的な概念は、トライアンギュレーションの統一のプロセスです。 私たちは皆、魂であり、一人一人が地球に生まれ変わった魂です。 私たちの高次の意識が宇宙の初期異常と接触したとき、魂を見失い、このように主要な異常の中に迷い込んだ。

私たちの魂は、実際には生まれ変わっていない偉大な魂の断片にすぎません。アセンションすると、これらの魂の断片は完全な魂に再統合されます。

このプロセスが完了すると、アセンションが完了します。 この他にも、まだ公開できない具体的な実践方法がたくさんあります。

アセンションを別の言い方で表現すると、すべての魂の存在を表すライトボディを活性化することです。地球上で転生してきたすべての魂は、完全に統合された存在になることができます。このプロセスが完了すると、すべての物質、非物理的な感情物質、心が統合されて、ライトボディが活性化されます。

一部の人々は彼をレインボーボディ、ダイアモンドボディ、またはマカバと呼ぶでしょう。これは、変容-反転の渦を開くプロセスです。

アセンション後、魂は銀河のポータルを使用してホームへの旅を開始します。宇宙船に乗る必要はなく、自分の体が宇宙船となり、時間と空間を操ることができ、高次元のワームホールを通過し、太陽のポータルを通過し、異なる恒星のポータルを通過して、銀河セントラルサンに入り、ホームに帰ることができます。

これが私たちの帰路のロードマップです(図

今日の会議はこれで終わりです。明日に続きます。

速記録:議事録の写真は、記憶を頼りに会議後にインターネットで探したため、内容の写真が見つからないものがありました。

速記:傳奇

翻訳:Patrick Shih

校正:Patrick Shih、傳奇

出典:国際黄金時代グループ(國際黃金時代團隊)

日本語翻訳:コブラ情報まとめサイト

この会議記録の内容は、国際黄金時代グループが著作権を所有しています。転載する場合は、元のテキスト全体を保持し、出典とURLをメモしてください。内容を変更して複製することは固く禁じられています。違反者は関連する法的責任を負います。

2016年7月3日チェンマイアセンション会議

転載元 https://www.golden-ages.org/2019/01/31/ascension-conference-thailand-2/

このカラーマーカーは、よくわからない部分や引っかかる部分に使用します。

私たちが秘密保持契約に署名する目的は、私とISIS Astaraの任務を保護することにあります。この会議の中で皆さんは内容をあなたの友達に分かち合うことができますが、今はもう議事録が公開されることはありません。その理由は、私は以前に一部のアセンション会議の議事録を確認し、内容がアセンション会議そのものとは直接関係ないものが多いからです。

以前の会議の議事録には、すでにイベントが起きていると書かれているものもありました。 しかし、会議では「イベントが起こった」とは言っていません。もう二度とこのようなことが起きてほしくありません。会議の内容と会議のエネルギーを感じたい人は、実際に会議に参加する必要があります。


速記:過去に2016年以降の議事録全文が公開されていないのは、COBRAの会議に参加した後に誤った情報を投稿した人がいて、「COBRAは会議でイベントがあったと言った」という噂をインターネットで広めてしまったため、過去に議事録の公開がストップしたことがありました。 最近になってようやく議事録を公開する許可が下りたので、皆さんにご紹介します。

しかし、一部の人々は、「情報を独占している」「COBRAの会議の議事録を意図的に公開していない」など、デマで攻撃してくる人もいまた。
上記のCOBRAの会議での発言を見た後では、真実が何であるかを知ることができます。

議事録に関しては、皆さんが注意を払うべき 3 つのポイントがあります。

1. 会議への参加は有料であり、内容を知りたい方は社内ガイドラインに従い、ご自身で参加することができます。

2. 会議の議事録は私有財産であり、道徳的または法的に誰にも公開する義務はありません。

3. 会議の記録を公開する目的は、会議に来られない人のために無私で共有し、誰もがより多くのことを学び、視野を広げて解放を加速する事を実現する為です。


アイシス・アスタラ:皆さん、おはようございます。

チェンマイ会議に来てくれてありがとうございます。そしてあなたのサポートとケアに感謝します。

コブラ:会議へようこそ!会場の上空にはマザーシップがあり、今日はその存在が明らかになるはずです。

アイシス アスタラ:昨日の会議では助けることができなかったのが残念です。 昨日は地球のエネルギーの浄化が強すぎて、耐えられませんでした。 今日は男性のエネルギーをより多く感じ、今日は女性のエネルギーをより深く感じています。

私たちが天地からエネルギーを導くたびに、私たちはオープンな乗り物になることができます。 私たちは光の聖杯になります。光の聖杯になるのは私たちの本当の本質です。それは本当の自分になるということです。 白い光は虹のようであり、虹は白い光であり、私たちの体のエネルギーセンターには虹のようなエネルギー導管があり、チャクラは虹の色に対応しており、私たちの生命は光であり、創造物自体も光であり、生命は稲妻の炎のようなものです。

光の聖杯になることは、私たちの本質、真の使命に戻ることです。 聖杯には、物理的、エーテル的、感情的、精神的など、さまざまな次元があります。 聖杯には2つのエネルギーがあり、それは宇宙のエネルギーでもあります。 この2つのエネルギーは、神聖な女性的なエネルギーと神聖な男性的なエネルギーです。

中国文化では、陰と陽という2つの側面があります。今日は、陰/陽、神聖な女性的エネルギーと神聖な男性的エネルギーのバランスをとる方法を学びます。 私たちは今、神聖な女性のエネルギーを分離したり抑圧したりするのをやめる必要があります。 今、私たちは神聖な女性のエネルギーを私たちの体に統合しなければなりません。この2つのエネルギーのバランスが取れれば取れるほど、光の聖杯になることができます。

この会議はアセンション会議と呼ばれていますが、高次元に進むだけでアンカーダウンしないのではバランスが取れません。 今、私たちは、光を私たちの身体、心、精神に入れると同時に、地中に入り、上から下に向かって地球の中心に定着させる必要があります。

光の定着のミッションは、どちらかというと女性の方が多いのですが、私が言っている「神聖なる女性のエネルギー」は、女性だけではなく、「神聖なる女性のエネルギー」と「神聖なる男性のエネルギー」を含めたエネルギーの部分で、「神聖なる女性のエネルギー」は、女性だけではなく、男性にもあります。

聖なる女性性のエネルギーと聖なる男性性のエネルギーは、バランスが取れていて、相互にサポートし合っている必要があります。 それがバランスの鍵です神聖な女性のエネルギーの聖杯となるためには、身体の内側と身体に関する知恵の両方とつながる必要があります。 私たちの体の中には、血管があり、感覚があり、あらゆる知覚があり、五感があり、外の世界を観察するための目があります。しかし、私たちは以前に、自分の感情や感覚を抑えていました。これらがロックされていると、エネルギーは簡単には流れません。

いわゆる女神の帰還とは、地球に戻るだけでなく、身体を感じ、自由と解放を感じることであり、女性のエネルギーは、自分自身の中にある真の野生の生命力を感じることです。私たちの体の動きは、一種の言語でもあります。言葉によるコミュニケーションは70%にしか達しません。残りは体で表現しなければなりません。

リラックスして自由な空間があると感じると、よりリラックスして幸せになります。
私たちが神聖な女性のエネルギーの聖杯について話すとき、私たちはまた、女性の体について話す必要があります、。体には聖杯の役割があります。 女性は子宮を持っているので、生命を運ぶことができます。 女性の神聖なエネルギーの特別な点は、物理的な世界に生命をもたらすことであり、女性の体は生命を育むことができます。

これは世界を創造するための巨大なプロジェクトです。将来、私たちはここからアセンションして、地球に戻ってくるのですが、女神の帰還とは、子宮を通して物質世界に神性の女性エネルギーが入ってくることでもあります。

女性は、左手で神性の女性を表す円を、右手で神性の男性を表す円を描くことができ、この2つの円が交わる場所は、まさに女性の子宮であり、神性幾何学のヴェシカパイシスです。 ヴェシカパイシスは、魂が高次元の世界から肉体の世界に入るための入り口、つまり子宮を象徴しています。

子宮の他にも、チャクラには2つのエネルギーがあります。チャクラの中心であるハートチャクラも、ヴェシカパイシスのポータルです。

女性にとって、神聖な女神のエネルギーの聖杯になるという意味は、高次元の世界から物理的な世界に生命をもたらすことです。男性にとっては、それは私たちの体に神聖な女性のエネルギーをもたらすことです。私たちは2つのエネルギーを同時に身体に持っています。男性は神聖な女性のエネルギーを身体に取り入れることができます。

私たちは聖杯を地表世界に持ってきて、黄金時代の意識を地球に定着させることで、地球に黄金時代を誕生させ、未来の黄金時代を育てることができるのです。

一緒に働くことで、私たちは光を定着し、神聖な女性のエネルギーの聖杯になります。これは、女神の帰還の意味でもあります。強い「光の聖杯」になりたいのであれば、エネルギーを感じるだけでなく、それを地球に定着させ、心で感じ、骨盤を通って地球に根付かせなければなりません。

今日は、一人一人とグループ全体が、世界中のより多くの人々を目覚めさせるための巨大な光の聖杯を形成するための聖杯のイニシエーション・儀式を行い、地球にバランスをもたらしたいと思います。 私たちは地球がバランスをとるのを助けなければなりません。地球は女性ですが、私たちは男性的な方法で社会を動かしています。今、私たちは地球にバランスをとらなければなりません。

多くの人は、人生に欠けていると感じる部分を常に探しています。その欠けているものとは、足の下にあるものです。それは、地球とつながり、地球の存在を受け入れて感じることです。それは、私たちが地球にバランスをもたらし、同時にすべての男性と女性のエネルギーを癒し、それらを正常に戻すことができます。

昔は女性が命を産むことができたので強力な女神のエネルギーは過去に男性を怖がらせました。子供を産む過程での最大のポイントは、女性のエネルギーに服従することで、服従すればするほど痛みがなくなり、スムーズに産めるようになります。

男性はサポートの役割を果たすべきです。女性が出産や女神のエネルギーを運ぶことができるのを恐れないでください。男性は女性のバックアップになるべきです。女性は子供がいるとより脆弱になります。男性は神聖な男性のエネルギーを使って女性をサポートし、保護し、女性のエネルギーを安定させるために彼女をサポートしてください。

女性エネルギーは、特に男性エネルギーのサポートを必要としています。 女性は野生の女性的な生命力を、自由に表現することができます。 神聖な女性的エネルギーをサポートし、理解すればするほど、神聖な男性的エネルギーは強くなります。

真の神聖な男性エネルギーは、神聖な女性エネルギーを抑制するのではなく、保護しサポートすることです。 私たちは、世界中のすべての文化、社会、個人において、この男性と女性のエネルギーのバランスを取り戻す必要があります。

神聖な男性エネルギーは、大天使ミカエルを表しています。 真の勇気とは、女性エネルギーを恐れるのではなく、サポートすることです。勇気とは、自分の内なる感情を素直に感じ、勇気を持って自分の心を表現することとも言えます。女の子は泣きたいとき、笑いたいときに簡単に泣いたり笑ったりできます。何をしたいかは関係ありません。

男は自分の感情を抑えることを諦め、感情的な女性側を使って自分の内なる暗い側面を感じなければなりません。 それを感じて、勇気を持って感じることで、ゆっくりと変化していきます。

私たちはまず女性のエネルギーの側面を使って良いことも悪いことも感じ、次に神聖な男性のエネルギーを使ってそれを変容し、計画を実行に移すための真の勇気を取り戻すのです。

大天使ミカエルの神聖な男性のエネルギーの代表者になりたいのなら、あなたは神聖な男性のエネルギーを運ぶために神聖な男性の聖杯にならなければなりません。

今日は、2つのエネルギーの違いをゆっくりと感じてください

休憩時間

皆さん、お帰りなさい。

ここにはたくさんの文化を知る良い機会があります。私たちはいくつかのコースを取り始め、神聖な男性と神聖な女性のエネルギーをゆっくりと統合して一日を過ごします。今回はアセンションミーティングを開催します。アセンションのプロセスは、自由意志を強化するプロセスです。なぜなら、これまで私たちは内なる自由意志を抑圧されてきたからです。今こそ、目を覚まして、自由意志の使い方を知る時です。

私たちは自由意志を持っており、自由意志と選択の力には強い関連性があります。 選択と自由意志の力は、宇宙と強力に結びついています。あなたは何を言うべきか知っていますか?(原文:大家知道再說什麼嗎?)それは、自由意志と選択の力が組み合わされたときです。

光の勢力は自由意志を100%尊重し、その一線を越えることはありませんが、闇の勢力は自由意志を常に抑圧して侵害して自分の望まないことをさせますし、私たちの自由意志は過去にも抑制されてきました。今、私たちがしていることは私たちの自由意志に基づくものではないと感じています。私たちには自由意志の力、選択をする力、そしてノーと言う権利があります。 自分を愛するための最初のステップは、特定の人に「ノー」と言うこと、特定の状況で「ノー」と言うこと、そして必要に応じて「ノー」と言うことです。

私たちは他人からの過剰な要求に「ノー」と言う権利を持っている事を知る必要があります。
私たちが必要なものを本当に知っているのであれば、私たちは自分自身と内部的につながっている必要があります。選択する権利、自由意志を行使する力、そして強い責任感、これらはすべて密接に関連しています。選択の力と自由意志を持つことは、天からの祝福されたものです。

そして、選択の力と自由意志をうまく利用するなら、あなたは責任を負うべきです。自由意志や選択の力を持ちたいのであれば、他人のせいにしたり、他人に問題があると言ったりしていてはいけないのです。 そして、自由意志と選択権を行使しながら、自分自身に責任を持ち、被害者意識を払拭し、神聖な女性性と神聖な男性性のエネルギーを使う必要があります。

私たちは、自分の行動や選択に責任を持ちます。なぜなら、選択する権利は、自分が何をするかに大きく関係しているからです(選択の力)。 多くの人は、選択することを恐れ、責任を取ることを恐れ、それゆえに現実に直面することを恐れています。

「選択の法則」は、実際には「今この瞬間に存在することが最もパワフルであり、今を選択することが最善の利益になる」ということを教えてくれています。 私たちは人生においてあらゆる種類の選択をすることができます。大きな選択も小さな選択も、愛をもって物事に立ち向かうか、勇気をもって物事に立ち向かうか、他人を変えることはできませんが、自分の心の状態を変えることはできます。

選択の力を活用することで、自分のオーラや人生をナビゲートすることができるようになりますが、これには内面的な練習も必要です。 これは、私たちの内なる直観と声です。 自分自身を本当に理解するためには、自分自身に正直になる必要があり、選択の力を使って自分自身に正直になることを選ばなければなりません。 自由意志のもう一つのポイントは、意志の中心である太陽神経叢です。

他人が自分をどう思っているか、何を期待しているかを吸収するのは、太陽神経叢を介して行われます。 また、太陽神経叢を通して、自分が何を望んでいるのかを知ることができます。

旅行に行きたいと思ったら、他の人が望むものか、自分が本当に望むものか、自分にとって意味のあるものにしなければなりません。 誰かに何かを強制されたとき、太陽神経叢は窮屈に感じるでしょう。 なぜなら、その旅行は自分の自由意志に反するものだからです。

他の会議で、聖なるチャクラの権利についてお話してきましたが、今回は意志を深く掘り下げていきますので、7つのチャクラをつなぐエネルギーの中心柱である「自由意志と選択の法則」を深く掘り下げていくために、各チャクラを簡単にご紹介します。

7つのチャクラは虹の7色に対応しており、赤色は海底のチャクラで、「私にはここにいる権利がある」という地球とのつながりを象徴しています。 チャクラについての本はたくさん出回っていますが、チャクラの聖なる権利についての本はほとんどありません。そして、自由意志や選択の力についても学ぶことができます。 赤いチャクラは、母なる地球とつながる権利を象徴しています-私にはここにいる権利があります。

オレンジは水のエレメントにつながり、感情、感情、五感のすべての保存された情報がここにあります。

オレンジ色のこのチャクラ、生殖器のチャクラは、私の感じる権利、世界と自分の意識を感じる権利です。 自分の本当の内なる力を感じたいのであれば、ベリーダンスのように感情を水のように流すことで、自分の本当の力を感じることができます。 男性でも女性でも、エネルギーが水のように流れるように。 神聖な父は、この感じる能力を私たちに与えてくれました。

第3チャクラの太陽神経叢は、火のエレメントを象徴し、勇気のチャクラです。他の人のことを考えるチャクラでもあり、他の人は太陽神経叢から私たちを見ています。このチャクラは「行動」と関係があります。 私たちは幼い頃、親から「あれをしてはいけない」「これをしてはいけない」と教えられてきました。 なぜなら、これは自分の自由意志を忘れさせる外界のプログラミングです。

昨日コブラが言っていたのは、最初のレッスンは「過去に学んだことをすべて忘れなければならない」というところから始まりました。これはみぞおちに関係しています。 自分が本当に欲しいものを知るためには、太陽神経叢に戻って内なる自由意志を感じなければなりません。

選択の法則は、自由意志と、私たちの内なる火のエレメントである太陽神経叢に大きく関係しています。WILLは英語の助動詞です。 その名詞は意志を意味します。
私は自分の意志を使って何かをします。また、自分にはそれをする権利、行動する権利があることを理解するために意志を使います。

太陽神経叢をもっと自由にしたいのなら、他人の私たちへの依存や需要を遮断する必要があります。この種のエネルギーを最初に遮断する必要があります。綺麗にした後、太陽神経叢をハートに接続できるようになります。このエネルギーは、愛を意味するハートチャクラへと流れていきます。愛のエネルギーは空気のようで、どこでも、誰もが呼吸でき、空気は自由です。ハートチャクラの神聖な権利は、「私には愛される権利があり、私には愛する権利がある」ということです。

アセンションのプロセスに関して、私たちはアセンションの道で私たちの選択と選択を感じ、意識しなければなりません。そして、そのエネルギーは、声や創造性、表現のチャクラである喉のチャクラへと続いていきます。これはまた、私が誰であるか、私が誰であるかを表現する場所、私のアイデンティティを表現する場所、そして真実を語り、真実を表現することを表すチャクラでもあります。

つまり、このチャクラは、表現する権利、話す権利、自分の真実を話す権利を表しています。

このチャクラは声に関係しているので、私たちは歌う力も持っています。 これは、サンスクリット語で「I’AM」を意味します。

これは私たちの体の解放、体を解放するプロセスの一部でもあります。私たちの神聖な自由意志と選択を行使するためのチャクラの使用を理解してください。

これも、体を解放する、ということの一環です。 神聖な自己を行使するためのチャクラの使い方を理解しましょう。

上は藍色のチャクラであるサードアイです。神聖な権利は、私には真実を見る権利があり、異なる次元の異なる現実を見るための権利があるということです。サードアイのチャクラのエレメントは光を表しており、誰もが光とつながる権利を持っています。私たちの体は神聖なチャクラに従って造られているので、この目で世界を見るとき、私たちはこれらの神聖な権利に感謝するためにこれらの贈り物を体に感謝しなければなりません。

コブラはファーストコンタクトの話をしていました。本当のファーストコンタクトは、宇宙人との直接の接触ではなく、人間の目との最初の接触です。私には世界を見る権利があります。

クラウンチャクラです。クラウンチャクラは、真実や認識、知覚とのつながりにつながっています。ここでの権利とは、理解する権利、知る権利、自分の頭で考える権利であり、もう洗脳プログラムや教義に支配されることはありません。 私たちは他の人を経由することなく、クラウンチャクラを通して神聖なソースに直接つながることができます。 クラウンチャクラの聖なる権利は、私の知る権利、感じる権利です。

アセンションの重要な鍵は、自分自身の意識を持つことです。自分自身の意識なしではアセンションは不可能です。最初のステップは、自由意志を強化し、次に自分の生活条件を選択して生活を改善することです。次に、アセンションは、より無条件の愛を解放することを学び、すべてのチャクラを調整する必要があります。次に、アセンションは、完全に知る方法があるように、自分の意識を完全に開く必要があります。

アセンションはまた、私たちをますます聖なる光に開放し、真の聖なる光の杯になります。このステップを頻繁に実践することで、自分が何者であるかをより深く知ることができます。

「私は」 は 「私」 です。

次に、チャクラを調整するために古代のマントラを歌います。各サンスクリット語は各チャクラに対応します。私たちは、マントラのプロセスがアセンションへの道の一部であることを理解し、このマントラが私たちの自由意志を表現することを可能にします。

Om BU~OM BABAHA~ OM SVA~OM MA HA~ OM JA NA HA~ OM SA TENM~OM SAVDU~ OM DA BA HA

おかえりなさい。

アセンデッドマスターは「I AM」についての知識を伝えます。「I AM」は非常に強力な創造的な言葉であり、強力な聖なる光と結びついています。

アセンデッドマスターはこの言葉を 「I AM」 という大きな力を意味します。「I AM」という言葉の力とこの言葉の認識も、私たちのアセンションと非常に関係があります。多くの本が「I AM」という言葉の力について書いたり言及したりしています。この 「私」 という言葉だけで会議ができてしまうほどなので、今日は基本的な概念についてお話ししましょう。

「I AM」という言葉は、マスター・サンジェルマンが人類に伝えた知識です。 マスター・サンジェルマンは、バイオレット・フレームの管理人でもあります。 マスター・サンジェルマンは、ゴッドフリー・レイ・キングとその妻、ルイに「I AM」の知識を伝えました。 この夫妻はやがて悟りを開きました。 夫妻は、マスターとのコミュニケーションを記録した本を書きました。 「I AM」という言葉は、その強力なエネルギーのため、注意して使用する必要があります。 これはあなたに命と愛の力を与えてくれます。 人生が混乱しているなら、心を使って「私は光」と「私は愛」を選び、「私は」という言葉を使って、人や物の混乱にどう向き合うかを強調することができます。

もし「I AM」という言葉を使いたいのであれば、細心の注意を払って、敬意を持って使ってください。 今はエネルギーがとても強いので、一休みしたいです。

コブラ:cobraのコースを継続するために皆さんを歓迎します!昨日は時間が足りなかったので、昨日言いそびれたことを終わらせて、重要なことに移りましょう。 今日はファーストコンタクトについて詳しくお話しますが、コンタクトの進行についてもお話します。 ファーストコンタクトには様々な段階があり、これから積極的に活動していくことができます。 本当の意味での接触やコミュニケーションはイベント後に行われ、コミュニケーションがどんどん行われ、正式な公式のファーストコンタクトへとつながっていきます。

公式のファーストコンタクトとは、人間が異星人と正式な外交関係を結ぶこと、そして人間が代表者を派遣して他のポジティブな宇宙人と正式な外交関係を結ぶことを意味します。 公式なファーストコンタクトの場所として最も可能性が高いのは国連であり、それはおそらくイベント後から数ヶ月から1年後になるでしょう。 国連はカバールだと言う人もいますが、今の国連には良い人がたくさんいます。 国連はイベント終了後に改革され、変貌していくので、その心配ありません。

国連ビル前の芝生は、プレアデス人の宇宙船が着陸する場所となり、プレアデス人の代表者が登場して人間の外交団と接触し、完全な自治権に基づく相互協力と交流のための正式な条約や協定に署名することになります。

これが最初の公式な接触であり、人類の銀河連合への正式な統合の第一歩です。この時から、地球は銀河連合の中の一惑星を代表するようになりますが、これはイベント前には実現しません。 今の私たちは自律した種族ではなく、カバールによって抑圧され、支配されています。 地球は占領された惑星であり、まず解放され、自律した惑星として銀河連合に参加するための移行期間を経なければなりません。この段階に到達するまでには、いくつかの段階を経て接触が進みます。

イベント後の第一段階は「完全開示」です。 完全開示とは、昨日述べた情報と同じように、公の真実を主要メディアを通じて完全に公開することで、その情報が公開されると、人々は統合の段階に入ります。

その後、ポジティブな情報が公開されたり、不安な情報や不快な情報が公開されるため、この情報を消化するのに時間がかかります。これは、一部の人にとっては簡単で、一部の人にとってはより困難です。多くの情報が元の宗教的なプログラミングとは非常に異なるため、あまりにも多くの宗教的なプログラミングを受けた人々にとって結合するのは難しいでしょう。

恐怖に対処する人間の能力はかなり強いです。ただ、少しの時間と条件が必要で、人によっては精神的に壊れるほどの恐怖を感じることもあります。 多くの人にとっては受け入れられないことではなく、変化を喜ぶ人も多いでしょう。 人が統合された後は、成熟期といって、自分で成熟した判断をする自律した存在として銀河連合に参加できるようになります。独立したアイデンティティと自己成熟した決定を下します。

銀河法典には、すべての情報を無条件に受け取ることができるという条項があります。 だからこそ、ファーストコンタクトの前に大々的に公開することが必要なのであり、それは今、覚醒している人たちにとってはファーストコンタクトで重要な役割を果たし、イベント後は今、覚醒している人たちのほとんどがこの情報を最初に消化することになります。 十分に覚醒した人は、人類を代表して個人的なファーストコンタクトを行う最初の人です。

この情報を扱う精神的な準備ができている人は、個別の接触やコミュニケーションの対象となり、銀河連合は自由意志と特に銀河法典を尊重するので、個別の接触は私有地で行われます。

ですから、もしここに私有地を持っている人がいれば、自由意志でその土地を船の着陸地点にして、最初の個人的な接触ができるようにすることができるのです。 着陸地を寄付したり建設したりしてくれるこれらの人々を交換し、小型船は着陸地に着陸して、これらの私有地所有者とコミュニケーションをとることになる。

これらのオーナーは、友人が交流に参加してくれるなら、友人を招待することもできます。 前提条件として、土地の所有者がいなければなりません。 土地の所有者は着陸地の法的所有者であるため、土地の所有者が決定権を持っています。 地主がプレアデス人を上陸させていいと言えば、船は上陸できます。

イベント後、カバールはこれらのことを止めることができません。 プレアデス人が人々と接触してコミュニケーションをとり、その人々が接触体験をメディアで紹介し、その数はどんどん増えていきます。 これは、宇宙人の存在を受け入れるための準備でもあります。 最初のコンタクトやコミュニケーションはプレアデス人となるでしょう。プレアデス人は外見も心理も人間に最も近いので、カルチャーショックはそれほど大きくないでしょうし、プレアデス人の体にはポジティブなエネルギーがたくさんあるので、人々はとても親近感を持つでしょう。

実際、私たちはすでにこれらのプログラムを手配しており、世界規模で手配しています。 接触したい土地所有者がいる場合、自由な意思で土地を提供することを決め、着地するための機が熟していくのです。 平坦な土地を希望する小型船は、イベント終了後にその土地への着地を許可するかどうかを自由意志で選択しなければなりません。 平らな私有地(サイズ:30x30m)を持っていて交流に提供したい人は、その場でメールで手紙を送ることができます。また、自分の土地を船の着陸帯にしたいと思っている土地所有者がいたら、英語か中国語でCOBRAに連絡してください。

惑星間交換領域プログラムについては、ウェブサイトをご参照ください。

着陸帯について質問することができます

参加者:私たちはコミュニティです。広い空き地(サッカー場ほどの広さ)があります。大丈夫ですか?コミュニティオーナーの土地です。

コブラ:いいえ。 土地の名義はその人にしかできないので、その人が自分の自由意志で決めればいいのです。 全員が同意していれば問題ありませんが、物件登録者の名前全員が同意している場合にのみ問題ありません。

参加者:私は約30X100メートルの土地を持っています、土地に木があります、イベント後に処理が必要ですか、それとも今それをしますか?

コブラ:今は解決できます。 (メートル法)

参加者:国有地を賃貸契約で借りることは可能ですか?

コブラ:中国には私有財産権がありません、私が帰って聞いてみます。

参加者:オーナーの精神レベルはどの程度必要ですか?

コブラ:土地の所有者が自分の自由意志で決めればいいです。

このようなプレアデス人とのコミュニケーション(写真)は、非常に鮮明な体験であり、とても強烈なものになるでしょう。 コミュニケーション担当者も言語訓練を受けているので、言葉の壁はありません。

コンタクトや交流の経験がある人は、マスメディア(写真)に出て、自分の体験を発表し、その数は飛躍的に増えていくのです。 そうすると、どんどんコンタクトエリアが増えて、たくさんの宇宙船が着陸して、やがてこんな光景が見られるようになります。

しばらくすると、このようなニュースが起こります(写真)。 中国、ロシア、ブラジル、インド、南アフリカに宇宙船が着陸したというニュースが流れ、世界のリーダーたちがヒューマノイド型の宇宙人を歓迎します。 (東方連合)

BRIC諸国はすでに連絡の準備をしています。もちろん、台湾にもあります。

光の共同体

イベント後は、光のコミュニティを形成し始めます。 光のコミュニティとは?光の共同体とは、共同体の一種で、人々が生活する共同体のことです。 これらのコミュニティは、聖なる光の教えとさまざまな霊的法則に基づいており、神聖幾何学の原則に従って、真の霊的知識に基づいて建設され、高度な技術に支えられています。

このようなコミュニティは、イベント後に形成され始め、地球上で最も意識の高い人々がこれらのコミュニティを作り始めるでしょう。イベント後には、アルコンは排除され、プラズマ技術は消滅し、コミュニティ内での争いはほとんどなくなるからです。 コミュニティでの対立。 今では、人為的に作られた精神的な共同体が失敗したことを誰もが知っています。その理由は、人々の間に対立や矛盾があるからです。意図的に構築された少数の共同体だけが成功しました。

スコットランドには1つのコミュニティがあります。 世界で意図的に作られた共同体のうち、約80〜90%はアルコンの干渉で失敗しています。 これらのシーンは、イベント後では異なります。 コミュニティに参加している人々は、お互いを理解し、正しい相互作用とコミュニケーションの方法を使用でき、霊的な法則に基づいて人々と相互作用することは非常に簡単で、干渉がなく、闇の勢力による被害もありません。

光の共同体は、ファーストコンタクトの時にとても繁栄します。「 光の共同体」の住人は、アセンションの知識を受け取ることになります。「光の共同体」については、まだまだ語るべきことがありますが、ほとんどの人はまだ準備ができていません。「 光の共同体」は、おそらく会議全体で話ができるようになるでしょう。時間が成熟すればもっと多くの情報が得られるでしょう。

女神の聖域の多くは、何千年もの間閉ざされていたものが再開されます。 地球上のあちこちにある聖なる洞窟は、実は女神の聖域であり、地表では誰かがこれらの洞窟を守っています。一部の洞窟は、アガルタ文明の守護者によって守られ、後にこれらの聖域は人々に開放されることになります。

質疑応答

参加者:私の友人の中には、コブラを盲目的に崇拝している人がいて、広報への理解が不十分なため、一部の人に誤解を与え、イベントの広報に悪影響を与えているようです。

コブラ:私は、皆さんに自由意志を持っていただくことを提案します。私は人間であり、間違いを犯します。 間違いはそれほど多くありませんが、間違いは避けられません。 私がミスをした場合、他人に私のようなミスをさせたくないです。誰もが経験から学び、自分の自由意志を使ってくれることを願っています。これは自分の成長に対する責任です。私たちは一緒に良い環境を作っていきたいと思います。

参加者:個人の野菜畑に接触に使用してもいいですか、それともコンクリートでなければならないのでしょうか?

コブラ:どちらでも良いです。土地が大きい農地でも、土でもいいです。

参加者:レプティリアンは自分がレプティリアンであることを知らないので、自分が爬虫類であるかどうかを知るにはどうしたらいいですか?

コブラ:ここにいる人は誰もレプティリアンではありません。

参加者:「光の共同体」の問題があると言いましたが、私たちが住んでいる家と古い家はなぜパワースポットに合わないのでしょうか、また、今後の家はどのように処理され、取引されるのでしょうか、という質問がありました。

コブラ:教育に関する多くの新情報が大公開によって起こりますし、光の地域では新しい教育が行われます。

参加者:中国の指導者はプーチンのように勇敢になることができるのでしょうか?

コブラ:中国の指導者は、光の勢力によって間接的に導かれています。

参加者:ヒーリングセンターとインフォメーションセンターの建設に支援はありますか?イベント後、光の勢力は支援を提供しますか?

コブラ:あらゆる分野で技術や支援が行われるでしょう。

参加者:アジアに住む外国人は、政府から借りることしかできませんが、長期的な土地使用権のない地域をコミュニティにするにはどうすればよいですか?

コブラ:この問題については、帰ってからもう一度光の勢力に相談してみます。

Patrick : 土地の私有権を認めない国では、私有コンタクトゾーンはどのようにして確保すべきでしょうか。

訳注:中国などの社会主義国では、土地は国家全体が所有するもので、私有は認められていません。土地の売買で実際にやり取りされているのは土地の使用権です。

Cobra : それらの国では、他国と同様に決断して頂いて、土地を提供することが出来ます。というのは、イベントの後になれば、これらの土地制度はすべて再構築されるからです。現時点では土地の合法的な所有者ではなくても、それがイベント後に変わります。

2017/01/20 国際黄金時代グループのコブラ・インタビューから抜粋

参加者:トーションフィールド、スカラー波、量子もつれの関係はなんですか?

コブラ:トーションフィールドは、スピリチュアリティと初期異常との相互作用によって形成される幾何学的構造です。量子…は、異常な時空構造にそれ自体を投影する神聖なソースです。スカラー波は、情報が時空の泡で伝達される方法です。神聖なソースのエネルギーを初期異常の中に注入し、その後彼らは量子….を利用し、相互作用の方法はスカラー波と通信することです。

参加者: 夢を見たときに明晰さを感じ、目が覚めたら、夢を覚えなければなりません。なぜ目が覚めたら、夢を忘れるのでしょうか?

コブラ:ネガティブプラズマ技術のため、目覚めたときには記憶がすり減っています。

知らない人のために説明すると、これは私のブログであり、レジスタンスムーブメントの公式窓口です。

http://2012portal.blogspot.com

このURLを書いていいとは知りませんでした。(2012 portal)

参加者:私たちは今、Ubentu(原文:烏本圖)の社会的形態を促進する必要がありますか?

コブラ:できると思うなら、もちろんそれは良いことです。

参加者:人道支援基金はどのようにしてすべての国に公平に分配されますか?

コブラ:イベント後、資金は世界政府と各国に分配されます。

参加者:昨年、金の方が安いとみんなに言いましたが、今は金の値段が上がっています。大量の金を買うことはイベントの助けになるでしょうか?

コブラ:100万人の人に同じことをしてもらう方法があれば、それは素晴らしいことです。 中国が一人当たり1オンスの金を購入することを想像すると、13億オンスになります。

参加者:中国の歴史には、東洋は人類の希望であるという伝説や予言がたくさんありますが、これらの予言は本当ですか?人類の希望は東洋にあると信じられていますか?

コブラ:これは本当です。

参加者:しかし、大陸は二元性の問題をますます深刻にしており、中国は刑務所の中の刑務所です。

Cobra:現在は最終戦の最中で、カバールの根源は西側にあり、もし誰かが本当に文句を言いたいなら、アメリカのカバールを訴えてください。

参加者:ケッシュに興味があります。彼はあらゆる種類の興味ある製品を開発していますが、一部の人は…..の装置を作っています。様々な宇宙人や天使などの存在と交信できる装置を作っている人もいます。サイキックデバイスに対するコブラの意見を知りたいです

コブラ:彼が実際にチャネリングしているところを見たことはありますか?

参加者:私も感じたことがあります。 宇宙船とつながった人もいると聞いたことがあります。

コブラ:本当に効果があるのですか?

参加者:本人はその装置で …… エネルギーを増幅させていました。 便利ですね。 船だけでなく、他のエネルギーにもつながることができます。 これがマイナスのストレージにつながるかどうかはわかりません。

コブラ:見てみないとわかりません。

さて、プロモーションのテクニックですが、その前にもう一度強調しておきたいのは、その場にいる人が部屋の写真を撮ると、すぐにFacebookが自動的に場所を把握するということです。 我々は内部の写真を一切撮らないという秘密保持契約を結んでいますが、これらのカバールグループの数が私たちの居場所を知っている限り、一部の神聖なオブジェクトはFacebookにアップロードできません。これらをFacebookにアップロードすると、 Facebookの所有物になります。ですから、繰り返しになりますが、写真を撮った方はすぐに削除してください。

いくつかのアセンションテクニックについて話しましょう。今私たちが見ているのは女神の渦です(写真)

これは、あらゆるスピリットと物質が通じ合う原理であり、物質は非常に密度の高いスピリチュアリティです。 スピリチュアリティは非常に高い周波数の物質です。 スピリチュアリティと物質は表裏一体です。 このような構造は、私たちが見ているトーションフィールドと同じです。 トーションフィールドは、スピリチュアリティと物質の構造である。 回転した状態では、トーションフィールドができます。 この2つが交差するポイント、2つの中間地点を「変換反転渦」と呼びます。

変換ポータルは、物質をスピリチュアリティに、スピリチュアリティを物質に変化させるために2つが交換するポータルです。 これが、物質を具現化させる秘訣であり、「物質チェンバー」の仕組みでもあります。高次元のスピリチュアリティを、「変換・反転ポータル」を使って物質に変換しているのです。 変形-反転ポータルに精通している人は、何もないところから物を作り出すことができます。

変換反転ポータルを開くことができれば、何百キロもの母船を変形させることができます。 昨日、重力の図を見ましたが、重力は変換ポータルの中央に集まります。変換ポータルを開くと、精神的なスピリチュアル・エネルギーを物質に変換することができ、逆に変換ポータルを開くと、物質を精神に変換することができます。アセンションとは、変容ポータルを開くことを意味します。体のすべてがスピリチュアリティに変身します。

アセンデッドビーイングは変換のポータルに通じるものがあります。そのため、アセンデッドビーイングの基本的なスキルは、霊的なエネルギーを物質に変換し、物質は霊的なエネルギーに変換することができます。

あるレベルでは、精神的な感情が物質に変換されることもあります。 アセンションするときには、他の物質や感情を自分の体に引き込みます。 人体のハートチャクラは、変容-内在化の渦です。 これは人間の体の中だけでなく(図)、…… 宇宙の法則、これは私たちの体のエネルギーフィールドです(図

外側のトーションフィールドは、私たちのオーラです。真ん中のチャクラは7つのチャクラがあります。7つのチャクラは、上と下のチャクラには2つのポイントがあり、2つは変換ボルテックスのポイントで、ハートチャクラは変換ボルテックスとポータルのポイントです。 これは中央のハートチャクラであり、変容のポータルへの入り口です。 ハートチャクラが100%解放されると、その人はアセンションの状態に達しています。

自然界にはさまざまな種類のトーションフィールドパターンが見られ、私たちの体には神聖な幾何学模様があります。地球全体(写真)、私たちの耳、ひまわり、銀河、どこでも、ほとんどどこでも。

このタイプの変換ボルテックスは、船の技術としては最も潜在的に強力な船の推進技術です。これらの非サイキックな種族は、変換ボルテックスを使って船を直接変形させ、船の周りにエネルギー・フィールドを作るために意志を用います。プレアデス人もアシュターも、ジョイスティックを使わずに意識で船を操作します。

この種の宇宙船を運転したい場合は、100%集中できるように訓練する必要があります。また、注意を怠ると宇宙船が走り回ってしまうため、心と精神を使って宇宙船を運転する必要があります。 したがって、宇宙船をコントロールするには、水のような精神状態に訓練する必要があります。この状態は無敵であり、闇の勢力はこの宇宙船を操作できません。

転換ボルテックスは、人間の光体の動作原理であり、人間の光体をよく表したダイヤモンドボディと呼ばれる所以です(写真)。

これが変換反転のボルテックス、これがトーションフィールドです(写真

宇宙全体がこのようなトーションフィールドであり、私たちは外界を、トーションフィールドを通して3次元の物理世界に投影された4次元の世界として見ています。 これが私たちの種の未来です(写真) スイッチを押してポータルを開きます。

イベント後、世界各地ではテレポーテーションネットワークの構築が始まり、世界中にテレポーテーションステーションやコンタクトポイントがあり、世界各地の大都市では大規模なテレポーテーションステーションが使用され、小さな地域ではテレポーテーションネットワークが使用されています。仮に今このホテルに100のテレポーテーションチェンバーがあったとすると、そのままテレポーテーションチェンバーに入ってすぐチェンマイ空港に到着し,チェンマイ空港からテレポーテーションチェンバーに乗ってバンコク空港に直行することになるでしょう。

ロシアを経由してモスクワまでテレポートするには時間がかかります。テレポーテーションチェンバーは一回のテレポートに約20秒かかり、テレポーションゲートまでの道のりはチェンマイからモスクワまで2分しかかかりません。イベント後の旅行は非常に早くなります。もしとても怠けている人がいた場合は直接テレポーテーションチェンバーで別の部屋に送ることもできます。

アイテムレプリケーター(写真)は、様々なアイテムを具現化・生成することができます。 第1世代のアイテムレプリケーターは比較的扱いにくく、古いバージョンではさまざまな分子の粉を入れる必要がありました。。基本的には、炭素、水素、酸素などのさまざまな要素を前のバージョンのレプリケーターに入れる必要があり、それらの要素をその中に配置して作成することができます。

現代版のレプリケーターは、エーテル物質から直接すべてを複製するというもので、基本的にこの複製で出てくる料理は、自分で作った料理よりも美味しくないことがあります。 これは物質の形をコピーしているだけで、物質自体のエネルギーフィールドはコピーしていません。 プレアデスのアイテムレプリケーターは、アイテムのエネルギーフィールドを複製することができますが、それでもいくつかの小さな問題があります。

地表の世界ではこれをレプリケーターと呼んでいますが、他の場所ではプリンターと呼ばれています。秘密宇宙プログラムではプリンターと呼ばれていますが、秘密宇宙プログラムの人たちは、食べ物をプリントしに行くというので食事をするのが恥ずかしかったりします。レジスタンスムーブメントは物質生成室と呼ばれ、これらの技術は間もなく登場する。レジスタンスはこれを「物質生産チェンバー」と呼んでいますが、これらの技術はすぐに利用できるようになります。

そして、超出力フリーエネルギー(写真)。

現在、フリーエネルギーがまだ利用できないのは、技術的な問題や人間の影響要因で、カバールの存在です。カバールは地表の人々に自由エネルギー技術を持たせたくありません。 カバールはフリーエネルギー技術を抑制するために2つのことを行います。誰かが実用的な自由エネルギーの試作品を発明した場合、カバールはそれを購入しようとします。

以前、フリーエネルギーの生産に成功したある発明者と話したことがあります。交渉の際に惜しみなく機械の大量生産を約束してもらいました。しかしその後、彼はカバールが彼の発明に対して5億ドルを提示したことを話してくれました。それがフリーエネルギーを大量生産できない理由の1つです。カバールがその人の機会を買えなかった場合、機械を破壊するために妨害工作をするでしょう。

大学にフリーエネルギーの研究者がいて、フリーエネルギーの機械を作って大学の教員や学生に見せました。翌日、仕事に戻ろうとしたら、仕事をクビになってしまったそうです。 解雇された男は、自分の貯金を使ってフリーエネルギーマシンを作り、次の日の午後には友人たちと祝賀会に出かけ、家に戻るとすべてがなくなっていて、家も破壊されていました。これは非常に一般的な例です。

また、フリーエネルギー技術を持っていると言われていた人が、ミーティングの場所に車で来て、何の理由もなく事故を起こしてしまいました。 彼は無事でしたが、彼の車は破壊されてしまいました。 この種の奇妙なことは、通常、自由エネルギー装置が手元にある場合に発生します。。。 これが1つ目の要因です。

2つ目の要因は、人間の心理です。 一攫千金を狙っている人もいるので、心のバランスが崩れています。この種の考え方は、自由エネルギーを適用するために使用することはできません。 また、フリーエネルギーマシンを公開する前に、20万ドルを支払うと言う人もいます。

もし、効果のあるフリーエネルギーの機械を知っていたら、私に連絡してください。彼はそれを大量生産する人を見つけます。 フリーエネルギーを発明した人を知っていますが、彼の車にはフリーエネルギーの機械が搭載されていて、どこへ行くにも燃料を補給せずに運転できるのです。

彼は、量産性や技術の開示を望まず、ただ単に自分の車に取り付けて満足するまで運転したいと考えていました。この研究開発が20年間成功しているので、彼は20年間車を満タンにしていないのです。

空飛ぶ車(写真)はまだ非常に高価ですが、すでに中国では発売されており、GPSナビゲーションが内蔵されているので、目的地をタッチすれば目的の場所にたどり着くことができます。 将来、音楽業界では様々な改善が行われるでしょう。 現在の音楽業界では、間違った周波数が使われており、現在の音楽の周波数は洗脳やマインドコントロールに使われています。現代の音楽はできるだけ聴かないことをお勧めします 現代のポップミュージックの歌詞は、ほとんどがとてもひどいものです。

これが私たちの惑星の未来(写真)です。これは中国語版です。これは人間と自然の完全な共存です。これは私たちのファーストコンタクト後の未来です(写真)。これは私たちがこれから歓迎する未来です。銀河系の時代を迎えようとしています。

私たちは銀河同盟に受け入れられ、宇宙を探検するようになります。 宇宙のあらゆる場所に宇宙船で旅をして、すべての宇宙人種と出会い、制限なく全宇宙を探検できるようになるのです(写真)。

例えば、レジスタンスは太陽系の端に飛んでプレアデス人と会うことが多いのですが、3年前に文化交流会議を開催しました。レジスタンスは銀河中のさまざまな種族と会いますが、中にはヒューマノイドとは思えないような、かなり奇妙な姿をした種族もいて、レジスタンスはかなりの衝撃を受けています。人々が適応するにはかなりの時間が必要で、今後もいろいろなことを探求していきたいと思っています。

アイアムプレゼンス(I am Presence

「I am Presence」の力は言葉では説明できないので、「I am Presence」の力をより深く理解するための瞑想を行うことにします。 元気が出るような瞑想になるでしょう。 これは、最終段階に向けての準備でもあります。

光のエネルギー機器の紹介

A:

光のエネルギー機器を見たことがない人がいたら、この機械の原理を簡単に説明します。この機械はライトマンダラレーザーエネルギー装置と言い、非常に広く使われていますが、光を使用しています。

レーザーには、幾何学的模様を放出することができる特定の波長があり、これらの幾何学的模様は、クリスタルに入ると光のフィールドを形成します。光のフィールドは、体、精神、地球、地質学、人、物に関連するすべてのものと相互作用します。宇宙に、そして神聖なソースとさえ相互作用します。

この光のエネルギー機器は、心、体、精神、感情、地球、宇宙のデータベースであり、もう一つのプログラムは、マンダラスキャンで、自分の体に欠けている周波数を見つけ出し、その欠けている周波数をリストアップして補充し、体を健康な状態に戻すことができます。もし興味があれば、来週の火曜日にでも会社を訪ねてみてください。

質疑応答

参加者:参加者:一つだけ気になります。繁栄基金があるのはいいのですが、インフレも気になります。みんなが繁栄基金を受け取るとインフレになりますか?

コブラ:インフレーションは人為的なもので、中世初期にはインフレーションなど存在しませんでした。 100年で10%しか増加しませんでした。現在の金融システムはインフレの影響を受けます。お金がありすぎて、繁栄基金が出た後にインフレになるのが心配するという人は、金を買ってもいいと思います。

参加者:イベント後、人類の教育はどうなるのでしょうか?

コブラ:イベント後の教育システムは、現在の教育システムよりもはるかに優れたものになるでしょう。イベント後、教育制度は大きく変化します。

会議の続き

それでは、本土でチンターマニが埋設されている場所について話しましょう。

紫禁城。紫禁城自体は母船を反映したもので、皇帝のいる太和殿、陽心殿にできるだけ多くのチンターマニを置くことができます。

古都揚州、成都の中心地、蘇州の中心地、チベットのシガツェ市の中心地、西安のピラミッドの任意の場所。崑崙山脈の崑崙古代都市の任意の場所。洛陽龍門石窟、上海の真ん中に1つ、香港に一つ、マカオに一つ。モンゴル、ロプノールは湖付近に埋められ、瀋陽市は真ん中に埋められています。

ポジティブな法令(原文:諭令)

アイシス・アスタラ

朝、私は「I Am Presence」と言い続けました。私たちのエネルギーの柱は非常に重要です。 正式なオープニングとクロージングのやり方を例を挙げて説明します。パワフルな「I AM Presence」の宣言を使うたびに、宣言するときには、1日3回、次のように唱えます。愛に満ちたパワフルな「I AM Presence」の力を持って、次のように宣言し、命じます。「すべてのネガティブなものは、私の人生から、私が愛するものから、この瞬間から、そのまま永遠に離れていきます」。 このコマンドを3回繰り返します。


初めはいつも:私は自分の尊敬と愛の名の下に私が存在していることを誓います。 私は宣言し、私が望むようにすべての豊かさを私の人生に取り入れるように命じます、祈りの通りに宣言します。

ポジティブな宣言をするときは、愛するパワフルなI AMの名のもとに明らかにし、次の宣言をするときは、最後に「すべてがそのまま完遂する」と誠意をもって祈ります。これを3回繰り返すと、神聖な力がとても強くなります。

アイ・アム・プレゼンスの宣言の力は本当に強力なので、ポジティブな神聖な目的のためにのみ使うことができます。利己的な目的ではなく、名声のために使うことができます。ある人がこのことを完全に無視して、「私は最愛で強力なアイ・アム・プレゼンスの名のもとに啓示された」と宣言し、「私にフェラーリを1台持っているように」と命令するとしたら、それは実はとても利己的なことです。

あなたが豊かになりたいのなら、私は私を賞賛し、愛し、強くなるという名目で誓います。私は豊かさと幸せが必要です。 約束通り、アーメン、すべてがそのままです。 宇宙は私たちのためにすべてを手配します。

宇宙意識、銀河意識、あるいは女神意識、あるいはこの世界の万物の創造を体験すると、すべてが螺旋状につながっています。 私たちの体の胎児は幾何学的な螺旋を描いていますし、生活の中の多くの日用品にもフィボナッチの螺旋がたくさんあります。 女神の存在を体験した最初の頃は、女神の螺旋状の意識と銀河のシルバーハートを体験していました。 今、地球に来ているスパイラル意識は、シルバーハートからのスパイラル意識であり、この銀河のスパイラル意識が戻ってくることは、女神の帰還でもあります。

私のワークショップで何度も言及しましたが、今日初めての皆さんに再説明しましょう。 それまでに私の時間の感覚は日に日に変化していたのですが、それがどんどん変化していき、2011年を境にいろいろなことが加速していき、今に至っています。

2011年以前、時間の知覚は直線的であるため、それ以前の時間の知覚は、過去、現在、未来でした。この新しいエネルギーが地球にやってくると、基本的に過去であるかどうかにかかわらず、時間は今永遠であると感じ始めます。現在と未来はすべて現在に集まっているので、このスパイラル意識は常にあなたに現在に生きるように促します、そして多くのアセンデッドマスターと霊的なマスターも私たちに現在に生きることを教えます。

今、銀河からのエネルギーが、今この瞬間に生きていることを感じるように、あなたを促したり、あるいはそれに似た力を与えてくれるでしょう。12年前、私は女神の存在、女神の帰還の存在を経験し始めました。その時、私はダンスを始めました。女神のダンスと呼ばれるダンスで、私がダンスをすると、女神のボルテックスも生まれます。 踊っているときは、創造するだけでなく、過去も未来も感じていて、すべてが今この瞬間にあります。これが、女神のスパイラルの変容力です。この女神のスパイラルのエネルギーは、内面の非常に深いところに入り込み、ネガティブな感情を変容させます。

私たちの銀河系はスパイラルであり、銀河系の永遠であり、銀河系間の兄弟姉妹はスパイラルであり、着陸できる女神の渦のポイントを必要としています。私の使命は、彼らの船が着陸できる女神の渦を世界中に作ることです。 古代世界の最大の謎は、女神を自分の体内に住まわせることでした。 女性高僧はこの謎を学ぶために悟りを開いたのですが、銀河の予言では、時の終わりと女神の復活のエネルギーが語られています。 私たちには今、共通の機会があります。私たち一人ひとりが、私たちの未来である女神と大いなる愛のスパイラル・エネルギーを運ぶ光の聖杯となるために、集まっているのです。これが私たちの未来です。

これが私たちの正しい意識への道であり、これによって私たちは銀河系ファミリーと一つになることができるのです。

それでは、女神の存在について話しましょう。母なる地球は、女神の神聖なプレゼンスであり、私たちは過去、現在、未来において、さまざまな方法で母なる地球に触れ、そのプレゼンスを受け取ってきました。昔は歌を歌ったり瞑想をしたりするだけで、神や女神、神聖なるプレゼンスを簡単につながることができた人もいました。続いてそうすると、人によってはもっと身体を動かす必要があります。私のようにダンスをしたり、歌を歌ったりしてマントラを唱えます。

女神の存在を感じることは、自分を感じて受け入れることです。今朝申し上げたように、私たち一人一人が神聖な女性のエネルギーと神聖な男性のエネルギーの一部を持っています。女性の部分は受容と受け取りの部分であり、男性の部分は与えること、受け入れて与えることです。

この2つは、エネルギーレベルでも同様に重要です。 このように考えると、私たちは手から受け取って、体のエネルギー構造であるハートから外に出ていくことになります。 受け入れることと与えること、この2つは全く違います。 捕食と排除、この2つは受容と与えることとは関係がなく、捕食と排除は愛とは関係がなく、被害者ストーリーの表現です。

女神の存在を受け入れて光の聖杯になりたいのなら、受け入れて与えることを学ぶ必要があります。これら2つのエネルギーのバランスをとる必要があります。与える量が多すぎて受け入れる量が少なすぎると、体のバランスが崩れ、与えすぎると与えないことも不均衡になります。心から受け入れて与えることは非常に重要です。

私たちは、受け入れたり与えたりするときに8を描きますが、8という数字は、裏を返せば無限や永遠を象徴しています。 神と女神に近づくためには、心から手を差し伸べなければなりません。神の父の中にいる神の母です。 これは三位一体の一部であり、ヴィシカパイシスのポータルからスタートすることで、神なる母と父を見つけることができます。

ですから、私たちは降伏と謙遜さによってのみ神と女神とつながることができます。私たちは、歌う、瞑想する、横になるなど、謙虚で純粋な心を使って、父と母の神とつながります。 神聖な女性のエネルギー、エネルギーだけでなく私たちの体の純粋な神性と神聖さを受け入れ、私たちは自分の体を認識します。彼女(体)は私たちの神殿であり、体は神殿であり、私たちは体が聖なるものであると信じなければなりません。

あなたが自分自身、あなたの人生、そして他の存在を受け入れるとき、あなたの聖なる心を使ってあなた自身や他の人生を受け入れるとき、あなた自身の人生は聖なるものになり、あなたが何かをするときあなたは非常に強力になります。それが仕事であろうとスピーチであろうと、内なる神聖さから何かをすることは奇跡を起こすでしょう。

女神の光は、心を輝かせ、平和と女神の静かな祝福を毎日与えてくれます。 今では多くの人が、私たちの人生は聖なるものであり、祝福すべきものであると考え、古代のように多くのグループが火を囲んでお祝いするようになりました。

火は地表の聖なる光を体現するものであり、火は聖なる光を表し、光のイメージは火であり、火には変換の力があり、火は物事を浄化することができ、また、火は私たちに暖かさを与えてくれますが、火は破壊や荒廃に使われることがあるので、火を使うときには細心の注意を払わなければなりません。 また、私たちの惑星の創造は、火のエレメントが海のチャクラに、水のエレメントがマニプラチャクラ(第三チャクラ)に、火が太陽神経叢につながっていて、私たちの自由意志を表しています。 それぞれのチャクラのバランスが取れていなければなりませんが、特に意識の中心である第3チャクラのバランスが取れていなければなりません。 みぞおちの火が強すぎると、攻撃的・積極的になり、小さな内なる火が爆発してしまいます。

十分な火のエレメントがない場合、それはネガティブになる可能性があります。各チャクラはバランスをとる必要があり、ハートのチャクラは風のエレメントに接続され、上がるとエーテルになり、クラウンチャクラはエーテルに接続されます。我々星間兄弟には宇宙のもの、5つのエレメントが必要不可欠です。地球上で生きていくにはこの5つのエレメントが必要です。今空気がなければ生きられません。水がなければ生きられません。大地がなければ立っていることもできません。火がなければものを煮ることもできません。

古代の人々は、内なる五つのエレメントと外なる五つのエレメントの重要性を認識しており、特定の儀式でこれらの五行を祝っていました。 私たちは、チャクラのバランスをうまくとり、各チャクラのバランスの状態、各チャクラ間の関係のバランスを観察しなければなりません。 中国の文化は、バランスについて多くのことを語っています。

古代では、女性たちが集まっていました。、母の会、姉妹会などの女性の集まりのことです。 初期には、女神イシス、マート、セクメトなど、神聖な女性たちが集まって「女神たちの母なる姉妹」として姉妹関係を築いていました。

そのようなコミュニティやグループの一員であるということはどういうことでしょうか? そのような組織に入れば、他のメンバーに力を与えることができ、互いに支え合い、応援し合い、力を与えることができます。 同じ目標と理想を持って、共に前進していきましょう。 彼らは同じ目標、つまりスピリチュアルな問題に光と愛をもたらすという目標を共有しており、マザーシスターフッドは、全員が平等で、全員が等しく重要であり、全員がマンダラの完全な統一性の重要な一部であるような神聖な輪の中で会合します。

私たちがマザーシスターフッドの意識を知ると、マザーシスターフッドの創設原則が戻り始めます。これらの人々は無条件の内なるガイダンスに導かれており、このグループの一人一人が自分のセルフにつながっており、自由意志を自覚しています。

彼らは心で行動を導き、助けを必要としている一人の人から指示を受ければ、他のメンバーはその人をサポートし、次に別のメンバーがメッセージを受ければ、他のメンバーは一丸となってその人を祝福しサポートします。本来の姉妹関係には競争はありません。
女神が存在すること、自分が光の聖杯であること、自分の本当の姿を知っていれば、他人と競争する必要も、他人に嫉妬する必要も、他人と自分を比較する必要もなく、ただ、誰もが無条件の愛を求めているのです。

誰もがお互いを尊敬し、尊重し、支え合う、これが新しい社会のモデルです。 女性が女性を、男性が男性を、男性が女性を、女性が男性を、そして地域のみんながエゴなく支え合う。 この自由意志、一人一人の相手に対する選択、一人一人が「私は私である」ことを知っている。 グループから個人まで、組織の全員がスピリットを物質にもたらします。 ですから、ある日、地球上で新しい社会的現実になります。 ある日、地球で私たちの現実となります。


彼女は偉大な母親であり、偉大な姉妹でもあります (画像)。 私にとっては母であり、姉妹でもあります。天空の女神ヌトの娘であり、天の川の娘でもあります。太陽と月の女神でもあり、そして彼女は女神イシスです。王座の王冠を持つ彼女には翼があり、翼は内なる渦を表し、自由を表し、光の天使の存在になることをを表しています。

2匹のヘビがイシスの女神、つまりクンダリーニのエネルギーを取り囲んでいます。私たちの意識は古代インドの経典にある、左手は女性的な蛇であるイーダ、右手は男性的な蛇であるピンジャラ、真ん中には7つのチャクラがあり、真ん中にはシュムナーと呼ばれる3番目の蛇がいます。 イダとピンジャラという2匹の蛇は、このようにエネルギーセンターを中心に、螺旋状に上へと移動していきます。これは、私が踊るときに女神の存在を感じるように、女神の存在を体験する方法です。 では、ちょっとしたダンスをしてお見せしましょう。

エネルギーが強すぎて少ししか踊れませんが、女神イシスがすでに聖杯を用意してくれていますので、 少し休憩して、最終ステージに備えましょう。 この場所を静かで穏やかな空間にしておきましょう。

女神のエネルギーは従順になるだけで、体はとても柔らかくなります。 女神のエネルギーが私たちの体のあらゆる面を溶かし、私たちは体のあらゆる面で柔らかくなるのを感じることができます。女神のエネルギーをコントロールするのに頭を使いすぎると、頭痛を感じるかもしれません。感情をコントロールしたいのなら、腹痛を感じ、みぞおちに違和感があったりします。 明日はよく寝て、エネルギーを体に入れて、私たちの体、精神、魂のすべての側面を統合するようにしましょう。

回路図

儀式が始まる前に、私の法器である「アンク(生命の象徴)」をご紹介します。 アンクの形は光の柱のようで、人のようにも見えます。 アンクの上にある頭が女性の子宮、下にあるのが男性の陰茎です。 アンクは、男性と女性のエネルギーの結合を象徴しています。 アンクのトップは、女性の体のように、スピリットを物理的な世界にもたらします。

薔薇の姉妹団と結成した母姉妹団(母姊會裡面會)は、アンクを使って、スピリット、頭の上のポータル、そして神の息吹をこの現実にもたらします。 いわゆる「光の聖杯」は、それ自体が変容と内なるボルテックスであり、今日は一緒に聖杯を形成し、アイシスアスタラが女神イシスを体内に招き入れ、彼女はあらゆる方向に生命の息吹をもたらし、そして天と地を形成します。

アンカを使用して、精神性、頭の上部ポータル、そして神の息吹をこの現実の世界に吹き込みます。いわゆる光の聖杯自体も変容と内面化の渦であり、今日私たちは一緒に聖杯を形成します。ISISの先生は女神イシスを彼女の体に招待し、彼女はあらゆる方向に生命の息吹をもたらし、そして天と地を形成します。

次は物を祝福する方法をお教えします。アンクは何度も祝福される必要があり、5つのエレメントで祝福される必要があります。このアンクは先生の個人的な法器です。私はアンクを水エネルギーで祝福し、このアンクを火のエネルギーで浄化してアンクに力を与え、地の力を使ってアンクに力を与え、風のエレメントを使ってアンクを祝福します。私はアンクを神聖なエーテルで祝福し、5つのエレメントの力によって強力な法器を形成します。

私たちが成功しているのは、お互いのおかげです、皆さんありがとうございます。

私たちは成功するために力を注いでいます、ジェダイに感謝します、ありがとう。

私たちをここに連れてきてくれたジェダイに感謝し、グループに感謝し、ここに集まってくれた皆さんに感謝し、中には知らない人もいますが、皆さんの努力に感謝しています。

宿探しを手伝ってくれたAさんに感謝。 彼は素晴らしいライトワーカーです。

コブラに感謝します。彼は本当に一生懸命働きました。

ここにいる皆さんに感謝します。

スイスの友人たちに感謝します。

ホワイトドラゴンの保護とサポートに感謝します。彼らは私たちの会議をスムーズに進めました。

コブラ:私も皆さんに感謝したいと思います。

今回の会議のためにチェンマイに来てくださった皆さん、ありがとうございました。 皆さんがこの会議のために多くの努力をしてくださったことを知っていますし、他のスタッフも一生懸命働いてくれました。 ホテルのマネージャーに感謝しています。 見えない助っ人たちに感謝。 アシュター司令部に感謝しています。 写真)昨日現れました。

母船は今、私たちの頭上にある。 ありがとう、プレアデス。 また、カンファレンスに協力してくれたストレージやスピリチュアル・ティーチャーの皆さんもありがとうございました。 レジスタンスや、様々な形で私たちを守ってくれたドラゴングループに感謝し、女神の存在に感謝し、女神のエネルギーバランスがなければ、私たちは黄金時代に入ることができませんでした。

この母船は今、私たちの頭上にあります。 ありがとう、プレアデス人。 また、カンファレンスに協力してくれた集会を助けてくれたすべての存在と霊的な教師にも感謝します。 レジスタンスや、様々な形で私たちを守ってくれたドラゴングループに感謝し、女神の存在に感謝します。女神のエネルギーバランスがなければ、私たちは黄金時代に入ることができませんでした。

家に帰ったら、誰もが女神のエネルギーバランスを取り戻せることを願っています。

この聖なる光を共有することができます。 たくさんの知識や授業を聞いたり、たくさんのイベントチームを作ったり、一緒に瞑想やヒーリングをしたり、Facebookのプラットフォームを使って学んだ知識を広めることができます。私たちは今、未来を作っています。

イベントは不可能だと思っている人が多いですが、何事も誰かがやらないと不可能だと思われますし、何事も誰かが先駆者にならないといけません。

皆さん、ありがとうございました。

アイシス・アスタラ:月経の不思議な力と、生理中に男性が手助けする方法とはなんでしょうか? 女性が生理を迎えるときは、男女ともに大切な時期です。 女性が生理を迎えるときは、自分の感情や内なる野生の生命力と深く結びつくことがあります。また、それぞれの生理は、子供を妊娠し、神聖な魂を現実の世界にもたらす機会でもあります。

女性の体には強いホルモンの変化があり、それは彼女にとって非常に浄化されるものでもあります。 女の子が生理中の時は、男の子に仕事を任せたり、家のことを手伝ってもらったりするのがいいでしょう。 女の子の生理は、感情を浄化する時でもあるので、泣いたり、何かをしたりして、自分の感情を吐き出させてあげてください。

月経中に不快感を感じるときは、100%の純粋なココアを使用すると非常に効果的です。 月経中に甘いものを食べたくなるのは、痛みを和らげる効果があるので、食べると本当に楽になるからです。女の子も内なる知恵を守り、月経中は体のケアをする必要があります。女性は月経中は働く必要がありません。月経中や出産中の体は、女性的な側面をより受け入れることができます。 月経は美しいものです。 それは、生命を創造し、身体を楽しみ、人生を楽しむ能力を象徴しています。

コブラ:これで会議は終わりです、ありがとうございました。

速記者:議事録の写真は、記憶を頼りに会議後にインターネットで探したため、内容の写真が見つからないものがありました。

速記者:傳奇

翻訳者:Patrick Shih

校正:Patrick Shih、傳奇

出典:国際黄金時代グループ(國際黃金時代團隊)

日本語翻訳:コブラ情報まとめサイト

この会議記録の内容は、国際黄金時代グループが著作権を所有しています。転載する場合は、元のテキスト全体を保持し、出典とURLをメモしてください。内容を変更して複製することは固く禁じられています。違反者は関連する法的責任を負います。

関連記事

  1. 2014/12/07 コブラによる11月の月間アップデート

  2. 2017/05/30 PFCコブラ・インタビュー

  3. 2017/06/22 ゴールドフィッシュレポート主催のコブラとKauilapele共同インタビュー

  4. 2020/08/12 惑星イニシエーション

  5. 2013/05/02 コブラによる月間アップデート

  6. 2015/01/23 二つの新コブラインタビュー

カテゴリー

アーカイブ