2018/10/13 状況報告

原文 http://2012portal.blogspot.com/2018/10/situation-update.html

転載元 https://cobraportaljp.blogspot.com/2018/10/blog-post_13.html

2018年10月13日土曜日

状況報告

銀河の中心の活発化した活動は続いています。銀河の光の勢力は、最後に残存する巨大な量子揺らぎの量子特性のダイソン球を除去しました。ダイソン球は、直径4光年の大きさで太陽系をすっぽりと包み込んでおり、この太陽系のアセンションのプロセスを阻害していました。

量子ダイソン球は、1996年にキメラグループが設定した高度な量子超次元ポータルで、いま永久的に完全消滅しました。

その結果として、太陽が銀河の光のネットワークに最後に加わり、いま光のポータルとして完全に機能しています。

いま、語るに足りる価値のある初期異常は、すべて地表から惑星の直径も離れていない位置の内側に集中しています。

銀河の勢力は、この太陽系の内側に位置しています。クロークしていますが、エネルギーに敏感な人は確実に感じ取ることができます。

地上の住人にこれらのマザーシップの存在がわからないようにするために、NASAは、「空に見てみないふりをするもの」を設定しました。

NASA addressing problems with Hubble and Chandra space telescopes – SpaceNews.comAs one group of engineers works to diagnose a gyro problem thspacenews.com

いま残存するプラズマトップレット爆弾はすべて、地表から30メートル以内にあります。


プラズマトップレット爆弾は、セットのトンネルと言われるプラズマフィラメントを介してプラズマインプラントのネットワークとつながっています。


プラズマインプラントは、強力な電磁フィールドで回転しているブラックホールです。この電磁フィールドは、私たちの記憶を消去して、自分の魂から切り離す目的に使われているのです。物理的なバイオチップ(シーメンス製)は、輪廻転生したすべての人のインプラントの横に埋め込まれており、音声動画を地表にあるキメラの主制御センターに常時送信しています。

Information Innovation Office – Wikipediaen.wikipedia.org


Microsystems Technology Office – Wikipediaen.wikipedia.org

プラズマインプラントと物理的なバイオチップは、地上の住人が受けたマインドコントロールのすべてのレイヤーを包み隠す封印として使われています。

(翻訳記事)
https://note.com/nogi1111/n/n4744c216535a

1996年から2001年の間に、ライトワーカーとライトウォリアーの大半が、地下の軍事基地でトラウマを用いたマインドコントロールを施されました。ところが、インプラントの能力が低下するにつれて、多くの方のマインドコントロールされた記憶が蘇りつつあります。


ライトワーカーとライトウォリアーの多くは、銀河連合の光の勢力に反するようにマインドコントロールされていますし、私や地球解放のキーパーソンに反抗するようにマインドコントロールされています。


光の勢力は、闇の勢力が地上で人質をとって膠着状態となっている状況を解消すべく、全速で対処しています。


残された主な問題は、いまだにプラズマトップレット爆弾です。ついにマスコミが、ストレンジレットとトップレットの危険性について徐々に気づき始めました。

Earth could shrink to 330ft across if particle accelerator experiments fail, top astronomer warns Earth could be reduced to a dense mass measuring just 330 feewww.telegraph.co.uk


Astronomer Warns: Earth Could Be Crushed By Particle AcceleratorMartin Rees, a well-respected British cosmologist, has a warnwww.shtfplan.com

この問題の存在が、光の勢力による地球介入がまだできない主な理由です。
この問題があるために、レジスタンス・ムーブメントが疲労困憊したライトウォリアーを地下に救出できないし、皆さんに金や現金を渡せないし、皆さんにスカイプで連絡できないのです。


もし、レジスタンスの要員が地表の住人に個別に直接接触しようとすると、闇の勢力はその人を即刻殺害するでしょう。


闇の勢力は同様の戦略を使って私を孤立させて、ミッションを実行できないようにしています。一定の主要人物が私に接触しようとした際に、私に接触するなら殺すと脅迫されました。


そういう状況下にありながら、いま私のチームを拡大する時がきました。このブログは、にっちもさっちも行かなくなった人の最後の望みの綱として提供する意図でなく、トップの実権を有する人達が、地球解放のための潮目を変えるために設定したものでした。


そのために、新たなメンバーの私のチームへの参加を要請します。チームへの参加は、メンタル面、感情面、身体面、経済面で安定しており、自分のミッションをわかっている人だけにお願いします。特に、ポジティブなドラゴン、白い貴族、秘密の宇宙プログラム(SSP)、ミステリースクール、諜報機関などにいる方で、地球解放に向けて動いている方を希望します。また、マスコミに情報拡散できる方、大型のプロジェクト(100万ドル以上)の融資ができる方、女神のエネルギーを純粋かつパワフルに降ろす能力のある女性を求めます。

新たに私に連絡される場合には、暗号化されたメールのhttps://tutanota.com/でアドレスを取得した上で、そのアドレスから
project501@tutanota.comあてに連絡してください。そのメールには、自分の身上と、プロジェクトに貢献できる内容を記述してください。


地球解放のプロジェクトにすでに関与されている方々は、Facebookでのやり取りはやめてください。Facebookには、大規模な闇の潜入があるからです。


エンド・ツー・エンドで暗号化されているTutanota(優)、Protonmail(秀)、暗号化した電話アプリであるSignal(優)、Whattsapp(秀)を使用してください。


「何をすればよいでしょうか」というような漠としたメールはやめてください。自分で何ができるのかを記載してください。


また、ライトワーカーとライトウォリアーのコミュニティーにも大規模な闇の潜入があり、ライトワーカーとライトウォリアーの多くが、陰ではカバールのエージェントとして秘密の活動を行っています。

The Changing of the Guard: Part III: Illuminati Life and Propagandawww.greatdreams.com

これらの人たちは、自分の意思に反してカバールのネットワークに入っており、できるものなら逃れたいと思っています。


瞑想と可視化のパワーを使って、すべてのライトウォリアーとライトワーカーが紫の炎で浄化されて、EELA(シリウスの愛のエンジェル)のピンク色の輝く光で包まれて、ANの白い炎でそのマインドコントロールや縛りや抑圧から解放される様子を視覚化してください。


悪夢はまもなく終わります。裁きが下ります。

Victory of the Light!


翻訳:Terry

http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/10/situation-update.html

関連記事

  1. 2013/10/12 2013年 機会の窓

  2. 2014/09/03 コブラによる8月の月間アップデート

  3. 2012/10/29 トリノ・カンファレンスについての短信

  4. 2013/02/13 広めてください!世界中で新コブラカンファレンス

  5. 2014/04/20 IS:ISが昇る

  6. 2017/12/23 WWLMのHoshinoによるコブラインタビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブ