2020/09/15 進捗報告

原文 http://2012portal.blogspot.com/2020/09/progress-report.html

転載元 https://cobraportaljp.blogspot.com/2020/09/blog-post.html

2020年9月15日火曜日

進捗報告

 今回の瞑想によって、イベントに向かうポジティブな道のりをある程度は安定化させることが何とかできました。


8月31日の太陽を中心とするエリス・冥王星のスクエア(90度の角度形成)時に実施された瞑想の数日前に、台湾ではクラウドシップと珍しい多重虹が出現しました。

月周回軌道以遠の太陽系は初期異常の最後の痕跡が除去中であることから、すでにみずがめ座の時代に入っています。


エンジェルの光のエネルギーが大量に流入しており、太陽系全体でそれを体感することができます。


エネルギーに敏感な方は、それにつながることができます。


ドラコ艦隊掃討は計画通りに進行しています。


光の勢力からの連絡によると、ドラコ・エイリアン侵攻の確率はいまや1%未満、偽のイルミナティ・エイリアン侵攻の確率は7%未満、米中戦争の確率は9%未満であるものの、米国の市民戦争の確率はいまだに35%としています。


光の勢力が使用しているミョルニルの技術は実は量子泡を介して強力なスカラー場を発信する量子機関砲で、量子重ね合わせ状態にあるすべての物質波形を強制的に物理的に見える物体に変換する技術です。


ドラコの宇宙船のすべてが物質界に顕出された直後に即座に銀河連合により捕獲され、ドラコ自体はガニメデの仕分け施設で処理されます。

ミョルニル母船は、月周回軌道すぐ上の巨大な12面体に配備されており、地球に向けて強力なミョルニル力場を発しています。


光の勢力によるドラコ艦隊の掃討中に、数多くの人質を救出しました。


その中には、銀河連合の主要司令官多数のツインソウルが含まれています。


これらの司令官は、ドラコに協力しないとツインソウルを拷問にかけると脅迫されていました。


それによって光の勢力の多くの計画が妨害されました。


こうしてドラコは、各種の遅延と後退を作出できたのです。


コロナウイルス大流行を1月と2月に食い止めることができなかった原因もそれです。


人質のツインソウルは救出され、(脅迫に)屈した司令官は太陽系外にある銀河連合の母船に連れられて、受けてきたダメージをできる限り修復されます。


またこれらの屈した司令官は、過去数年間に多くのライトワーカーの通信回路を通じて偽情報を大量に撒いてきました。


ですから、大半のチャネリング情報源は信頼できないのです。 これらのライトワーカーの別の問題としては、自分がすべてを知っているという信念体系を有していることです。


実際にはほとんど手掛かりもない状態なのに、権限を持って話しているように見えるのです。


3番目の理由はいままでに何度も言いましたが、ライトワーカーのグループに闇の勢力が潜入していることです。


いま主要な妨害行為が露呈したので、光の勢力は遅れを大幅に回避して効率的に進むことができます。ドラコ艦隊を排除した後に、光の勢力はイルミナティ離脱施設(IBC)を整然と除去してゆきます。


オペレーション・ミョルニル
COBRA(コブラ)のThe Portalの日本語訳をまとめています。cobraportaljp.blogspot.com

IBCにいるカバール構成員の大多数は同化した移民、つまり数千年前にドラコ星系からやってきて、ドラコのエネルギー体を維持している間に人間の肉体に転生して地球の輪廻転生周期に入った者です。


彼らはいま、成功はしませんが自分たちのバージョンのリセットを行って地球を暗黒郷にしたいと願っています。


Luciferase Chain Reaction to ID2020
Put down the mask. The mask is a tool of conditioning, a tempwww.natureofhealing.org

Worldwide 5G Genocide Starting in October – Weekly Geo-Political News and Analysis
benjaminfulford.net

彼らはまた、成功はしませんが新たなコロナウイルスの変異体を拡散したいと願っています。


COVID is ‘bollocks’. Catch it if you can. The Gates bio-terrorist campaign has yet to do its worst, and wants no immunity to be built up.. |
tapnewswire.com

Covid-19が当研究所で作られたものであるとの確固たる科学的証拠が遂に出ました。


『中国のウイルス学者がツイッターに登場、研究室で作られたCOVID-19の「決定的証拠」を公開』
COBRACovid-19が当研究所で作られたものであるとの確固たる科学的証拠が遂に出ました。https://www.zeameblo.jp

彼らは、9月21日の土星・カリクローのエネルギーを利用し、コロナのPCRテストを乱用することで人為的にコロナ感染者数を増加させて、世界全体で数多くの都市封鎖を実施させようとしています。


NY Times: Up To 90% Of People Who Test Positive For COVID-19 No Longer Contagious, ‘Don’t Need To Isolate’
It’s known as the “viral load.” The most used test to determiwww.dailywire.com

Your Coronavirus Test Is Positive. Maybe It Shouldn’t Be.
The usual diagnostic tests may simply be too sensitive and towww.nytimes.com

https://blog.nomorefakenews.com/2020/09/10/covid-diagnostic-test-worst-test-ever-devised/


The 1% blunder: How a simple but fatal math mistake by US Covid-19 experts caused the world to panic and order lockdowns
In February, US Covid guru Anthony Fauci predicted the viruswww.rt.com

彼らは都市封鎖の事情を使ってオハイオとケベックにあるFEMA収容所に対する人々の反応チェックを開始しています。


Ohio FEMA Camps – Still More Questions Than Answers – The Ohio Star
The Ohio Star reported on September 3 that Ohio Department oftheohiostar.com

Quebec City Says it Will Isolate “Uncooperative” Citizens in Secret Corona Facility
Health officials also visiting homes to take away people whosummit.news

当然のことながら、人々はそれに抵抗しています。


TWEET: Close to 100,000 people march in Montreal, Canada against the draconian lockdown measures in Quebec [VIDEO]
Alternative News and Views, Reported by Agents Around the Worwww.rumormillnews.com

そして都市封鎖全般に対しても、例えばベルリンで大規模デモがありました。


Robert F. Kennedy, Jr. Speaks to Hundreds of Thousands at Berlin Rally in Germany for Freedom and Peace
Robert F. Kennedy, Jr. spoke to hundreds of thousands in thehealthimpactnews.com

このデモによって、いわゆるプロイセンの負のタイムラインの修復が開始されたので、闇の勢力に対するオカルト戦争で大勝利となりました。


主要なデモは、ベルリンの戦勝記念塔のあるグローサーシュテルン広場で行われました。


戦勝記念塔 (ベルリン) – Wikipedia
ja.wikipedia.org

この塔の上に、ベルリンの女神のボルテックス(渦)の中心地となる勝利の女神の像があります。デモ中にこのボルテックスは再起動し、プロイセンタイムラインの修復を開始しました。

プロイセンタイムラインは、プロイセンのオカルト信者によって19世紀初期に設定されたもので、プロイセンが支配する心のない陰鬱な技術文明を目論むものでした。


このタイムラインがナチスによる秘密の宇宙計画(SSP)の原因であり、南極にあるNeu Berlin(新ベルリン)地下基地や、闇の勢力の艦隊の創設などもその一環です。


イエズス会は現在、ジョージソロスを傀儡として使ってます。


Vatican Coup? George Soros Funds Jesuit NGOs with $1.7 Million
Guest post by Collin McMahon Three Jesuit charities close towww.thegatewaypundit.com

米国における色の革命(カラー・レボリューション)の創設


Строго секретно
strogosekretno.com

The Coming Coup?
Democrats are laying the groundwork for revolution right in famericanmind.org

America’s Color Revolution – PaulCraigRoberts.org
Support Your Website or Surrender to The Matrix America’s Colwww.paulcraigroberts.org

“Bipartisan” Washington Insiders Reveal Their Plan for Chaos if Trump Wins the Election
A group of “bipartisan” neoconservative Republicans and estabunlimitedhangout.com

一方トランプは、これに対抗するために反乱法を適用するかもしれません。


https://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/roger-stone-trump-martial-law-2020-election-clintons-zuckerberg-b434072.html


BREAKING: President Trump promises to put down election day rioting using “insurrection” powers… will he invoke Fourteenth Amendment powers and remove all the TRAITORS, too?
A week ago, I published a story documenting President Trump’swww.naturalnews.com

ポジティブ軍は大統領選挙直後にデルタオプション起動のために、反乱法の適用もありうるが、しないかもしれません。


デルタ選択肢
COBRA(コブラ)のThe Portalの日本語訳をまとめています。cobraportaljp.blogspot.com

イエズス会は地球人を、トランプを心酔派と憎悪派の二極に分断したいと考えています。

彼らは人々のトランプに対する感情面の思い入れのエネルギーを手段として使って、米国における市民戦争を工作しようとしています。


ですから光の勢力は皆さんに対して、トランプに対するプラスまたはマイナスの感情的思い入れのいずれも取り払って状況を沈着冷静に注視し、できる限りの光をそこに注ぐよう求めています。


そして、動物にも愛のエネルギーをある程度送ってください。


WLMM 動物に親愛を送るための瞑想 – 働かなくてもいい社会を実現するには?
地球上の全ての動物が酷い扱いを受けることがなくなり、思いやりのある扱いを受けられるように瞑想します。paradism.hatenablog.com

そして、美しいものとつながって


『COBRA関連記事 美しさ』
COBRA  そして、美しいものとつながって https://ameblo.jp/cobrameditationameblo.jp

この本も読んでみてください


The Book
During the very first Cobra conference in Budapest I went throceanoflove.info

Victory of the Light! 光の勝利!


翻訳 Terry

関連記事

  1. 2017/11/25 PFC中国による新コブラインタビュー

  2. 2012/11/01 ゴールデン・ルールによるコブラインタビュー

  3. 2016/08/10 一般向けの短信

  4. 2013/04/08 状況報告短信

  5. 2015/04/29 太陽系の美

  6. 2017/12/15 コマンドPBスターダストの映像と漫画

カテゴリー

アーカイブ