2021/03/22 パリとベルサイユの薔薇の姉妹団によるCOBRAインタビュー

原文
Interview de Cobra : histoire occulte de la France et retour de la Déesse

転載元
https://paradism.hatenablog.com/entry/2021/03/interview-de-cobra-histoire-occulte-de-la-france-et-retour-de-la-deesse/

カトリーヌ
パリとベルサイユの「薔薇の姉妹団」をテーマとするインタビューのお時間をいただきましてありがとうございます。両者まさに双子の姉妹団体で長期間にわたり一緒に活動しています。まず歴史的な視点から入ります。世界の薔薇の姉妹団の歴史について復習したいのですが、よろしいでしょうか。

コブラ
はい、どうぞ。

カトリーヌ
ありがとうございます。まずは歴史から始めましょう。フランス革命は集団的トラウマを生み出しました。それがいまでもフランスなどで続いています。いま集団的な変容が起きているのでしょうか。

コブラ
現在のエネルギー的条件がフランス革命時と酷似しています。つまり、これは同じ物語の繰り返しなのです。その事象をより良い方法で追体験できるチャンスなのです。

カトリーヌ
素晴らしい。癒しになるかもしれませんね。

コブラ
そうですね。確かに癒しは必要です。これはフランスで薔薇の姉妹団(SOTR)と一緒に行っているプロジェクトの一つでもあります。

カトリーヌ
ありがとうございます。素晴らしいですね。フランスの多くの覚醒した人々は、特に2001年12月21日以降、フランス革命の記憶が蘇っていると感じていますが、これはスピリチュアルでエネルギー的な説明があるのでしょうか。

コブラ
2020年12月21日以降ということですか。

カトリーヌ
すみません。そうです。

コブラ
実は水瓶座の時代のアクティベーションの後、パリ・ベルサイユの二重のボルテックスに新たなエネルギーが注入され始めたのです。そのエネルギーは、200年以上前に起きたことすべてを除去する機会を与えてくれています。蘇ってくる記憶は特に当時その場にいた人にとっては癒しとなり、当時有していた高い潜在能力に目覚め、再活性化させて、再びその能力につながる必要があります。

カトリーヌ
なるほど。次の質問ですが、フランス革命はある時間軸に何らかのマイナスの影響を与えたのでしょうか。

コブラ
フランス革命は実はタイムラインの乗っ取りでした。本来は別の方向に進むはずだったのですが、ある時点では起こることすべてが必然的になりました。大きな地球レベルの状況に関わった人々の自由意志による行動の総体によって、ある時点で元に戻すことができなくなってしまったのです。つまり昨年のパンデミックの発生以降、主要な関係者の自由意志による決定の結果として、2019年以降に不可逆的変化が起きました。私たちはまったく同じレッスンを受けているのです。そして、この新しい進路に入ったいま、私たちはポジティブな水瓶座のタイムラインを維持するために、できる限りのことを行っています。まさに18世紀にすでに計画されていたことなのです。かなり古い計画で世紀のフランスであったものです。

カトリーヌ
不可逆的というのは具体的にはどういうことですか。

コブラ
18世紀のフランス、特にパリではフランス革命が起こることがわかっていたのにそれを防ぐ術がない状況下での一定の時点です。同様にこのパンデミックというか社会崩壊の試みは、2020年夏に不可逆的なものになったのです。つまり、いま起こっていることとまったく同じ力学なのです。

カトリーヌ
なるほど。とてもわかりやすいですね。どうもありがとうございました。ベルサイユの名前は、verseau(アクエリアス)という言葉と関連しています。英語の水瓶座の由来です。そしてベルサイユ宮殿は、ワシントンやエルサレムと一定の配置を持って建てられています。水瓶座の時代には、ベルサイユ宮殿や庭園が特別な役割を果たすのでしょうか。

コブラ
ベルサイユは、アトランティスのある時代には実際に赤道上の非常に古い女神のレイライン上に位置しているのです。そして、この場所は何万年もの間、ボルテックス(渦)であったのです。このボルテックスは、宮殿が建設されたときに活性化されました。そして、この宮殿は、イベント後に宮殿に近接した特定の場所で再活性化されることになります。計画がありますが機密事項が含まれています。公開情報もあって、イベントの時以降に再活性化されます。

カトリーヌ
なるほど、素晴らしいですね。次の質問に対するお答えが一部含まれていました。つまりベルサイユ宮殿のボルテックスは自然発生的なものなのか、それとも宮殿とその内部でのイニシエーションによって作られた人工的なものなのかという点です。ベルサイユとパリの二重のボルテックスの役割についてです。

コブラ
先ほど申し上げたようにこの城はレイライン上に建てられており、この位置でイニシエーションが行われてボルテックスが強化されてパリへとつながったのです。つまり、パリとベルサイユのつながりはこれらのイニシエーションによって強化されたのです。パリで行われたイニシエーションもあればベルサイユで行われたイニシエーションもありました。これらのイニシエーションによってつながりが強化され、8の字型のエネルギーの流れができてこの地域全体に女神の存在感が強まりました。

カトリーヌ
なるほど。わかりました。セントジャーマン伯爵(フランス語ではサンジェルマン)が当時設立したグレートロッジについて、また、なぜ1775年(光の年)という重要な年にパリが選ばれたのか、もう少し教えていただけますか。

コブラ
これは17世紀にサンジェルマン伯爵によって開始された「ニューアトランティス」と呼ばれる大プロジェクトの一部です。そして18世紀初頭からフランス、特にパリに転生する魂のグループが計画され、それらの魂がお互いに出会い光の暗号を起動しました。サンジェルマンはパリ在住の方たちと接触しました。それらの人々のほとんどはメーソンロッジ(正真正銘のフリーメーソンロッジ)に所属していました。1775年にサンジェルマン中心部から大きなエネルギーの閃光が起こり、惑星のエネルギーグリッドの中の特定のエネルギーの渦が活性化されました。それで、1775年を通してある種の活性化が起こりました。特に1775年3月21日にはこれらのイニシエーションを通じて多くの光がグラウンディングされました。これはサンジェルマン伯爵によって作られたニューアトランティスプロジェクトのサブプロジェクトの一つでした。

カトリーヌ
なるほど、素晴らしいですね。薔薇の姉妹団は明らかに女性的な名前であり、一方でサンジェルマン伯爵は男性であることから、巫女についての質問があります。私たちは巫女との関連性についてです。なぜ彼女たちは2018年11月8日から11日の間にノートルダムで惑星のクンダリーニを活性化させたのでしょうか。

コブラ
サンジェルマンは男性であり男性の体に転生したのは、その方が仕事をしやすかったからです。彼はより自由に動き、より自由に行動することができました。しかし彼がイニシエーションした対象の多くは女性でした。彼が関わっていたメーソンロッジのリーダーの中には女性もいましたし、彼の側近やミステリースクールの中にも女性が多くいました。そしていま、様々なボルテックスを再活性化させようという動きがある中で、2018年にパリのノートルダム寺院の近くでレジスタンス運動の巫女たちが地上に出てきてボルテックスを活性化させ、2018年11月8日から11日の間にボルテックスの再活性化を開始しました。

カトリーヌ
それはあの場所にもっと光を定着させるためだったのか、それともタイムラインと関係があったのでしょうか。

コブラ
様々な目的を持っています。その一つがパリの女神のボルテックスの再活性化でした。二つ目は惑星地球のクンダリーニの再活性化で、フランス革命の状況を癒すことができました。ご存じだと思いますが、2018年11月8日の数週間後、1~2週間後にイエローベスト運動が始まりました。それはこのクンダリーニの衝動に対する直接的な反応でした。つまり、人々は再び自由のための戦いを始めており、今回は光の勢力がこの解放の戦いの悪用を防止するためにできる限りの手を尽くしています。

カトリーヌ
すばらしい。研究者や歴史家の中には、フランスにある聖なるモニュメントはマカバのような特定の幾何学的形状を作るために、特定の場所に建てられたと言う人もいます。特にフランス南西部のカタル地方ではそのように言われています。その正確な理由を教えてください。

コブラ
カタルやテンプル騎士団は、ある種のオカルト知識やマカバに関する知識と関係があり、ライトボディはその知識の一部でした。そして、カタルニャやテンプル騎士団のモニュメントの多くは、それを反映して戦略的に配置されていました。これは神聖幾何学のプロジェクトの一環として、グループや惑星のライトボディを再活性化するための神聖幾何学的なプロジェクトの一部であると言えます。これが、舞台裏での主な理由でした。

カトリーヌ
なるほど。惑星のライトボディについてです。(はい)。それは再活性化されたのでしょう。それは困難な目にあっていたのでしょうか。

コブラ
もう一度、質問していただけますか。

カトリーヌ
惑星地球のライトボディは途絶えたとか、苦痛にあえいでいるとか、ダメージを受けたりしたので、再活性化する必要があったのですか。

コブラ
戦争や侵略やネガティブな感情などによって、ほとんど破壊されてしまったのです。4世紀にローマ帝国が崩壊して以来、この地域では多くの破壊活動が行われました。レイラインはダメージを受けたので再び活性化させる必要がありました。カタル派とテンプル派のプロジェクトは部分的に成功しました。予想以上に成功したと言えるでしょう。

カトリーヌ
素晴らしい。納得です。ありがとうございます。ヨーロッパの一族についてですが、プロイセンのタイムラインについて少しお話ししますと、ハプスブルグ家やブルボン家のようなヨーロッパの一族間の同盟や夫婦関係には、オカルト的な理由があるのでしょうか。

コブラ
ブルボン家とハプスブルグ家はどちらも聖杯の家系につながっています。つまりこれは、イエスと称した人物と、マグダラのマリアと称した人物を引き継ぐ家系であり、他の家系の中でこの2つの家系の結合は、聖杯と女神の神秘を守るために白い貴族によって意図的に行われたことです。これは裏で起きていたことで公には語られていませんでした。しかし、他の家系の中にはこれを阻止したいと考える者がいました。そして、その多くはプロイセンの地域に転生していました。だからこそここ数世紀の間にプロイセンからフランスへの軍事侵攻が何度も起こったのです。また、フランスとオーストリア、フランスとハンガリーの間には、ブルボン家とハプスブルグ家を介したつながりがあります。というのも、ハプスブルグ家の家系はほとんどの時代においてハンガリーにまで及んでいたからです。

カトリーヌ
そこでお聞きしたいのですが、タイムラインとは何なのでしょうか、もう少し詳しく教えていただけますか。地理的なタイムラインというのは、人とつながっているのか、人のDNAとつながっているのか、それとも神聖幾何学全般とつながっているのか、どういうことなのでしょうか。

コブラ
タイムラインとは出来事の流れの方向性を示すベクトルです。つまりあるタイムラインには、出来事をある方向に押し進める傾向があるのです。それがタイムラインです。

カトリーヌ
プロイセンやパリに関して考えるとき、例えばパリのタイムラインというのは出来事の流れがその場所に結び付いているということですね。

コブラ
そうです。その場所のすべてのアイデア、すべての衝動、すべての基本的なイデオロギーを持っています。

カトリーヌ
ありがとうございます。ロレーヌ地方が非常に重要な女神の渦であり、ウンタースベリやベニスの女神の渦とともにヨーロッパの光を握っているとおっしゃいましたね。フランスや世界にとってのオカルト的な重要性について詳しく教えてください。

コブラ
また、ロレーヌの家系は聖杯の家系とつながっていた家系のひとつです。そして、この地域全体が非常に重要な女神のボルテックスでもあります。つまり聖杯の家系につながっていたある家系は、母から娘への家系を通じた女性的な伝達によって女神のエネルギーを定着させるために、女神のボルテックスのある地域に転生する傾向があったということです。これがその家系がその地域に居住していた理由なのです。

カトリーヌ
なるほど。プロイセンは第一次世界大戦の前にロレーヌ地方を占領していました。いまコブラがおっしゃったことからすると、彼らがこのような行動を取った理由はボルテックスを無効にして大戦争を引き起こすためだったのでしょう。

コブラ
まさにその通りで、これが第一次世界大戦を可能にしたオカルト的な理由の一つでした。

カトリーヌ
わかりました。とてもわかりやすいですね。どうもありがとうございました。パリの白い貴族のメンバーで神秘に入門している人たちとテンプル騎士団の人たちにも、ボルテックスの活性化のために協力してほしいとお願いしましたね。理由を説明してもらえますか。

コブラ
白い貴族のあるメンバーが世紀に転生し、その時のボルテックスの活性化を目的としていたからです。彼らはパリの女神の渦を再活性化するという同じ目的のために再び転生してきました。そしていま、女神のエネルギーがボルテックスを通って地球に入ることができるように再活性化を実行すべきときです。ハンガリーのレンギエルボルテックスが部分的に崩壊した後、パリのボルテックスは地球全体にとって超重要なボルテックスの一つになりました。ですから、これはいま惑星地球レベルの重要な問題なのです。

カトリーヌ
なるほど。ハンガリーのボルテックスとパリのボルテックスがお互いに支えあっていたからですね。

コブラ
お互いに支え合っていました。ハンガリーのボルテックスはある程度再活性化されていますが、いまはパリのボルテックスが最優先されています。そして私はこの女神の神秘の一部である白い貴族の家族のメンバー全員に対して、名乗り出てパリの渦の再活性化を支援するよう呼びかけます。

カトリーヌ
そうですか。自分が受けたと思うイニシエーションが何であれ女神の神秘とのつながりを感じれば、その方は連絡を取りたいと思うのではないでしょうか。

コブラ
はい、その通りです。

カトリーヌ
なるほど、素晴らしいですね。私たちはマグダラのマリアについてもう少し詳しく説明したいと思います。彼女はフランスではとても存在感があり、とても重要な役割を果たしています。多くの女性や男性が彼女の教えに導かれていると感じています。ご存知のようにマグダラのマリアはその痕跡を残しています。特に南フランスのカタル地方では、彼女がフランスに滞在した特別な理由があるのかどうか、また、パリからシャルトルまでのローズラインとレイラインについてもう少し詳しく教えてください。

コブラ
パレスチナを旅していた彼女は船とともにフランスの南海岸に上陸しました。ここで彼女は光のセンターを確立したのです。彼女が家系を確立する際に、光を定着させた場所と言ってもいいでしょう。そしてその場所から家系がまず南フランスに広がり、さらにフランス全土、ヨーロッパ全土に聖杯の家系が広がっていきました。そしていま彼女はアセンデッドビーイングとなり、高次のエネルギー次元から何世紀にもわたって彼女の教えや仕事に関わってきたすべての人々に働きかけています。彼女はその人たちと霊的にコンタクトを取り、記憶を呼び起こし、女神のエネルギーを取り戻す目的で意識を再活性化しているのです。ご存知のようにマグダラのマリアはエジプトのイシス神殿で訓練を受けました。彼女はイニシエーションを受けていました。女神の秘儀について長年にわたって訓練を受けていました。彼女は上級のイニシエートで、彼女のミッションは2000年前に始まったばかりです。そして、それ以降も継続しています。彼女は女神イシスの上級弟子として女神の神秘を原点に戻すために、女神イシスと行動をともにしています。

カトリーヌ
そこで次の質問ですが、イシスの神秘とイエスとの神の融合を伝える上での彼女の正確な役割について教えていただけますか。イシスがイニシエーションの際にそれを持ち込んで、自分の家系に伝達したとおっしゃいましたね。

コブラ
はい、その通りです。彼女はまた、イエスが神聖なる結合を通じてアセンションする過程を支援していました。これは神秘の一部であり、実際に神聖な結合の秘跡を通してアセンションを支援することは、イシスの神秘の一つです。

カトリーヌ
そうですね、肉体的にも精神的にも。

コブラ
肉体的にも、感情的にも、精神的にも、創造のすべてのレベルで。

カトリーヌ
素晴らしいです。パリからシャルトルまでのローズラインとレイラインについてあまり語られなかったのは意図的ですか。そこはつながっているのでしょうか。ローズラインについて何か知っておくべきことはありますか。

コブラ
これらのレイラインは何世紀にもわたって、カタル派、テンプル派、マグダラのマリアの神秘に関係していた数カ所のメーソンロッジによって起動されてきたのです。それらは、惑星地球のレイラインを再活性化するという大プロジェクトの一部でした。

カトリーヌ
すごいです。ありがとうございます。テンプル騎士団員の何人かはマグダラのマリアの娘たちの子孫であることは本当ですか。

コブラ
はい。その中の数人は聖杯の家系です。聖杯の家系の一部のメンバーはテンプル騎士団です。他のミステリーグループにもいます。白い貴族の家系の人もいれば、基本的には何の関係もしていない普通の人もいます。

カトリーヌ
なるほど。完全に普通の名前で。

コブラ
一般的な名前でスピリチュアルな運動には何の関わりもありませんが、内なる理解と知識を有しています。

カトリーヌ
そうですね。彼らも実践していますし。存在しているだけで十分なのです。

コブラ
中にはかなり高度な実践をしている人もいます。様々な段階で覚醒している人もいますが、これはすべてがより大きな計画、大覚醒の進行への一部なのです。

カトリーヌ
それは素晴らしいですね。テンプル騎士団の遺産についてですが、そもそも彼らの目的は何だったのでしょうか。

コブラ
テンプル騎士団にはいろいろな層があります。公的なグループと秘密のグループがありました。内部の秘密グループは女神の神秘につながっていました。その秘密グループの目的は、女神の神秘を守ることでした。一方、外部グループは新しい金融システムの構築に関わっていてネガティブな黒い貴族たちと地球の支配をめぐって戦っていましたが、負けてしまいました。

カトリーヌ
なるほど。テンプル騎士団と薔薇の姉妹団の関係についてもう少しお話いただけますか。

コブラ
テンプル騎士団の内部グループは薔薇の姉妹団とつながっていました。ある時期には一体となっていました。というのも知られていない非公開の女性による秘密のテンプル騎士団があって、それが実際には「薔薇の姉妹団」の一部だったからです。

カトリーヌ
さてこのことについてもっと質問したいのですが、最後に時間があればということにします。テンプル騎士団が死んだとき、消えたとき、襲われたとき、どういうことが起きるのでしょうか。

コブラ
テンプル騎士団には、暗号やプロトコルのシステムがあります。ですから、テンプル騎士団の誰かが危険にさらされた場合、最重要な文書や芸術品を他の場所に移送するのです。コミュニケーションツリーのようなものが確立されていたのです。誰かが危険に晒されたときに重要となります。それ以外では理解して用心をしていました。こうしてテンプル騎士団の知識の大半が保存され、芸術品の大半が危険な時にも保存されました。

カトリーヌ
では、処刑を免れた人たちはどうなったのですか。

コブラ
彼らの多くは他国に行きました。スコットランドに行った人もいます。ポルトガルに行った人もいます。海を越えて今のアメリカに行った人もいます。彼らは様々な場所を旅して、何世紀も後に薔薇十字団やフリーメイソンのような他の組織に姿を変えていったのです。

カトリーヌ
そうですか。現在、真の純粋なテンプル騎士団の遺産を受け継いでいるメーソンや薔薇十字団などの人や組織はありますか。

コブラ
非常に少数ですがいます。そのほとんどは17世紀にイエズス会が創設されて以来、何世紀にもわたって腐敗し、イエズス会に潜入されてしまいました。17世紀以降にイエズス会は薔薇十字団に積極的に潜入しました。また18世紀からはメーソン系のグループにも積極的に入り込んでいました。つまりほとんどすべての組織を腐敗させたのです。すべてというわけではありませんでした。純粋な家系を持つテンプル騎士団もあります。私が知っているテンプル騎士団の中には、マグダラのマリアから2千年以上も連綿と続いている組織がありますが、それらは公開されていません。そのように口外もしていません。

カトリーヌ
腐敗した場所やロッジには遺産や芸術品や教義などが一切ないということですね。

コブラ
芸術品を持っているかもしれないし、教義の一部を保存いるかもしれません。本は没収され、写本も没収され、物も没収されました。私が知っている限りでは単に考古学者が盗んだだけで、物品はロッジに保管されて管理下にあります。鍵をかけて保管されていて誰も見ることができないのです。それらの物品を使って魔法のようなオカルト儀式を行っているのです。残念ながらこのような状況になっています。

カトリーヌ
なるほどね。知ることができてよかったです。正統派テンプル騎士団とカタル騎士団は転生を繰り返しています。彼らはすべての記憶を取り戻したわけではありませんが、特定の使命を持っているのでしょうか。

コブラ
テンプル騎士団やカタル騎士団に所属していた人たちが、いまの時代に転生してきました。特に先ほど言ったように女神と神秘復活させ、自分たちの使命を思い起こして再度立ち上げようとしています。残念ながら、彼らの多くは過去数世紀の間に大きなトラウマを抱えており、あまり良い状態ではありません。

カトリーヌ
確かにそうですね。彼らは死後ベールの向こう側に行くことができたのでしょうか、それともオルド・ブチントロのメンバーのように転生せざるを得なかったのでしょうか。

コブラ
高度なオカルトトレーニングを受けたテンプル騎士団やカタル騎士団の中で、ベールを突き抜けアルコンの監視者を避けて高次のアストラル界やメンタル界に入ってマスターやアセンデッドビーイングや光の存在に出会うことができた者は、ごくわずかだったと思います。ほとんどの人はアストラル面で迷子になり再び転生してしまったのです。

カトリーヌ
歴史に関しまして次の質問はルネッサンスとドラゴンファミリーについてです。特に白い貴族について興味があります。以前、ドラゴン結社が16世紀にルネッサンスを起こし、1504年は重要な年だったと言及されてましたが、確かにベルサイユ宮殿にあるトリアノンの装飾にもアジアの影響が見られますね。東洋風の戸棚など。女神巫女のマリー・アントワネットの時代には中国風のあずまやだったという噂まであります。ということは、ドラゴン一族は何世紀にもわたって白い貴族と接触してきたということでしょうか。ヨーロッパにいながらにしてドラゴン一族と女神斗母元君とも繋がれるのでしょうか。

コブラ
さて、なかなか複雑なお話になります。ドラゴン族は15世紀にルネッサンスを興しました。それ以前、中国からの使者が船に乗ってフィレンツェにやってきて、その地に文書や知識をもたらしました。それらが原動力となり15世紀から16世紀イタリアでルネッサンスが起きたのです。その後、特に17世紀からから18世紀にかけイエズス会が中国へ渡り、宮廷内で台頭していきました。さらに中国から様々なアイデアを欧州の地へと持ち帰っていったのです。しかしそれがきっかけで良いこともありました。特に18世紀のパリでは中華文明への憧憬が強かったのです。マリー・アントワネットもポンパドゥール夫人も中国製の陶器を特に好んでいました。ですから18世紀後半のヨーロッパの宮廷内にたくさんアジア風の戸棚があったわけです。ドラゴン一族と繋がる秘教ロッジもあり、その一つに18世紀後半のドイツで活動していた「アジア人同胞団」があります。その頃のヨーロッパでは斗母元君の影響力は大きくはありませんでしたが、特にブルードラゴンの影響は色濃くあり、サンジェルマンも中国ともすでに強く繋がっていました。彼は道教やブルードラゴンの教えにも精通していたのです。

カトリーヌ
なるほど、そうなんですね。ありがとうございました。確認したいのですが、巫女たちは中国文化の影響だけで陶器を愛好していたというわけではなくて、何か秘儀のために使用するなどの理由もあったのではないですか。

コブラ
サンジェルマンを通じて伝えられた秘儀が僅かですが生き残っていました。受け取る準備ができていた者にだけ秘伝が伝えられていったのです。先程言及したドイツのアジア人同胞団もブルードラゴンの教えの一部に触れていた秘密結社の一つです。世間には広く知られておらずとも、確かに伝授はされていたのです。少数ですが非常に発達したイニシエートの会も存在していました。

カトリーヌ
それは素晴らしい。それと、台湾のボルテックスとパリのボルテックスの間の繋がりについても言及されてましたが、これについてもう少し詳しくお話しいただけますか。

コブラ
はい、こちらは18世紀のヨーロッパとドラゴン一族のいる台湾との間を結ぶ、強力なエネルギー的繋がりを指します。台湾のドラゴン一族は17世紀の明(みん)の時代から始まり、17世紀の潜伏期間を経た後はパリやドイツの宮廷内に特派員を送り込み、サンジェルマンともある程度繋がりを持つなど、とても活動的だったのです。

カトリーヌ
分かりやすいです、ありがとうございます。ここからはインタビュー第二部となりますが、水瓶座の時代と女神の秘儀の復活について質問をしてまいります。最近のインタビューで、水瓶座の時代ではカトリックのプログラミングを越えていくことができ、それが良い方向に傾けば大きな変容となって表れる、と仰ってましたね。宗教によるプログラミングは根強いですが、どうやってそれを超越できるのでしょうか。

コブラ
カトリック教会はイエスの本来の教えを捻じ曲げて全く異なった形で伝えるなどして悪用しました。ですがイエスやマグダラのマリアと本当の繋がりを得た人々が、真の教えを発見し始めていき、宗教プログラミングを越えていけるようになります。これがまず一つで、もう一つはプログラミングがどうやって造られたのかを知的かつ霊的にも理解することで自分自身をディプログラミング(洗脳解除)できるようになります。私はパターンを見極めることを重要視すべきだと考えます。プログラミングの組み方を理解すれば、分解方法も理解できますから。

カトリーヌ
なるほど、では具体的にはどのようにしてイエスとマリアの真の教えに辿り着けるのでしょう。

コブラ
最も効果的なのは瞑想でイエスに教えを乞うことです。偏見を持たないようにして心を開き、福音書を読めば真実の核心部を見つけ出せるはずです。過去に福音書は改変されてしまいましたが、真実の核心はまだ残っています。それを発見すればイエスの真のエネルギーに繋がれます。

カトリーヌ
私も、ヒンドゥー教の聖典『バガヴァッド・ギーター』を用いてイエスの教えを別の視点から解釈することができたという経験があるのですが、このようにやるのも有効ですか。

コブラ
ええ、もちろん。真理に繋がるのなら手段は問われません。どんな経典でもタイムラインでも、国や文化も関係なく、やってみてください。

カトリーヌ
識別力を使うことも、書くことも良いんですよね。(そうです)了解です。「オペレーション・ドリームランド」についても少し教えていただけませんでしょうか。

コブラ
何世紀にも渡り眠り続けている白い貴族の主力を再活性化し、ニュー・ルネッサンスの創造に重要な役割を果たしてもらうという作戦です。

カトリーヌ
素晴らしい。イベント中の薔薇の姉妹団(SOTR)の役割についてもっと詳しいことを知りたいです。何か支援も受けられるのでしょうか。

コブラ
イベントの初めから終わりまで、女神エネルギーを定着させるという重要な役割を薔薇の姉妹団は担います。惑星状況を安定化させるのが目的ですが、おそらく非常に混沌とした状況になると想定されます。人々は恐怖と混乱に陥り、何もかもわけがわからなくなってしまいます。常識が覆されるわけですから。そこで薔薇の姉妹団が女神の癒しと安心のエネルギーを定着させ、エネルギーを人類全体へと行き渡らせます。何名かはイベント直後に光の勢力に接触され、ヒーリングとサポートの指示を受け取ります。

カトリーヌ
ありがとうございます。薔薇の神殿と巫女も復活していくのですか。新たな黄金時代における特別計画なども教えていただければ。

コブラ
イベント後は特に、ボルテックス地点に女神寺院を建てるための資金放出があります。巫女たちが光の勢力の直接指導の下でエネルギー定着と理解のためのトレーニングを受けます。全てイベント初期段階ではこれらの活動が顕著になるでしょう。

カトリーヌ
わかりました。ノートルダム寺院で巫女たちが女性たちの性的エネルギーの復活の儀式をしたことは、世界に影響を広げましたか。

コブラ
まず初期衝動が2018年後半から2019年前半にかけて広がりましたが、その後の闇の勢力の反撃によりクンダリーニがまたも強烈に抑制されました。女性たちが内に抱え込んでいた未解決問題も癒やされないまま持ち越しとなりました。ゆえにこの計画は完璧に成功したとは言えません。

カトリーヌ
それは知らなかったです。次は今年2021年の占星術の話題です。天王星が3回コンジャンクションを起こす役で舞台に立つことになりました。まずは水瓶座で土星とスクエア、次に牡牛座で。一回目は2月17日のことでした。この時は私も姉妹たちも、強いエネルギーを感じました。今年は新世界が構築される年になると占星術師たちも言っています。つまり旧世界の終わりの年が今年であるということです。天王星のコンジャンクションも大いに関係していたのでしょうか。

コブラ
コンジャンクションではなくスクエアですね。今年は3回あり、水瓶座での土星とのスクエアが2月と6月、それと年末にあります。いずれも群衆が圧政に抵抗するように力を与えてくれるチャンスです。真実を話す勢いをくれます。限界ラインの引き際を明確にしてくれます。もう限界だと皆で宣言しなければなりません。こんなこと同意できないと。自由意志で行動しなくてはなりません。ただし相反するエネルギーでもあるので扱いが難しいという一面もあります。それでも、正しく導けば結果としてもっと自由になれるでしょう。

カトリーヌ
わかりました。ぜひともそうしたいですね。前回の乙女座での満月も、綺麗な女性的エネルギーが感じられました。この日はシルバーに関する運動への支援をブログで呼び掛けてましたよね。これについて何か伝えたいことはありますか。もしかしてシルバートリガー作戦第二弾が進行中なのですか。

コブラ
ご存知かもしれませんが、シルバー(銀)は月の属性を持つ金属で、月のエネルギーを発しています。女神エネルギーをもたらす金属でもあり、金融システムを調和させるためにできるだけ多くのシルバーを地上人の手に渡すというオカルト的理由があります。そして、おっしゃる通りこれはシルバートリガー作戦第二弾です。2019年末にブログに掲載した時が第一弾、今回がその続きというわけです。「シルバーショートスクイーズ」とも呼ばれる現在進行形のプロジェクトで、より認知度も高くなっています。うまくいけば更に拡張を見せてくれるはずです。

カトリーヌ
なるほど。前回の投稿ではインプラント除去をお勧めされていましたね。イベント前にインプラント完全除去は可能ですか。可能であるなら、除去されたことをどうやって知れるのでしょう。

コブラ
インプラント除去は簡単ではありません。つまり、イベント前にインプラント完全除去は理論的には可能ではありますが、非常に稀なケースでしょう。現実的に考えて、完全除去はイベント時かその後になるでしょう。除去されたら、本人はそれを感じ取ることができます。内側にネガティブが一切無くなります。まさに完璧だと感じるでしょう。これが不老不死とアセンションの状態です。地球上では未だ、滅多に見られるものではない進んだ状況です。

カトリーヌ
なるほど、そうなれば絶対に解ると。

コブラ
そういうことです。

カトリーヌ
わかりました。では、イベントのために果たさなければいけない目的などはありますか。

コブラ
すみませんが、質問を明確にお願いします。

カトリーヌ
確かに少し不明瞭な質問ですね。おそらくこの質問をした人は、姉妹団の中での共通認識としなければならない事柄だったり、何かエネルギーを引き起こすやり方などを知りたいのではないでしょうか。姉妹団が団結し、統一の目標を持つにはどうしていけば良いでしょう。

コブラ
その意味での果たさなければならない目標でしたら、姉妹団を現実のものとすることですね。姉妹団とは、お互いに争わないで、助け合い支え合う会です。ライトワーカーたちは喧嘩をしすぎです。姉妹団もそう。過去に何度も言いましたが、第一の目標はお互いに調和すること。平和な場を創り出すことです。これが第一条件です。(わかりました)第二の目標は、女神エネルギーをできるだけ定着させること。この惑星に女神エネルギーがもっと根付くことで、移行は全員にとって容易になるからです。

カトリーヌ
よく解りました。ところで、接触の受け皿(コンタクトディッシュ)計画はまだ進行中ですよね。

コブラ
はい、進行中です。まだ参加資格のある人は残っていますし、安全になればすぐにでも発動します。安全とは、惑星の状況の話です。安全になればプレアデス人が計画参加者のところにやってきます。

カトリーヌ
それは素晴らしい。姉妹団の男性女性メンバーは、どのようにして両極性の傷を癒し、そして光の勝利の前にある地球上の苦難の中でどうやって助け合っていくべきでしょうか。

コブラ
両極性を癒すことは私にとっても当初の予想以上に難しい課題だったと解りました。人は思っていた以上に、自身の内側にある恐怖やトラウマと向き合おうとしないのです。イベント前の大躍進はもはや現実的とは言えない状況です。もちろん例外はあるでしょうが。個人としては達成者が現れるかもしれません。ですが集団レベルとなると、もっと光のエネルギーによる支援、もっと光の勢力の存在感が必要です。それと適切なヒーリングのために適切な環境も必要です。これをもっと理解して解決する方法は、これまで記事にしたりワークショップで私からも伝えていったのですが、ほとんどの人にとってまだ早すぎたようです。ほとんどの人はイベントが起きてから準備ができていきますので、その時はプレアデス人が必要な人を援助してくれます。

カトリーヌ
良かったです。性的エネルギーは薔薇の姉妹団にとって、やはり必要でしょうか。グループ内の争いの原因になっているようにも見えるのですが、あなたのお考えはどうですか。

コブラ
確かに、性的エネルギーは争いの主たる原因になっていることは問題ではあります。現時点で争いの原因として盲点にもなっている、厄介な問題です。だからこそ性の癒しは非常に有益なのです。できるだけ癒してあげれば、より多くのエネルギーを扱えるようにもなります。

カトリーヌ
男性が普通の女性よりも多くの女神エネルギーを定着させたい場合、どうすれば良いでしょう。

コブラ
原理的には同じです。体が男性でも女性でも、女神エネルギー定着の技術、様式、原理は同一です。

カトリーヌ
解りました。「ヒエロス・ガモス(聖なる結婚の儀)」についての質問ですが、これは肉体同士の結合無しでも練習が可能でしょうか。例えば遠距離で行うなど。

コブラ
ヒエロス・ガモスは物質界、エーテル界、アストラル界、メンタル界で起きますので、肉体的結合無しでも離れた個体同士でかなりの練習を行うことができます。ですがもちろん、完全なヒエロス・ガモスは肉体がなければ不可能です。なので物理的交わり無しでも練習ならば可能ということです。

カトリーヌ
今現在、地球上にはヒエロス・ガモスを完全に実践している男女はいるのでしょうか。

コブラ
少数ですが、存在します。かなり上級者向けの修練をしています。

カトリーヌ
それは惑星状況にも影響を与えていると。

コブラ
はい、彼らのクンダリーニエネルギーは強力な光の奔流となって惑星エネルギーグリッドを劇的に変化させ、惑星状況を良くしてくれています。

カトリーヌ
すごい。レジスタンスもヒエロス・ガモスを実践しているのですか。

コブラ
はい、やっていますよ。

カトリーヌ
5次元以降の世界で自身のツインフレイムと再会した際に、ヒエロス・ガモスは重要になりますか。

コブラ
ヒエロス・ガモスはアセンション前で重要になります。ツインソウルとの出会いの後、両者のアセンション・プロセスを加速するのに役立ちます。アセンション後はヒエロス・ガモスは物理的ではなく5次元、6次元、あるいはそれよりも高い次元で行われるようになり、全くの別物になります。

カトリーヌ
なるほど。ところで、6次元以降は極性、男女の区別はもう無くなるのですか。

コブラ
極性自体は全次元で万物に存在します。しかし、6次元以上ではより洗練され、より精神性に富む形で表現されます。

カトリーヌ
以前の投稿で、「アミティエ」というコードネームを使用されていましたね。このコードと、それから女神への献身について何かおっしゃっていただけませんか。

コブラ
アミティエについては、私から公にお話しできることはありません。今はまだ、地上人の誰もが準備とは程遠い状態です。18世紀の時と同様で、まだ準備不足です。

カトリーヌ
では、いつ頃準備が整うか目星はついているのですか。

コブラ
女神のエネルギーとつながる人はイベントの後にプレアデス人などの光の存在から特定指示を受け、ようやく準備が調います。

カトリーヌ
良かったです。神聖な母なる女神のエネルギーは、数年前と比べて惑星にもっと定着していますか。あとどのくらい必要なのでしょう。

コブラ
数年前と比べて少なくなっています。理由は2019年後半から2020年にかけての女神グリッドが一部崩壊したことです。したがってまだまだ必要です。届かないほどではありません。ですが、もっと、もっと、もっと、もっと女神のエネルギーが地球に在ってほしいところです。当面の最難関の一つに物理界に固定された女神エネルギーのあまりの不足具合をどうするかがあります。ですから惑星中に薔薇の姉妹団を設立することと、皆がそれぞれのやり方で女神エネルギーを各地に定着させていくことが重要なのです。

カトリーヌ
それぞれのやり方で、ですか。自分のやり方に合った祈り、瞑想、その他エクササイズでいいわけですね。自分にできることをやる、と。

コブラ
自分のやり方で、できることは何でも、です。それが有益であれば何でも構いません。

カトリーヌ
了解です。自分のソウルファミリーと繋がるためにいい方法はありますか。

コブラ
瞑想で繋がってください。内なる知性を通して、今世では会ったことが無いのによく知っている人と出会うことだってできるのです。どこかで会ったことがあると感じられます。深いところで繋がっている感覚を覚え、魂の核心が調和します。これが同じ魂に由来するソウルファミリーを知る方法です。

カトリーヌ
素晴らしかったです。どうもありがとう。最後に一言、これを聴いている皆様にポジティブなメッセージをお願いします。

コブラ
この一年、皆様の人生がどうだったかは聞くに及びません。しかし私たちはブレイクスルーから非常に近いところにいます。近いというのは今日中とか、明日とか来週とかの意味ではありません。私たちの一生という見方をすれば、それがどれだけ最終ゴールの手前かが分かるはず。なぜ今、こんな目に遭っているのか。なぜこんなにも狂乱の時代にいるのか。それは、突破の瞬間にそれだけ近づいているからです。闇の勢力は私たちが打開の瞬間に近づいているのを見て知っているので、戦々恐々としているのです。それがどういう瞬間になるのか、私たちよりも彼らの方が余程知っているでしょう。敗北の瞬間、何もかもを失う時のことを。だからこそ必死で足掻いているわけです。自分の視点の角度を少し変えてあげるだけで、彼らの焦りと必死な抵抗、ミスの連発を見つけることができます。何より、「もうすぐその時だ」と分かるはず。一生という観点から見れば、あとほんの僅かです。あと少しでゴールです。その時は「終わってくれて良かった」と安堵するでしょう。最終戦をなんとか切り抜けたことを喜ぶでしょう。あの数々の集団瞑想も活性化も、あの計画も、終わってみれば「あの時やって良かった」と賞賛できる選択になるのです。誰も彼もがその選択をしない中で、自分はそうして本当に良かったと思えるのです。こんな栄誉は滅多にあるものではありません。あなたは最終戦の勝利の一役を担ったのですから!

カトリーヌ
はい、励ましの言葉をありがとうございました!

翻訳 Terry, NOGI

関連記事

  1. 2015/12/03 ウィークリー・イベント瞑想

  2. 2014/11/26 世界同時!(大至急)拡散希望!エジプトのための瞑想

  3. 2015/12/08 チンターマニ・ストーンの最新情報

  4. 2018/11/09 特定の集団への伝言

  5. 2016/06/20 PFCのコブラインタビュー

  6. 2020/02/18 終末期の狂気 続報

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

アーカイブ