2021/07/13 惑星地球の状況更新

原文http://2012portal.blogspot.com/2021/07/planetary-situation-update.html

2021年7月13日

惑星地球の状況更新

キメラグループの掃討が続いています。光の勢力は、コンゴ複合施設をはじめとするキメラ離脱文明の地下基地の完全排除に成功しました。
そこに捕らえられていた人質のほとんどは解放されましたが、中にはまだエーテル界やアストラル界で捕らえられている人が残っています。

ドナルド・ラムズフェルドはエーテル界で光の勢力に捕らえられ、再処理のために銀河系中央太陽に連行されました。彼はもういません。これで「邪悪の4人」のうち生存しているのはキッシンジャーとチェイニーの2人だけとなり、光の勢力は主要ターゲットを拡大して「邪悪な5人」と名づけました。現在では、ヘンリー・キッシンジャー、ディック・チェイニー、ビル・ゲイツ、アンソニー・ファウチ、クラウス・シュワブの5名となります。

物理的な蜘蛛のキングとクイーン、そして下位の物理的なキメラスパイダーの大半も排除されました。キメラの残存勢力は地表に集中しています。これ以上のことは現時点では明かせません。
地下にまだ残っているものは、南極を含むネガティブ軍の軍事基地、イルミナティ、マフィア、三合会による人身売買に利用されている地下トンネル(アメリカ/メキシコ、カリフォルニア/ネバダ、中国/ミャンマーなどを結ぶもの)、さらには、黒い貴族の城の地下やイエズス会の支配下にある教会やカトリック学校の地下にある児童虐待センターなどです。現在、レジスタンスとポジティブ軍の最優先事項は、そこに捕らえられている子供たちを一人でも多くの救出することです。
特にネゲブ砂漠(イスラエル)、アブ・カマル(シリア)、グロズヌイ(チェチェン)などの地上の軍事施設には、銀河連邦のトップ司令官達のツインソウル(主に捕らえられたプレアデス人)が人質として残っています。

レジスタンスとプレアディアン船団はここ数ヶ月の間にアメリカ、ロシア、中国のポジティブ軍と何度も連絡を取り、イベントに備えてある計画を実行に移しています。シャイアンマウンテンやトゥーレ(グリーンランド)の地下複合施設、その目的のために使用すべく準備に入っています。

また光の力は、ネガティブな非物理的エーテル界とアストラル界のエンティティを集中的に除去しており、その数は現在500億を下回っています。エーテル界とアストラル界の闇の階層のトップにはまだ数匹のキメラスパイダーがいて、昆虫の体を持つ数千匹のアルコン(カルマの主 ー Lords of Karma)を操り、そのアーコンが数百万人のドラコを操り、ドラコが残存する数百億のレプティリアンを管理しています。

以前は銀河連合の評議会では地球解放のための計画がまとまらず、連合関係者の間では本件に対して対立意見が数多くありました。

https://exopolitics.org/remote-viewing-the-galactic-federation-of-worlds/

先週、セムヤーゼをはじめとする上級司令官たちがある行動を起こしたことで、いま連合内では適切なタイミングで地上に思い切った介入を行うというコンセンサスが得られています。今のところ本件についての内容はほとんど開示できませんが、もしカバールが一線を越えれば介入はより早くより厳しいものになるということだけは申し上げておきます。

8月以降は、今年の8月から2022年末までの「交差点イベント」と呼ばれる特別な時間枠に入り、その前半は2021年8月~12月、後半は2022年1月~12月となり特定の状況が拡大してゆきます。

興味深いことに、国際地球外研究連合(ICER)の副会長であるゲイリー・ヘッセルタイン氏は、今後6〜12ヶ月の間にダムが決壊すると見ています。

https://www.rt.com/news/527675-ufo-aliens-extraterrestrial-contact/

11:11ドアウェイのビジョナリーのソララは、今から2022年末までの間にダムが決壊すると見ています。

https://www.youtube.com/watch?v=dPPzeOar–8

地上では、コロナウイルスの物語をめぐる光と闇の勢力の戦いが繰り広げられています。
闇の勢力は強制的なワクチン接種によって、永久的なケースデミック(注 報告される感染者数のみ拡大し重傷者や死者が増えない状態)によるロックダウンの目論みを推進しています。ワクチンは、ハイヤーセルフと人間の人格との間のつながりに影響を与えます(秘教的な世界では、このつながりはアンタカラナと呼ばれています)が、それはワープスピード作戦のロゴにはっきりと見ることができます。

https://beholdthemark.com/articles/f/the-warp-speed-logo-and-the-assault-on-the-blood-brain-barrier

コロナウイルスのデルタ型は非常に速いスピードで拡散しますが、非常に軽度であるため、入院患者数はごく少なく、死亡者数もさらに少なくなります。

https://www.zerohedge.com/covid-19/panic-porn-dressed-science-exposing-truth-about-delta-variant

そこで光の勢力は、ロックダウンの終了や入院患者の効果的な治療の推進を開始しています。

https://www.zerohedge.com/covid-19/wealthy-nations-focus-hospitalizations-covid-becomes-endemic-flu

2日前にオーストリアのセバスティアン・クルツ首相は、オーストリアのロックダウンが終了し政府によるコロナウイルスの強制管理から個人の責任と自由に焦点を移し、感染者に対してではなくて入院患者に焦点を当ることになると予測しました。案の定、オーストリアとその周辺国以外の主要メディアは本件を報じていません。

私のブログ記事をフォローしてくださっている方のために、Telegramチャンネルが各種言語で設定されました。

https://theeventhub2015.blogspot.com/2021/06/telegram-channels-for-cobras-posts-in-differernt-languages.html

集団瞑想に参加されたい方は、こちらのリストをご覧ください。
https://www.welovemassmeditation.com/p/blog-page.html

日本語訳
https://cobra-information.com/wlmmactive-meditations/

お気持ちのある方は7月19日20時11分(日本時間) (UTC時間では7月19日日午前11時11分)に行われる「グリッドに火をともす」瞑想に参加していただけるように光の勢力が求めています。

https://firethegrid2.org/

この瞑想は、惑星地球の地上にある光のネットワークの強化に役立ちます。

Victory of the Light! 光の勝利!

翻訳 Terry

関連記事

  1. 2019/09/05 2020年

  2. 2012/06/09 光と闇のグリッド比

  3. 2020/03/03 拡散してください! 2020年4月4日・5日 「アセンション・タイムライン」と「コロナウイルス終焉」の瞑想

  4. 2012/07/03 セントラルサンの活動

  5. 2018/04/13 平和瞑想の動画

  6. 2018/05/14 参加の手順の更新

カテゴリー

アーカイブ