2021/12/03 薔薇の姉妹団によるコブラインタビュー「神聖な介入立ち上げ」

原文https://www.welovemassmeditation.com/2021/12/sisterhood-of-rose-interview-with-cobra-divine-intervention-activation.html

デブラ
こんにちは、デブラです。薔薇の姉妹団のネットワークのリーダーをしております。

今日は、レジスタンス運動の最高情報責任者であり、御自身のブログの2012portal.blogspot.comで惑星地球や銀河に関する重要な情報を提供されているコブラに再びお話を伺うことができました。コブラ、ようこそ。このインタビューお引き受けいただき本当にありがとうございました。

コブラ
1年ぶりにこのインタビューをすることができてとても嬉しいです。

デブラ
1年が経ちましたが、どんな1年だったでしょうか。まずは、12月21日の夏至の日に行われる非常に重要なイベント「神聖な介入立ち上げ」についてお話ししたいと思います。私たちはこの立上げを2つのステップで行います。12月21日の午後4時(UTC)に世界規模の大規模な瞑想を行い、第2のステップとして惑星解放の請願書にも署名します。この2段階の引き金は、惑星地球の状況に可能な限り最大限の効果をもたらします。この瞑想の目的は、善意の銀河系生命体とのファーストコンタクトと神聖な介入に向けての過程を共同創造することです。まず、神聖な介入立ち上げから始めましょう。

その1 神聖な介入立ち上げ

デブラ
この瞑想ではソースに対して地球上の状況に直接介入し、人類の強烈な癒しの変容を引き起こし、地球上に残るすべての闇を光が変換してくれるようにお願いしています。ではコブラ、神聖な介入とはどのようなものでしょうか?つまり、本質的には、ソースにイベントの起動、あるいは少なくともイベントの開始を求めているものです。

コブラ
ある意味では、そうです。私たちは、今の時点で最も有益な方法で、地球上の状況に直接介入するようにソースにお願いしているのです。そしてもちろん、最終的には「イベント」となりますが、現状で可能な限り最善の方法で介入を行うことを求めています。

デブラ
わかりました。クリティカルマスに達した場合、どのような介入が行われるのでしょうか。というか、いつ起きるのでしょうか?この介入によって、地球上に残っているすべての闇が変換される可能性はありますか?

コブラ
それは現時点では考えられません。まだそこまでは至っていませんが、間違いなく状況が加速化します。プロセスを加速させ、最終地点に向けた大きな一歩となるでしょう。

デブラ
よかった。そして、この12月21日の瞑想と、2021日12月の冬至には何か特別なことがあるのでしょうか?

コブラ
毎年の夏至はとてもパワフルな瞬間ですが、今年はあることが収束しつつあります。まだ公表はしません。立上げの直前に開示しますが、潜在的に重要なことが起きるべく計画されていますが、その日にそれがまとまります。その日をきっかけにして、それらを実現していきます。

デブラ
それがどんなものになるのか楽しみにしています。では、善意の銀河系生命体とのファーストコンタクトについてお話しましょう。彼らは人類が銀河系ファミリーに加わることを望んでいますがそのためには接触を希望する旨の地表の人々からの明確で強力で統一された意思表示が必要だとおっしゃっていましたね。しかしなぜその信号が必要なのでしょうか。つまり私たちがどれだけ彼らの助けを必要としているかとか、銀河系ファミリーの一員になりたいと思っているかとか、彼らはすでに知っているのではないでしょうか?

コブラ
この惑星の地上には約80億人の住人がいます。そのような地表の住民のうち、銀河系コミュニティーとの対話のためのつながりに興味を持っている、あるいは興味を示しているのは、ごくわずかです。その信号は惑星地球の地表から来る他の信号に比べてあまりにも弱かった。だからこそ、彼らは本件について、もっとまとまりのある、より明確な情報を必要としているのです。もし私たちの信号が臨界量に達すれば、そのメッセージは真剣に受け止められるほど強力なものになるでしょう。というのも、彼らは地表のすべての人類を考慮する必要があるからです。ほんの数人、軽い気持ちで接触を希望する人がいるだけなら、それだけでは不十分です。それには明確な意思が必要であり、銀河系の対話に向けた最初の一歩であり、これこそがこの瞑想と請願書で達成しようとしていることなのです。

デブラ
なるほど、それは面白いですね。それは理にかなっていると思います。というのも、一般大衆は目覚めておらず、私たちは地球に何を望んでいるのかについてかなり雑多なメッセージを彼らに送っていると思うからです。まだ銀河ファミリーの一員ではないというのはどうしてですか。地球上に異常と闇があるからまだ銀河ファミリーに受け入れられていないのでしょうか?それとも、あなたがおっしゃるように一貫した信号を発信しなかったからでしょうか?

コブラ
その信号はあくまでも第一段階です。本当の意味で銀河系家族の一員になるためには、家族の一員のように振る舞えるように学ぶ必要がありますが、人類は明らかにまだそれができていません。ですから、これはあくまでも第一段階となります。そして、受け入れられると思われる場合でも、プロセスが必要になります。決まった手順、決まったプロトコルになります。これは、そのプロトコルの最初のステップです。これは惑星地球の地上と銀河社会の間の銀河外交の最初の瞬間です。

デブラ
では完全に闇から解放されなければ、銀河系ファミリーの一員にはなれないのでしょうか?

コブラ
公式に認められるためには、そうです。そしてそれは、イベントという過程を経て実現していくことになります。

デブラ
はい。この銀河系の家族の一員になるとはどういうことでしょうかつまり、それはどのようなものなのでしょうか?地球外生命体の宇宙船がもっと空に出現するということですか。地球上に現れますか。私たちと彼らの間にテレパシーのチャンネルがもっと開かれますか。どのようなものなのでしょうか?

コブラ
人類が銀河系社会の一員として対等に受け入れられるには、その前にファーストコンタクトが必要です。ですから、ファーストコンタクトも、神聖な介入も、イベントも、全部その前に起こります。実際、この立上げはイベントを超えるものです。私たちは本当に銀河系家族の一員になるところまで到達しようとしているのです。そして、これは非常にすばらしい経験となるでしょう。というのも、ついに惑星地球は闇の惑星では無くなるからです。そしてそれは、今の地球上の状況よりもはるかに良いものであることは明らかです。

デブラ
それについては後ほどお話しましょう。ファーストコンタクトというと、銀河系の存在が宇宙からやってくるというイメージがありますが、ファーストコンタクトには、アガルタの住人やレジスタンス運動のように、地下にいる善意の存在が地上にやってくることも含まれるのですね。

コブラ
はい、でもこの部分はまだ機密です。現時点では、銀河系の生命体が宇宙船でやってきて、最初はプレアデス人が一定の人たちに接触し、それが更に広がってゆくという内容です。これが今の私たちの関心事です。

デブラ
わかりました。そして、144,000人が瞑想に参加してクリティカルマスに達した場合、地球外政治および地球での政治に広範囲な影響を与えるとおっしゃっていましたね。では、その結果について詳しく説明してください。

コブラ
わかりました。最初に請願書についてお話します。この請願書がその数の署名を達成すれば、私たちが接触開始を望む人類の顕著な人数を代表していると銀河系勢力が判断します。そして銀河法典により彼らは応答することが求められている。彼らがどのように反応し、どのように伝えるかはまだ明らかにされていませんが、反応はあるでしょう。その応答は、安全ではないので最初は公開されないかもしれませんが、あるプロセスが起動します。そして、そのプロセスが始まったら、もう止めることはできない。それを覆すことはできません。動き出すのです。それが継続して動いて行く。

デブラ
請願書についてはもう少し詳しくお話したいと思っています。その前に、この瞑想では一体何のために瞑想をするのでしょうか?先ほど特定の人々がプレアデス人から接触を受けるとおっしゃいました。では、これは特定の人に対する個人的なコンタクトなのか、それとも大量着陸のような地球規模のコンタクトなのか、どちらが先なのでしょうか?

コブラ
実際には両方です。選ばれた人と接触があった後、その方達が自分の経験を伝えます。連鎖反応が起こり、ある時点で銀河系艦隊の大規模な目撃情報が得られメディアで大々的に報道されることになるでしょうが、これらはすべてイベントに織り込まれ、完全な情報開示プロセスが行われます。つまりこれらはすべて、ある特定の順序で起こっている同一過程の各要素なのです。

デブラ
わかりました。どのような人がコンタクトを受けるのでしょうか。おそらく多くの人がその人たちが誰なのか、もしかしたら自分なのではないかと思っていると思います。つまり宣言をした誰もが物理的またはテレパシー的に接触を受けるのか、それとも光の勢力が選んだ特定の人に対してなのでしょうか。

コブラ
私が数年前にブログで公開した接触の受け皿というプロトコルがありますが、そのプロジェクトに参加している人たちは私有地を持っているので、法的な観点からも小型宇宙船が私有地に着陸するのははるかに容易であり、妨害されることなく物理的な接触を行うことができるので最初に接触を受けることになります。できるだけ早く実現するにはそれが手っ取り早いです。安全になったらすぐに実行します。もちろん、多くの人がテレパシーで接触を取るでしょうし、霊的な体験やビジョン、夢の中での訪問をする人もいるでしょう。しかしいまの話は、証拠が残る物理的接触の件です。写真や動画を撮ることができます。これらの情報は、いずれはメディアを通じて配信されることになるでしょう。

デブラ
イベントの前に起きうるのでしょうか?

コブラ
はい、それは可能です。正確な順序は、様々な理由、戦略的な理由からまだ公表しません。これを聞いている多くの生命体が本件を歓迎しておらず、神聖な計画と合致しない目論見を持っているためです。しかし、イベント前の最終段階で接触はあります。

デブラ
土地を所有していない人はどうなるのでしょうか。物理的な接触から除外されてしまうのですか?

コブラ
いいえ、除外されることはありませんが、何らかの手配が必要となるので少々難題です。自然の中や公有地を歩いている間に実行することも可能ですが、そう簡単ではありません。しかし、土地を所有している人にとっては、現実的かつ法的な理由から、物理的な接触を実現することが容易です。闇の勢力の干渉を最小限に抑えるためには、すべてが正しく行われなければなりません。それが一番の理由です。安全性を第一に考えています。接触を受ける人は安全を確保する必要があります。

デブラ
はい、もちろんです。でも、もしあなたがどこか自然の中を歩いているような時に、そういうのも選択肢の一つになるのではないかと考えていました。

コブラ
それも選択肢のひとつです。安全で便利となり次第、実施されます。

デブラ
また、何があれば安全になるのでしょうか。

コブラ
それは、カバールが十分な力を失ったことを意味します。それは、ある人の歩いている位置が、軌道上から簡単にアクセスできるということです。例えば、プレアデスの宇宙船の場合、軍事基地に近づきすぎない位置に設置する必要があります。それは、地上から楽に探知できるような位置ではない必要があります。様々な要素が絡み合っています。

デブラ
なるほど。わかりました。つまり自然がある所で距離が離れていて一人だけになれているということですね。

コブラ
はい。これはケースごとに異なります。その他の各種要素が絡み合っています。また、受け手の意識や、その人の他の人への愛着、その人の社会的ネットワークも大きな要因だと思います。誰にいつ、どのように接触するかは、様々な理由、様々な要因があります。

デブラ
その接触の可能性に備えて、どのような準備をすればよいのでしょうか。

コブラ
私のブログに掲載されているコンタクトディッシュのプロトコルを読んでください。そこにすべてが書かれています。

デブラ
わかりました。先ほどの件は、私たちの社会的つながり、その人の意識についてですよね。

コブラ
これ以上はこの時点では触れません。

デブラ
わかりました。波動を高めて内観し、エネルギーフィールドを浄化することはそれらに役立つでしょうね、きっと。

コブラ
もちろんです。プレアデス人は優先順位リストを持っていて、最も意識が高く、闇からの干渉を受けずにコンタクトを取るために備えている人に接触します。つまり現時点では2つの大きな要因があります。

デブラ
ありがとうございました。そのため、この立上げの活動が何のために行われているのか、少し混乱がありました。最後の懇願のようなものでしょうか。つまり闇の勢力が予想以上に強力で、時間切れになってきたことを光の勢力が悟ったからこそ、追加支援を依頼しているのではないでしょうか?つまり、地球解放が100%必要であることは銀河法典が明確に指示していることから分かっているのですが、物事をより早く実行しなければならない段階にあって劇的な行動が求められているために、この立上げを行っているのでしょうか?

コブラ
さて、これは破れかぶれでやっているわけではありません。それは権力のある立場から行っています。ようやく地上の人々の意識が、これで臨界点に達する準備ができたということです例えば、この請願書は8年前に作成されたもので、その時の数字は約2万人でした。現時点で、ここまでですでにその5倍の量が集まっています。つまりこの8年間の状況は、現実的に臨界点に達し、このプロセスを開始することができるところまで進展したということです。だからこそいまこれを実行しているのです。完璧な時期です。現実的に実現できるのは初めてのことです。

デブラ
それはとても刺激的で前向きな見方ですから、そう言っていただけると嬉しいですね。すばらしいニュースです。私たちは..新地球をつくるために地球外生命体を必要としているのでしょう。つまり、自分たちでできる可能性があるのか、それとも本当に彼らの助けが必要なのか、ということです。

コブラ
この地球上には2つの一方的な視点があります。1つは、すべてを自分でやらなければならないという考え。もう一つは、私たちは無力で外部の助けを必要とするという考え。実は、ここで必要なのはパートナーシップです。地表の人々と銀河の人々とのパートナーシップ。それが銀河系全体で行われている方法であり、ここで成功するためにはこの方法が必要なのです。私たちは解放に必要な要素を持っており、彼らは別の要素を持っています。それが一緒になって実現できるのです。だからこそお互いに権限を与えて解放を実現するために、このパートナーシップが必要なのです。私たちは惑星地球の地上と天との間に橋を作り、この橋がイベントの引き金となります。それがイベントへのプロセスの支援となり、闇を倒すのです。

デブラ
たしかにその両方が一緒になるととてもパワフルね。私たちは、この地球上の惑星で協力し合うことを学びます!そこで今回は、集団瞑想によって意識をまとめる力についてお話ししましょう。以前には14万4,000人のクリティカルマスを達成しましたし、100万人を達成したこともあります。しかし、物理的にはあまり結果が出ておらず、それに落胆している人もいます。肉体的な目では見えないかもしれない部分で、これらの瞑想がどのように役立っているか説明していただけますか。以前にも説明されましたが、人々にもう一度聞いてもらいたいと感じています。

コブラ
人は時に、現実にはない期待を抱くものです。人々はたった数分の強い瞑想で、何千年も何万年も蓄積されてきた地球上のすべての闇を変容することができると期待しています。もちろんそれは不可能です。目に見えて明らかになる本当の物理的変化、これは人々が期待していることですが、イベント前の最後の数週間にしか起こりません。イベントの数ヶ月前には何もわかりません。人々が変化に気付き始めるのは、イベントの数週間前からです。ですから、その瞬間までにどれだけ瞑想をしても、目に見える形での強烈な変化はありません。瞑想のたびに変わることは、ポジティブなタイムラインに権限を付与し、多くのネガティブなことが起こらないようにしていることです。私たちの瞑想がなければ、今こうして会話をすることもなく、もしかしたらこの地上はすでに破壊されていたかもしれません。つまり、多くのネガティブなシナリオを回避することができました。多くの戦争を回避することができました。彼らは、シリア、イラク、イラン、イスラエル、ウクライナなど、あらゆる場所で戦争を起こそうとしました。何度も何度も成功しなかった。うまくいったのは、このパンデミックだけ。パンデミックが成功した主な理由は地上の主要なライトワーカーが2018年と2019年に重大で愚かで現実的な間違いを冒したことです。今回のパンデミックを防ぐことは可能だったのです。パンデミックになる必要がなかった。完全に不必要だった。このごたごたはすべて避けうることだったのです。しかし、私たちの瞑想によって他の多くのことが回避され大いに役立っています。実際には多くのことが思いのほか悪い状態であったかもしれません。いま私たちが完全に全体主義的なニューワールドオーダー体制の中にいないのはまったくの奇跡です。確かにそのような要素はありますが、私たちはその状態にはいませんし強制収容所に住んでいるわけでもありません。だから、そういうことにならなかったのは完全な奇跡なのです。闇の勢力が何をしているのか、彼らがどれだけのエネルギーを注いでいるのか、それを地上の人類の状態を比較して、これらのことがどういう展開になっていったのかを考えれば、私たちは極めて成功していると言えます。

デブラ
ライトワーカーの力を見せつけられた気がします。

コブラ
みんなが思っているよりもずっとすごいです。

デブラ
これで多くの人が目を覚ますと思います。そう言っていただけて、とても嬉しいです。そして、それはまた集団瞑想のパワーも示しています。お聞きしたいのですが、12月21日の世界的な大イベントの前に、毎日瞑想をするのは効果的でしょうか?それがエネルギーの蓄積に影響を与えますか?

コブラ
そうですね、もちろんエネルギーが蓄積します。もちろん、毎日いつでも好きな時に瞑想をしてください。それがあなたの導きであるならば、それは完璧です。

デブラ
わかりました。このような大規模な瞑想では、より多くの人が参加すればするほど、より大きなインパクトを与えることができることがわかっています。ですから、これをできるだけ多くの人に知ってもらうことが重要です。特にお話いただいたようにこの瞑想から期待される結果について知ってもらうことが重要です。銀河の生命体とのファーストコンタクトを求めているこの瞑想の意図は、本当は全員のためではありません。「覚醒していない」多くの人は、これを馬鹿げているとも、恐ろしいとも思うでしょう。では、どうすればメインストリームの人たちを増やしていくことができるのでしょうか。それは「神聖な介入」という側面に注目することですか。どうお考えですか?

コブラ
自分の導きを使ってください。誰と共有するのか、言葉遣いはどうするのか。私はファーストコンタクトの普及にある意味で取り組んでいる数人の人物に呼びかけましたが、彼らからの返事はありませんでした。何なんだいったいと思います。私たちは本当にすばらしいもの、本当に重要なものを作ろうとしています。それなのに彼らは単に興味を示さない。銀河の軍はこれらをすべて観察しており、そのために躊躇しているものです。これでは統一が十分ではない。誰もが小さい庭があって、少数のフォロワーがいて、自分たちなりの行動をしている。銀河系の視点では人間の心理を理解しているのでそれは理解できるのですが、これだけしか見ていないと真剣さが伝わってこないのです。おわかりいただけますか。

デブラ
はい、もちろん。今こそ自分のエゴを捨てて、コミュニティーが団結し、この地球を本当に救うために終結してほしいと思います。そこでこれを聞かれたらフォロワーに伝え、家族や友人にSNSで伝えてください」という呼びかけをしています。必要だと思います。一人でも多くの方に、特に多くの方に支持していただけると嬉しいですね。

コブラ
私は誰かを改心させるために話しているわけではありませんし、本件を受け入れていない人々を説得しようとしているわけでもありませんが、すでにあるレベルで、ある方法でこういうことに取り組んでいる人々がいるのです。そして、彼らはいずれにしても参加する必要がある人たちです。なぜなら、これは私個人の小さなアイデアではなく、人類のためのグローバルな計画の一部だからです。(はい)そして、他の誰もがいつ始めてもおかしくないのに、そうしなかった。始めることができたのです。人々は地球外生命体の存在を知っており、過去数十年の間に地球外生命体に関する多くの本やビデオ、映画が公開されているのですから。そして、これはいつでも始められたはずですが、やらなかった。ですから、今がその時なのです。今こそ私たちは一緒になって本気で行動を起こさなければなりません。

デブラ
はい、100%です。それでは、請願書についてもう少し詳しくお話しましょう。とても重要なことなので。なぜこのようなことをしているのかを明確に理解していただきたいのですが、銀河系生命体と話をするために請願書を作成するのは少し愚かなことだと思います。このエネルギー的な橋ができるとおっしゃっていましたが、それについて、また、これがどのようにして解放のプロセスを加速させるのかについて、もう少しお話しいただけますか?

コブラ
わかりました。これは実際には法的文書です。法的文書に署名しています。統一された意志の宣言を作成しているのです。この宣言が確固たるものであれば銀河連合軍はこれを真剣に受け止めるでしょう。彼らは人の心を読むことができます。人の心の中にある矛盾した考えをすべて見抜くことができます。介入してほしいという気持ちもあれば、光の勢力に怒りも感じている。不安感があって本当に存在しているのかどうかさえ疑ってしまう。証拠がないし。このような複雑な思いが、非常に複雑なシグナルを生み出しているのです。これに対応するためには、非常に明確で一貫性のあるものが必要です。そしてこれは物理的な行為である必要があり、物理的な書面である必要があります。それには物理的なプロセスが必要です。物理的層に介入してほしいという理由をもってPC上で署名をする必要があります。それがマニフェステーション(実現化)することであり、物理的な行動を望むのであれば物理的な行動をとる必要があります。

デブラ
よくわかります。

コブラ
そしてこれは高次元と物理層の間の橋を作っているのです。ネットワークを作ります。また、地上と宇宙船がいる軌道上のすべての場所との間にも橋を架けます。

デブラ
なるほど、それはとても納得できます。先ほど、約8年前の2013年に最初に署名サイトを開始したとおっしゃいましたが、その時の様子を教えてください。では、なぜそれがなぜいまクリティカルマスに達することが重要なのでしょうか。それまでに144,000人の署名が集まらなかった場合はどうなりますか?

コブラ
クリティカルマスに達することは常に重要でしたが、それは現実的ではありませんでした。何年も前に始めていたら実現しなかったかもしれませんが、今は最初の本当のチャンスです。そして、クリティカルマスに達するのです。クリティカルマスに達しない可能性があるという話ではありません。つまり、クリティカルマスに達するのです。

デブラ
はい、本当にそうです。数年前に署名したのに署名をしたことを思い出すことができない場合。再び署名するべきでしょうか?

コブラ
私は明確に指示を出しました。署名は一度だけです。

デブラ
わかりました。この請願書がクリティカルマスに達することで私たちが行っている瞑想の効果がどのように拡大するのか、もう少し話していただけますか?

コブラ
それは実際に、この瞑想でマニフェスト(実現化)することへの最初の本当の一歩となるでしょう。ですから請願書がクリティカルマスに達したとき、これは先ほど言ったように、ある種の法的、地球外政治的なプロセスを設定することになります。そこには、ある種の対話が生まれます。銀河系の評議会が開かれ、決定が下されます。彼らはある種の行動を起こし、地上をも巻き込んでいくでしょう。それによってコンタクトのプロセスが早まります。物事は動いており、私たちが実感しているのはまさにそれです。この請願により、「コンタクト」に向けてのタイムラインが加速されることになります。銀河連合艦隊は、低軌道や地表に向けてより活発に活動することが認められます。地上でのつながりがあるかもしれません。今はまだ公表できませんが、ある種の事がスピードアップされます。加速化してゆきます。銀河連合軍は、これまで以上に多くの権限を持つことになります。カバールに対して強い手段を講ずることができるようになります。私たちが悪者を消し去りたいと思っていること、混乱した思考や、仕返しのつもりとかではなく、明確な意図でもってそれを望んでいることを彼らが知れば彼らができる権限が増すのです。

デブラ
はい、その通りです。そして、どうしてもお伝えしたいことがこれ。私は144,000人に到達するという確認を得たことです。ちらっと見ると、私がいる場所では1時44分(午後)だったので、これはとてもパワフルなメッセージでした。楽しみにしています!

その2 地球最新状況

デブラ
さて、ここからは銀河の状況について少し話を進めていきましょう。最近の投稿で、光の勢力が太陽と地球の周りにダイソン球を作って近い将来に銀河のセントラルサンから来る銀河パルスの強度を和らげようとしているとおっしゃっていました。これは、強力なイベントの銀河のエネルギーへの到来に備えるという朗報であると考えています。そして疑問なのは、アトランティスのようにならないためにこのダイソン球が必要なのかということです。アトランティスの時代に、パルスが地球に衝突した時に使われたのでしょうか?また、私たちが経験しようとしていることを経験した他の惑星でも使用されているのでしょうか?

コブラ
そのダイソン球は惑星がこのような相転移をするときに、定期的に使用されます。太陽が新星(ミニノバ)になるたびに、条件が整っているときには生命体が居住する惑星では過剰な放射線から守られます。というのも強力なソーラーパルスは生き残りが難しいような大規模な放射を発するからです。そのため、このダイソン球は特定の周波数をフィルタリングします。特定の周波数を調整することで、どんなことがあってもそのプロセスを無傷で乗り切ることができます。

デブラ
この球体を作る技術について、またそれが私たちの目に見える形で現れるかどうかについて、教えてください。

コブラ
実際には球体ではなくそう呼ばれているだけです。これは実際には巨大な母船が地球や太陽の周囲に神聖幾何学的に配置され、周波数をフィルタリングする量子力場を作り出しているのです。クロークされます。ですから見えません。(なるほど、そうですか)ポールシフトと最終避難の瞬間には見えるかもしれませんが、それ以前には見えません。

デブラ
わかりました。また、光の勢力はこのプロジェクトを開始していますが、宇宙船を揃えるのにどれくらいの時間がかかりますか?

コブラ
これを設定するための初期段階と言えるでしょう。太陽系内の条件が整えば、かなりの速度でこれが可能になります。しかし条件はまだ整っていません。現時点では本件設定のための初期段階と言えるでしょう。

デブラ
それでは、最新の状況についてお願いします。では、非物理層の多くが浄化されたいま残るものは何でしょうか。現時点で闇の勢力の権力基盤を支えているものは何でしょうか。

コブラ
瞑想と請願書の手続きが完了するまでは、この件について何のアップデートもしません。

デブラ
わかりました。ですが、その後に教えていただけるのですね?

コブラ
はいその後、ある時点で更新情報を提供します。

デブラ
よかった。トップレット爆弾の進捗状況を教えていただけますか?イベントの最大の障害はやはりそれなんでしょうか?

コブラ
はい、いまだに最大の傷害です。はい。

デブラ
何か進展はありましたか?

コブラ
進行中ではありますが、これは非常に難しい案件です。つまり、トップレット爆弾を取り除くのは本当に大変なことなのです。困難なことですが前進しています。

デブラ
わかりました。では、プレアデス人や他の光の勢力は、亜量子異常のような難解でネガティブな力への対処法をわかっているのでしょうか。彼らはプレアデスや自国の惑星で、この種のものに対処してきたのでしょうか。

コブラ
何百万年も前からこの問題に取り組んできましたが、それは常に挑戦でした。というのも、この問題はある意味で非常に高度なものであり、闇の勢力がこれらの原理を利用した高度な技術を使用しているからです。そして、ある意味では非常に混沌としており、初期異常は予測不可能なのです。研究するのが大変。封じ込めるが大変。処理するのが大変。除去するのが大変。ここ数年、光の勢力の進捗状況は過去に比べてはるかに進んでいます。光の勢力は重要な要素を学習済みだからです。そして、最後に残った解消すべきものがいくつか。それ以外の銀河系の問題は解消済み。この残った部分が最も困難な部分です。日々進展があります。

デブラ
わかりました。さて、この異常を解消できると断言できるのでしょうか?

コブラ
はい、できます。問題は、いかにして「イベント」の地点にたどり着くかということだけです。つまり、イベントには到達しますが、それまでの道のりは険しいです。ですがゆっくりと進んでいます。

デブラ
はい。次に、セントラル種族の話に移ります。以前の集団瞑想では彼らの注目を集めたことがありました。今回はどのように関わっているのでしょうか。また、彼らがどのような姿をしているのか興味を持っています。

コブラ
そう、彼らは銀河連合に大きな支援をしています。彼らは、ダイソン球、太陽系の浄化、初期異常の除去、亜量子異常の浄化、トップレット爆弾の除去に多大な貢献をしています。彼らはこれらすべてのプロセスに対して大きく協力してくれています。

デブラ
よかった。見た目はどんな感じなのでしょうか。

コブラ
言葉で説明が難しいです。彼らはとても高い次元の存在です。形を持って現れるわけではありません。物理的な状態にはなったことがありません。つまり、エネルギー的な生命体です。物理的なものではありません。具体的な形はありません。もちろん物理層に出現しようとすればどんな形にもなれますが、それをしたことはありません。

デブラ
まさに私が思い描いていた通りです。なるほど、お答えいただきましてありがとうございます、それでは、インプラントについての話題です。つまり、インプラントはもう量子的に絡み合っておらず、光の勢力で徐々に解消し始めたとおっしゃっていましたよね。ご存知のように、私たちの国際的なグループがインプラント除去のためにライトワーカーに無料のインプラント除去セッションを継続的に行っています。これらのセッションが、参加している人たちや全体レベルで、どのような影響を与えているか教えてください。5月の時点では、人間のインプラントやバイオチップに直接関係する量子揺らぎが予想以上に解消しているということでしたが、実際にはどうなのでしょうか?インプラントやバイオチップによって生じた時空の歪みは、急速かつ劇的に減少しています。そしてその結果、ここ数週間で人間の感情の起伏が大幅に減少しました。つまり、このセッションの効果が確認できたのではないでしょうか?また、これらのセッションは光の勢力や惑星の解放のための重要な支援となるのでしょうか?

コブラ
これらのセッションは大きな支援になっています。導きを感じたならば参加者全員がこのセッションを継続、というよりも拡大してください。というのも、光の勢力がインプラントをより早く、より効率的に解消するためには本当に役立つ手段なのです。

デブラ
なるほど、素晴らしい。ありがとうございました。これを続けていくことが重要だと感じておられるかどうかをお聞きしようと思いました。これらのプロトコルをより効果的にし、惑星解放を加速するために、何か追加できることはありますか?

コブラ
この時点では、現在使われているプロトコルも問題ありません。瞑想後のどこかの時点でアップグレードがあるかもしれませんし、ないかもしれません。状況を見守りましょう。更新の可能性があります。

デブラ
すばらしい。トップレット爆弾がまだ残っている唯一の場所はブラックホールの特異点が存在する人間のエネルギーフィールド内のインプラントの中だと以前おっしゃっていました。では、インプラント解消のエクササイズを行うことで、本質的には残存するトップレット爆弾を除去する光の勢力を支援していることになりますか?

コブラ
光の勢力の支援になっています。トップレット爆弾へのアクセスが楽になります。私たちがトップレット爆弾に直接対処することはありません。あまりにも危険だからです。しかし私たちは光の勢力がアクセスしやすくして、安全で効率的な方法でアプローチできるように支援しています。

デブラ
はい、よかった。イベントまでインプラントを完全に除去できないことは承知していますが、普段から参加している人たちにとってどのようなメリットがあるのでしょうか。実際にインプラントを解消しているのでしょうか?

コブラ
人ができることは、マインドコントロールの解消、制限している信念体系の解消、意識の解放です。それは間違いなく、この解消過程の結果であると言えます。参加者の経験を集めてそれをどこかに投稿すれば、この問題に取り組んでいる人に提供のヒントとなるでしょう。

デブラ
それはいいですね。視聴者の皆さんと共有したいと思います。前にも聞かれましたが、良いインプラントもあるんですか?

コブラ
その質問をもう一度お願いします。

デブラ
良い意味でのインプラント、私たちに利益をもたらすポジティブなインプラントもありますか?

コブラ
私は良いインプラントと呼んでいませんが、ある種族は発展の中間段階にあってコミュニケーション、スキャン、ヒーリングなどの良い目的のためにインプラントを使っていました。アトランティスでもよく行われていました。地球外のある種族の宇宙船でも行われていましたが、これは時代遅れの古い技術と言えるでしょう。

デブラ
わかりました。水瓶座の時代についてお聞きします。去年の12月の冬至に瞑想を成功させてクリティカルマスに達したのですが、その時のインタビューでクリティカルマスが達成されればその後1~2ヶ月でポジティブな結果が得られるかもしれないとおっしゃっていました。そしてもちろん、多くの人々は2021年には混沌とした状況ではなく、もっとユートピア的な結果を期待していました。マトリックスの解体ではある程度混乱が予想されることは理解していますが、いつ、どのようにして水瓶座の時代のエネルギーを経験するのかと多くの人が考えています。8月に発表された「1996年に地球に侵入したリゲル勢力の浄化が10月中下旬に終わった後は、水瓶座の時代の夢を地上に現すことが非常に容易になることが予想される」という発言についてお伺いします。もう少し詳しく説明していただけますか?水瓶座の時代は時が来ると自然に生じるものなのか、それとも私たちが主体的に努力してそれぞれの人生の中で自分自身のためにそれを実現しなければならないのでしょうか。

コブラ
ここには2つの要素があります。第一に、誰もが、私も、レジスタンスも、光の勢力も予想していなかったほどの闇があるということです。そして2つ目の要因は、誰もが予想していたよりも、ライトワーカーの間には協調性がなくエゴイズムと愚かさがあるということです。この2つの要因が相まって、このプロセスは当初の予想よりも楽しいものではなく困難なものとなりました。しかしより多くの人々が「光」を保ち、積極的に協力し、協調の精神とともに常識を発展させていくことができれば、私たちの役割はより容易になると言えるでしょう。もちろん闇の勢力はそれに挑戦しようとします。これは彼らの性質であり、これは戦争です。もちろん彼らは戦争には勝ちたいと思っていますし、勝つためには何でもします。彼らは勝てないでしょうが、このプロセスを妨害するためにできることは何でもするでしょう。しかし私たちがより団結力を十分に発揮すれば、それは非常に強力な防御となるでしょう。つまり、2つの力が相互に作用しているということです。ポジティブな側面では、協力し合って常識を発揮している ライトワーカーであること。一方、闇の勢力はすでに協力関係にあり、その戦略はライトワーカーの多くが経験したことのないほど効率的なものです。光の勢力は外来兵器を除去中であって、外来兵器の脅威が取り除かれる前に直接介入することはできません。これが今の状況です。私たちの手には残った道のりを楽にするための力が十分にあります。

デブラ
私たちの結束こそが闇から私たちを強力に守ってくれるという意味で、とても重要なことをおっしゃっています。だからこそ、私たちが本当に団結しなければならないということです。

コブラ
はいもちろん、ほとんどの人は私の話を真剣に聞いてくれないでしょうし、協力もしてくれないでしょう。そして、ブレークスルーが起こるまではさらなる任務があって、同じことの繰り返しになるでしょう。このような状況になりうると思います。あまり期待はしていません。人間の行動を十分に見てきましたから。しかし、ネガティブな外来兵器が十分に除去されて光の勢力がブレークスルーを起こす時が来るでしょう。その時に戦争が終わり問題はなくなり、完全に形勢を一変させるでしょう。

その3 時事問題

デブラ
地球の現状についてお話ししたいのですが、皆さんが一番話題にしているのはもちろんウイルス関連です。おっしゃった通り闇は誰もが予想していたよりもかなり強力で、現在のタイムラインでは私たちは大惨事に向かっているのでしょうか。もしそうだとしたら何が起こるのか教えてもらえますか。私たちの未来において、軍による強制的な予防接種、隔離収容所、食糧不足、AIによる乗っ取りなどのディストピア型社会を経験する確率は果たしてどのくらいなのでしょうか。

コブラ
私たちは災害に向かっているのではなく一種の戦争状態にあるのです。今はどちらも同じくらいの力を持っていて相手に対抗している状況です。つまり善人は本件すべてに反対し、悪人はこれを実現させたいと考えているのです。一方ではゆっくりとした社会の崩壊があり、他方では大きな覚醒が起こっている。数ヶ月前までは何が起きているのかわからなかった人たちが、目を見開いて理解し、同時に大規模でポジティブなノンコンプライアンス(不服従)が起きています。つまり、ここでは闇と光の両方の目論みが動的に均衡を保っているのです。双方ともにかなりの力を持っているので、ブレークスルーが起こるまでこの緊張感は続くと思います。どこかの時点で闇が勝利するように見え、どこかの時点で光が勝利するように見えるでしょう。この均衡、こういった強力な拮抗はブレークスルーまでこのように続くでしょう。そしてもちろん昔の普通の状態に戻るわけではなく、それはあり得ない。時すでに遅しです。旧社会はすでに2019年の夏にノーリターンのポイントを迎えており、これを覆すことはできません、道は上にしかなくイベントに向かっていくしかありません。

デブラ
つまり、この暗黒社会にどこまで堕ちるかで秤が光に有利になると。

コブラ
抑圧されたら、その抑圧に抵抗する必要があります。つまり、平和的に、一貫して、大規模に。人々が何も言わずただ従っていれば、闇の勢力がそれらの手段を実行するのは簡単です。

デブラ
時間が経過し覚醒が進むにつれて、覚醒する人が増えていくのでしょうか?

コブラ
何かが間違っている、何かが起こっているという認識を持つ人が増え、人々が物事に疑問を持ち始めているのを感じます。もちろん代替メディアは多くの偽情報に汚染されており、こういった記事や動画を見るとさらに混乱することになりますが、少なくとも公式見解に疑問を持ち、考え始め、自分で選択したいと思うようになるのは非常に良いことです。このような大規模な出来事は過去に例がなく、何億人、何十億人もの人が初めて公式見解に疑問を抱いたのは人類史上初めてのことです。これは今までにないことです。

デブラ
わかりました。「いま連合内では適切なタイミングで地上に思い切った介入を行うというコンセンサスが得られています。今のところ、このことについて多くを語ることはできませんが、もしカバールが一線を越えれば、介入はより早くより厳しいものになるという事実だけは申し上げておきます。」と7月におっしゃいました。ということは、12月21日に瞑想するのはこの介入なのでしょうか?その一線を越えてしまったのでしょうか?

コブラ
説明します。地球上での生活実態を把握していないのに、あのような声明を出した光の勢力は間違いだったと言えるでしょう。彼らは転換点についてあらゆる数学的モデルを有していますが、私たちにとっての地上とは別の話です。壁に貼ったグラフやスクリーン上のグラフではなく、現実の生活です。ですから地上の住人の観点から言えば、そのラインは何度も越えていると言えるでしょう。しかし彼らは異なるシナリオに対応し、異なる現実に対応しています。トップレット爆弾の爆発を防ぎ、地上が全滅することなく惑星を無事に維持することに取り組んでおり、そのようなシナリオを防いでいるのです。ですからその線がどこにあるのかを推測したりすることはしませんが、存在することは知っています。

デブラ
暗黒な社会にどこまで入り込んだら劇的なアクションを起こすのか、見当はつきますか?

コブラ
コメントしたくありません。その気になれません。

デブラ
わかりました。どのようなアクションを起こすのか教えてください。

コブラ
機密扱いのシナリオがあるので、お話することはできませんが、ある種の準備はされていますが不必要な希望は持たせたくありません。非生産的な憶測を生みたくありません。

デブラ
なるほどわかりました。明らかに人々は緊張感を感じており、暗闇の中でのパニックや絶望に直面しています。コブラが見せてくれた核生成段階のチャートによると私たちはいま沸点にいると言えるでしょうか?

コブラ
そう、今は突破口を開く前の最後の段階、つまり「イベント」と呼ばれる最頂点で最終的な流束前の段階なのです。今はその最終段階で熱流束が加速しており、それを実際に体験することができます。このような緊張感は、エネルギーがどんどん流れ、物理学的に言うとシステム内で熱流束がどんどん発生していることを意味します。それは増え続けており「イベント」まで増え続けます。そのため、より緊張感が高まり、よりダイナミックな力が働き何かが壊れるまで続きます。それがイベントの瞬間となります。

デブラ
この沸点にどれくらいの時間いるのか、おおよその目安を教えてください。「もう少し踏ん張って包囲網に耐える」ということですか。

コブラ
いやいや、このような状況になったらどんなに時間がかかっても光を持ち続けるのが戦略上の常識だと思います。今すぐ手放してしてこの混沌に身を委ねてしまうと、うまくいかなくなるからです。ブレークスルーが起こるまで緊張感を保ち意識と集中力を維持しながら、焦点を定めて光を継続する必要があるのです。

デブラ
わかりました。騙されていることがはっきりわかる人と、それがわからない人に分かれています。もし「イベント」がしばらく起こせないとしたら、無慈悲なカバールが運営する世界にはめ込まれたくない人々を助けるための光の勢力のプランBは何でしょうか?

コブラ
プランBはありません。今はガンマタイムラインであり直接介入が必要です。数年前からガンマタイムラインにいます。これは起こるべきことなので、プランBはありません。

デブラ
もう一度言ってください。何を求めているのですか。

コブラ
我々はこのガンマタイムラインにいるのですから介入が起こるまで続けなければならないということです。

デブラ
なるほど。わかりました。

コブラ
人々は受動的にイベントを待っていますが、私が言っているのはそういうことではありません。私が言いたいのは、自分の人生をより良いものにするために、できるだけ良い人生を実現するために、今の状況でできることは何でもする必要があるということです。しかし、「イベント」は最終的なゴールです。私たちは大きな目的のために生まれてきました。私たちはこのような高い目的を持っているのです。ですから両方。この瞬間に可能な限り快適に生き、そして自分の使命を果たし、神聖計画に沿った生き方をしてください。

デブラ
わかりました。また、声を上げている人についてはどうでしょうか?義務化やロックダウンに対抗するために、世界中で抗議行動が行われていますよね。これらの大規模デモについて、その効果を語っていただけますか?政治家や権力者の注目を集めていいますか。また、光の勢力のエネルギーを助けるのでしょうか?

コブラ
もちろん、政治家はそれらのデモをすべて把握しています。もちろん、彼らは無視します。もちろん、何もしないでしょう。彼らは何も起きていないふりをするでしょう。なぜなら、自分たちの地位や権力を維持したいからです。しかしエネルギー的に言えばフィールドの一貫性は上昇しており、ニューワールドオーダーの乗っ取りに対抗する人間の意識の力は上昇しており、ブレークスルーまで力を増しているのです。これは、強制収容所などのネガティブなシナリオが現実化するのを防ぐための対抗力となります。対抗力がネガティブなシナリオを寄せ付けません。

デブラ
よかった。ネガティブなエリートがイベント前にひざまずくような壮大なスケールの世界革命が起こる可能性はありますか?

コブラ
可能性はあります。先ほど申し上げたように、多くの裂け目や底流があるダイナミックなシナリオなので、何が起こっても不思議ではありません。9月には大きな革命や出来事が起きる可能性が1つありましたが顕在化しませんでした。その方がより平和的で良かったと思います。それは非常に暴力的なものになる可能性がありました。それが顕在化していれば、私たちは今この会話をしていなかったでしょう。ですから、この革命的なタイムラインが現れるとすれば、かなりドラスティックでダイナミックなものになるでしょう。様々な結果をもたらします。嬉しいものもあれば、そうでないものもあります。今の状況ではあまりにも多くの変数があるので、予測することは不可能です。

デブラ
マトリックスが崩壊後にできるだけスムーズに移行できるように光の勢力ができる限りのことをしています。そのために地上にいる我々はどんな支援ができますか。

コブラ
そうですね、もう一度、常識を言っておきます。常識はとても必要です。みんな感情的に偏っていて今のネガティブな話題に一喜一憂してしまう。だから常識がとても必要なのです。そして、今ではほとんど失われてしまった協調の精神。地上の住人は、協力することがどのようなことかを理解していなかった。他の宇宙では全く当たり前のことなのに。私たちは協力することを学びましょう。それはとても重要なことです。

デブラ
なるほどでは、地上のことに戻りましょう。デルタオプションの可能性はなくなり、そのままイベントに突入すると考えていいのでしょうか?それともデルタオプションはすでに行われているのでしょうか?

コブラ
いや、デルタオプションはまだ可能性はありますが、かなり可能性は低いです。本年1月2月にある事象を誘発すべく話合いが進められていましたが、作戦に参加する必要のある重要人物にはあまりにも多くの弱点があり、あまりにも妥協していたため、光の勢力はそのような理由からそれを始動させないことにしたのです。
そのような人々の弱点の一部は、いま暴露されています。ある界隈では、私が話していることを知っている人もいるかもしれません。

デブラ
興味深いですね。カバールが提案した「グレートリセット」は成功しないだろうとおっしゃいましたが、これは良いニュースであり、新しい金融システムは誰にとっても公平なものになるでしょう。計画されている金融システムが、数年前の話と変わったかどうか教えてください。

コブラ
基本的な計画は変わりません。世界が少し変わったので技術的な改良点はあるかもしれませんが、基本的な計画は変わりません。

デブラ
わかりました。また、相変わらず代替メディアでは大量逮捕が行われていると言っている人がいますが、あなたは何度も「大量逮捕はイベント時にしか行われない」と述べています。

コブラ
それらはイベントの時に起こります。証拠が出て、マスメディアで報道されるでしょう。確認のとれていないいい加減なウェブサイトには掲載されません。非常に明白なかたちで全世界に報道されることになります。

デブラ
わかりました。地球外および地中の脅威がすべて取り除かれ、地表から大半の外来兵器が取り除かれるまでは、ポジティブミリタリーは動きません。これらの除去状況についてもう少し話していただけますか。それとも21日の立ち上げ後に情報をいただけるものですか?

コブラ
立ち上げの後です。立ち上げによってある部分が変更されるので、これが終わってからアップデートを行いたいと考えています。

デブラ
そうですね、その変化がとてもポジティブなものになると信じていますし、そのことでとても素晴らしいニュースがあるでしょう。世界各地で起きている地震は、大深度地下軍事基地のさらなる活動に関連しているのではないかと推測されていますがいかがでしょうか?何が起こっているのか詳しく教えてください。地下基地の人質のために瞑想をしてきました。人間と地球外生命体の両方の人質の解放状況はいかがですか?

コブラ
そのプロセスは継続しています。大半はすでに解放できたといってもよいですが、すべてではありません。ですから昨年の状況に比べれば、大きな大きな進捗です。

デブラ
すばらしい。瞑想の効果が出ているようですね。

コブラ
はい、まさにそうです。

デブラ
すばらしい。評判のいい代替ニュースソースによると、病院の全部門が閉鎖されているところが米国にあるそうです。これらの病院にはメドベッドがあり、救出された子供たち(と大人)はそこで手当されていると。

コブラ
正しくありません。

デブラ
わかりました。それを明確にしていただき、ありがとうございます。アメリカが「ニューアトランティス」であり、サンジェルマンの支援を受けて約150年間続いてきたマインドコントロールと腐敗からアメリカを解放するという話を過去にされていましたね。地球解放のためになぜアメリカが重要なのでしょうか。

コブラ
実はサンジェルマンは200年以上前からアメリカで、ニューアトランティス、つまり新しい社会の基盤を作るために大活躍しているのです。彼は憲法や独立宣言の作成にも関わっており、それが非常に強固な基盤となっています。うまく使えば、すでに新しい社会をもたらすことができました。しかし、やはり人間は不完全ですから、時間がかかるのです。基礎は非常にしっかりしていて今も残っていますし、状況が変わるこの数年間では大きな可能性を秘めています。

デブラ
また、サンジェルマンはフランスとも関係があります。アメリカとフランスが惑星解放の中心であるとおっしゃいました。だからこそフランスも重要なのでしょうか。

コブラ
サンジェルマンはフランスで活動していましたが、他の人々やグループとも活動していました。フランスのパリは非常に重要な引き金となる地点であり、時期が来れば物事が加速するかもしれません。

デブラ
わかりました。また、イギリスの女王について教えてください。かなり弱っていて、もしかしたら死んでしまったかもしれません。ベン・フルフォード氏は最近、女王が「いいやつ」であるように見せかけています。英国女王に何が起こっているのでしょうか。英国のロイヤルファミリーは過渡期にあるようです。では、このことについて少しでもお話しいただけますか?

コブラ
カバールのさまざまな派閥の間である種の交渉や変化が起きていると言えるでしょう。イエズス会は地球の人口削減を望んでいます。ロスチャイルドは、クラウス・シュワブ型のグレートリセットである「何も所有しないで幸せになる」に傾いています。皆殺しではなくてテクノ封建的な社会を志向しています。そして、ロスチャイルドは自分たちを「善人」と思っています。「善人」であるイギリス女王はロスチャイルド家と非常に密接な関係にあり地球の人口削減に反対しているため、実際に自分を善人だと思っています。もちろん、彼女の評価に同意するわけではありません。これについては、先週あたりからロスチャイルド家のプロパガンダが盛んに行われていますが、もちろん私はこれを塩漬けにしておきます。これは私たちが望んでいる未来の姿ではありません。私たちが話していることは現実の生活と現実の銀河社会についてです。彼らが作りたいと思っているテクノ封建的なディストピア社会のことを言っているのではありません。

デブラ
どちらがいま勝っているのですか。片方は人口削減を目指し、もう片方は共産主義的社会主義に近い社会を目指していると言っていましたね。

コブラ
まあ、今は半々くらいですね。でも、これは変わるかもしれません。これは現時点での状況ですが、変わる可能性もあります。

デブラ
はい。まあ、どちらも消えて欲しいです。それが私たちの求めている変化です。

コブラ
どちらも消えます。

デブラ
はい。ギスレーヌ・マックスウェルの裁判とその意義について、どのような点が重要なのか教えていただけますか。

コブラ
ある種のものが主流メディアに登場するための非常に良い機会ですし、おそらくそのうちのいくつかは登場するでしょう。報道されて話題にもなるでしょう。これは、カバールの陰謀の舞台裏を開示、暴露に向けての次の段階に進むために好都合な事態です。ここの地球上で何が起こっているのかを人々が知って覚醒するのためのきっかけとなるでしょう。

デブラ
カバールのメディアが実際に何らかの真実を報道するというのですか?

コブラ
そこら中で情報が出るので彼らも報道せざるをえなくなります。つまり、十分な数のジャーナリストがいて、十分な認識があるからこそ、この問題をうやむやにすることはできないのです。もう隠すことはできません。

デブラ
よかった。イーロン・マスクはどうですか。彼は光に付いたり闇に付いたり、行ったり来たりしています。スターリンクの接続先は?

コブラ
スターリンクは実は良くありません。キメラが隔離を強化するために使用してきました。イーロン・マスクは、時にかなりナイーブです。彼は良いアイデアを持っていますが、簡単に操られてしまいます。彼の根底には悪意はないのですが、操られてしまっているのです。彼が下したある決断は、決して賢いものではなかった。

デブラ
情報ありがとうございます。5G技術については?今の時点ではもう気にする必要はないのでは?

コブラ
もちろん、健康的で最良なものではありませんが、現時点では過度な心配はしていません。それよりも常識や協調性、新しい世界の実現といったことに関心があります。これこそ人々が注目しなければならないことです。

デブラ
たしかに。以前、サイバー攻撃の将来的可能性が十分にあるとおっしゃっていましたね。それらはまだ問題となっているのでしょうか。懸念すべきでしょうか?

コブラ
サイバー攻撃は、まだ闇の勢力の目論みになっています。彼らはこれを実現する計画ですが光の勢力はこれに対抗しているので、状況を見守りましょう。

デブラ
わかりました。コンゴのボルテックスの話に移ります。そこは今でも地球のエネルギーグリッドのマスターキーなのでしょうか?また、その状況はどうなっていますか?

コブラ
そこはマスターキーのひとつです。また一部破損しています。光の勢力が作業していますが、良好な状態ではないです。そのためこのボルテックスにヒーリングワークを行う必要があります。

デブラ
わかりました。世界には、ネガティブなエンティティ―とエリートが一緒に避難している場所はありますか?光の勢力によるエネルギー浄化を支援するために、どこでブッディック柱を建てればよいのかを知りたいからです。

コブラ
世界にはエンティティ―が集まりやすい場所があります。その場所を特定しないのは、一般大衆が注目すべきことではないからです。ブッディック柱で浄化したい人は、私に連絡するかキーパーソンが私に連絡してくれれば、浄化すべき場所をいくつか教えます、今はまだ一般には公開しません。

デブラ
はい、ありがとうございます。ちょうど直接連絡してお聞きしようと思っていましたので、ありがとうございます。このように現在の目論みの非常識さが人々の目を覚まさせているのですが、私たちを取り巻く状況や危険性を考えると覚醒の速度は遅いと言わざるを得ません。人々の目を覚まさせることが惑星の解放を早めることにつながることはわかっていますし、私たちの多くは最善を尽くしています。しかし、私たちが置かれている戦争について説明しようとすると、頭がおかしいとか、「陰謀論者」というレッテルを貼られてしまいます。どうすれば世界で起きていることに人々の目を開かせることができるでしょうか?

コブラ
それはできません。他人を覚醒させることはできません。彼らは自分で覚醒する必要があります。そして、準備ができていない別の人を覚醒しようとすると、「陰謀論者」というレッテルを貼られてしまいます。ですからこれを共有するのは構いませんが、準備ができている人とだけ共有するようにしていただきたい。多くの人は準備ができていないので、これを強制することはできません。

デブラ
人はイライラするものですが、あなたがおっしゃっているのは自分の波動を高く保ち自分に合った方法で喜びを見つけることが最も重要だということだと思います。

コブラ
そう、もしあなたがこれに成功したら人々はあなたが別の波導を持っていると感じ、どこかが違うと思うでしょう。彼らはあなたのところに質問にくるでしょう。そこで何が起こっているのかを説明すればよいのです。

その4 イベントとアセンション

デブラ
さて「イベント」と「アセンション」の話に移りたいと思います。イベントが近づいていることを示す兆候は何でしょうか。いま何か見られるようになってきましたか?

コブラ
まだです。先ほど言いましたようにイベント前ではなく、イベントの数週間前にはっきりと見えるようになります。

デブラ
わかりました。こちらも聞かせてください。誰もが疑問に思っていることだからです。最新のアセンション計画を教えていただけますか?

コブラ
共有することができるようになったときにそうします。それ以前にはできません。

デブラ
わかりました。時間軸はいつごろ?冬至の瞑想の後の話ですか?

コブラ
私は何も言っていません。彼らが青信号を出した時です。許可がでたらお伝えします。それ以前にはできません。

デブラ
わかりました。もうすぐ2022年ですがまだイベントは起こっていません。2025年の7月にもアセンションの窓は閉まるのでしょうか。

コブラ
2025年8月に閉じます。ポータルが閉じる時です。

デブラ
わかりました。そのためには、その前にやるべきことがあることはわかっています。わかりました。情報ありがとうございます。ライトワーカーは3次元にいる間、多くの苦しみに耐えなければなりませんでした。経済力、健康体、良好な人間関係など、地球上で自由に生きる喜びの多くが否定されてきました。イベントの後にはすべてが変わることはわかっていますが、イベント後に5次元にアセンションする前に新しい3次元の世界を楽しむ時間はあるのでしょうか?最初にいただいた「アセンション計画」では、ブレークスルーから第一波が始まるまで約1~2年とおっしゃっていました。「3次元の地球にいる間に、イベントがもたらす恩恵を教授できるのだろうか」という疑問です。

コブラ
計画では、アセンション前の物理的世界において統合すべきものを統合するための十分な時間を誰もが享受できるようになっています。別けあって今は時期を明かすことはできませんが、アセンションまでに必要な一定期間、誰もが楽しく物質界での生活を送ることは成長過程の一部だと言えるでしょう。

デブラ
そう、人々はこのような喜びが訪れるのを長い間待っていたように感じるからです。私たちは肉体を持ってアセンションすると理解しています。ということは5次元にアセンションした後も美味しい食事や好きな趣味、ダンス、恋愛など、物理的なものを楽しむことができるということでしょうか?

コブラ
そういったこと全てはアセンションの前に起こることです。アセンションが起きたときには、それらすべてが統合されます。もうその必要はありませんし肉体も必要ありません。肉体のホログラムを現すことができるようになりますが、それは本物の肉体ではありません。転生を必要としないので、もう転生はしません。

デブラ
つまりアセンションしたら、それらの多くのことが今ほど重要ではなくなるということですね。

コブラ
その通りです。あと30分ほどでインタビューを終わらせなければなりません。少し急ぎましょう。

デブラ
了解です。話したいことがたくさんありますよね。例えばイベントに関しては、事前にかなり過激になってゆくとおっしゃっていましたが、これはどうでしょうか。つまりイベント直前の数週間前のことですか?

コブラ
はいはい、数週間のことです。

デブラ
ライトワーカーは、イベントが起こる前にテレパシーあるいは直接に感覚を得ることができるのでしょうか?

コブラ
はい。必ずそうなります。ビジョン、夢、啓示、テレパシー通信を持つ人々がいるでしょうが、イベント前には急激に増加します。

デブラ
わかりました。イベントの引き金となるのはソースなのか、それとも光の勢力なのか明確にしていただけますか?

コブラ
最初のパルスはソースから直接送られてきて、その後に光の勢力を介して次元を通り抜け地上に到達します。

デブラ
わかりました。つまりソースが最初に引き金を引くということですか?

コブラ
はい

デブラ
なるほど、そう思っていました。ライトワーカーに対してネガティブな技術が使われているため、私たちが長年かけて自分自身に向けたワークが妨げられてきました。。このような作業をしていて、イベント後にメリットがあるのでしょうか?

コブラ
はい、もちろんです。確実です

デブラ
このような地道なライトワークの具体的な成果は何でしょうか。

コブラ
まず、アセンションする機会を持つ最初の人になります。他の誰よりも多くの可能性を秘めています。人々は癒しのプロセスを経る必要がありますが、すでに癒しのプロセスを終えた人は、処理すべきことがはるかに少なくなるからです。他の人々が抑圧された感情を集中的に処理しているときに、自分の人生を楽しんでいることでしょう。誰もがこのプロセスを経なければならない。避けることはできません。つまり、誰もが自分の恐れ、罪悪感、抑圧された怒り、チャンスを逃したこと、犯した過ちなど、すべてに直面しなければならないのです。

デブラ
私たちは簡単に世界を旅できるようになると思いますか。また、イベント後に他の惑星に移動することも?

コブラ
イベント後にはいろいろなことが始まります。もちろん地上の流通経路を経由する必要があるのでプロセスを経由しなければいけませんが。新たな選択肢が生まれ、それが加速していきますが、誰もがどこにでも行けるようになる状態になるにはまだ時間がかかるでしょう。

デブラ
「光の島」については?イベント後も光の島があるのでしょうか?

コブラ
はい。

デブラ
光の島に住めるのはライトワーカーや高波動の人だけなのでしょうか?

コブラ
相性の良い波導を持つ人だけがソウルファミリーと一緒に暮らすことができるのです。これはかなり高度な人だと思います。

デブラ
では一緒にいる人たちは私たちのソウルファミリーの一員となるのでしょうか?

コブラ
ソウルファミリーが「光の島」で暮らします

デブラ
住む場所を選べるようになりますか?

コブラ
もちろんです。

デブラ
思っていた通りです。ソウルファミリーについてお伺いします。皆が長い間お互いに会えなくて寂しい思いをしているので、ソウルファミリーはイベント前でも会うことができるのでしょうか?

コブラ
いいえ。つまり今の状況はロックダウンや命令などで、ソウルファミリーとの出会いには非常に不利なものとなっています。ソウルファミリーが出会うためには、人は十分な魂の意識、十分な高次の意識を持つ必要がありますが、今は明らかにそうなっていません。

デブラ
ですから、今のところ安全な方法はないということ。

コブラ
限られた範囲で起きることはありえても、最高の瞬間ということにはなりません。大規模にはそれができていないのが現状です。

デブラ
誰かが出会いのカンファレンスを作ってみては?

コブラ
さあ、どうでしょう。

デブラ
そういうのはイベント後の盛大なパーティーになるんでしょうね。ツインソウル、ソウルメイト、友情ネットワークという3つのソウルファミリーのカテゴリーをあげていますね。これらのカテゴリーについて詳しく説明していただけますか?また、私たちがそのような経験をしたときに、どのカテゴリーのソウルファミリーをどのように知ることができますか?

コブラ
わかりますよ。ソウルメイトと出会ったら間違いなく非常に強いエネルギーを感じます。ツインソウルと出会う準備ができたとき、間違いなくわかります。自分のクリアリングが出来る前にツインソウルに出会うことはありません。完全な導きがあるので、私の言っていることを完璧にわかるはず。非常に明確です。その時点では外部からの確認は必要ありません。単に自分でわかるのです

デブラ
ツインソウルについて質問がたくさんありました。闇の勢力がツインソウルをうまいこと引き離していますよね。しかし彼らがコントロールを失うとこの状況は改善されるのでしょうか。イベントの前にツインソウルに出会う可能性はありますか?

コブラ
前にも言いましたが、理論的には可能なのですがあまり実現していません。イベントに近づくともっとあるでしょう。

デブラ
わかりました。また、惑星外や地中にいるツインソウルについてはどうでしょうか。イベント終了まで待たされるのでしょうか?

コブラ
はいこのイベントの後に出会いが始まり、状況が改善されるにつれて加速していくでしょう。

デブラ
わかりました。光の勢力は、現時点でツインソウルとの出会いを助けてくれるのでしょうか、それとも将来的に助けてくれるのでしょうか。将来的には可能だと思いますが、今はどうでしょうか?

コブラ
今はまだその時期ではありません。安全ではないです。カバールが強すぎるのです。。ファーストコンタクトと同じです。いまそのような出会いがあったとしても、うまくいかないでしょう。闇の者たちが彼らのどちらかあるいは両方を単に殺してしまいます。つまり、安全ではないということです。

その5 ヒーリングとプロテクション

デブラ
ヒーリングとプロテクションについて少しお話させていただきます。2012年には、「圧縮という継続的な過程は、光が集合的にも個々にも隠されているものをすべて露出させることを意味する」と書かれていましたね。「上からの光と下からの光が地表で出会う時、それは圧縮のブレークスルーの瞬間である」と。多くの人が息苦しいほどの疲労感を感じている。これは、その圧縮の突破口の圧縮の部分なのですか?

コブラ
はい、そうです。

デブラ
話に出てきた「沸点」のようなものですね。

コブラ
はい。闇の技術が解消されていくこともそうですが、この圧力を感じているのは実は光が闇をすべて絞り出していることにもあります。

デブラ
納得しました。そのため多くのライトワーカーは、闇の者が時として非常に独創的な方法で攻撃を仕掛けてくることで、攻撃されていると感じています。ネガティブな状況をすべて攻撃だと思い込んでしまいがちですか。また、サイキックアタックかどうかはどうやって判断するのでしょうか?

コブラ
すべての状況がネガティブな攻撃ではありませんが、その多くはネガティブな攻撃です。私たちの導きと自分の見極めが必要になります。

デブラ
推奨されたプロトコルを使用します。

コブラ
はい

デブラ
光の勢力は人間の思考や感情を読み取ることができますが、闇の勢力はそれができず、目で見て耳で聞いたことでしか情報を得られないと言われています。私たちはそれが本当かどうか疑問に思っています。そして闇がどのようにして私たちの生活に苦しみや混乱を作り出すことができるのか、説明していただけますか。彼らが私たちの思考や感情にアクセスするのを阻止するためにできることがあれば教えてください。

コブラ
単純に自分の波動が高ければ彼らの手の届かないところにいるわけですから、彼らはあなたにアクセスするのは容易ではなくなります。

デブラ
素晴らしい。多くのライトワーカーが周囲の人から攻撃を受けているようです。大切な人に憑依しているネガティブなエンティティ―を除去できるのでしょうか。あるいは除去すべきでしょうか。

コブラ
彼らの求めがあるとか、彼らの同意があればそうでしょう。それ以外の場合は、緊急の場合を除いてしてはいけません。

デブラ
もう一度、言ってください。彼らが何ですか?

コブラ
彼らがそれに同意する必要があります。

デブラ
それを伺おうと思っていたところです。彼らの認識や許可が必要なのでしょうか。

コブラ
はい唯一の例外は緊急事態が発生して相手が危険にさらされている場合には、もちろん許可を得ずに助けることができます。

デブラ
なるほど。除去にはどのくらいかかるのでしょうか。何があるとまた元に戻ってしまうのでしょうか。依存症とかですか。

コブラ
どれだけ解消できているかによります。それはあなたの状況次第です。ですから答えは一つではありません。

デブラ
わかりました。本来の力を取り戻せばいいのでしょうか? (はい、もちろんです)。 そのためにI AMプレゼンスにつながることは本当に良い方法なのでしょうか?

コブラ
はい、もちろんです。

デブラ
わかりました。ライトワーカーは、どのようにしてスピリチュアル・コミュニティにおける偽りの光を見分けることができるのでしょうか?チャネリングやメッセージが本物かどうかを知るためのヒントはありますか?

コブラ
そう、常識的に考えて。

デブラ
わかりました。シロシビンなどの天然の幻覚植物薬を使って異次元にアクセスすることで、精神的な成長が飛躍的に高まると主張する人もいます。安全ですか?

コブラ
そのような体験をしている人たちと交流していると、中には本物の体験をしている人もいましたが、大半の人はただのチャネリングでした。つまり、そのような経験の大半は彼らの成長には役立っていないというのが私の一般的な印象です。もちろん例外もあります。シャーマンや経験豊かな人、正しい指導者のもとでと正しく行ってきた人もいます。しかし、ほとんどの場合にそれは事実ではありませんでした。

デブラ
つまり十分に心してかかれということですね。

コブラ
はい

デブラ
最近、死者が増えているような気がします。この方たちはイベントの強力なソーラーフラッシュに耐えられないのか、それとも単に今この時期にここにいないことを選択しているだけなのでしょうか。なぜ死者が増えるのでしょうか?

コブラ
多くの人はただ疲れて退出を選び去っていきます。これは魂のレベルでの話です。肉体から離れるという決断です。かなり起こっています。

デブラ
死んだ人のアストラル界での状況は改善していますか。、魂は輪廻転生の罠を避けることができるのでしょうか。それとも移行時の波導によるのでしょうか?

コブラ
条件は多少良くなりましたがまだ安全とは言えません。罠を回避できる人もいれば、そうでない人もいます。それは移行時だけでなく人生全体の波導にもよります。そして、自分が死んだらどうしたいのか、どこに行きたいのかという決断。

デブラ
本当にその人次第なんですね。

コブラ
はい完全にというわけではなく、もちろん外的要因もあります。まだまだ彼らを捕らえようとする闇のネットワークがありますが、多くの人は逃げ出すことができます。

デブラ
イベントやアセンションの前に物理層を離れた人やスターシードはどうなるのでしょうか。肉体を持っていなくてもアセンションすることは可能なのでしょうか?

コブラ
はい

デブラ
よかった。クリスタルやゴールデンシルバーなどのアイテムを身につけたり、コロイダルゴールドやコロイダルシルバーやオームスなどを摂取したりすることで、自分自身を守り、スカラー攻撃を回避することができるのでしょうか?

コブラ
例えば、スカラー攻撃を撃退するためのタキオン技術があります。また他の技術でもかなり効果的なものがあります。チンターマニは、もちろんあなたの振動数を上げます。

デブラ
丁度チンターマニについてお聞きするところでした。なぜ最も波導の高い石なのでしょうか?

コブラ
チンターマニはシリウス星系から来たのですが、シリウス星系は銀河系の中で最も明るい場所のひとつです。純粋な光のエネルギーであり、この石は純粋な光です。

デブラ
純粋な光であることから、感情的な苦痛を感じている時には身につけないようにと言われているため混乱している人もいます。

コブラ
チンターマニは拡大レンズの役割を果たし、私たちが負のエネルギーを放出すると、それを拡大してネットワークに入れてしまうのです。だから、本当に特別な石なんです。

デブラ
ですからそういう場合には持たないようにということなんです。

コブラ
本当に強く悩んでいるのであれば、少しの間それを外してみるといいと思います。私はあまり気にしませんが、もしあなたがかなり悩んでいるのであれば、外した方がいいでしょう。

デブラ
わかりました。なぜこの石のことを知っている人が少ないのでしょうか。スピリチュアルのコミュニティーの中でもあまり知られていないようです。

コブラ
というか彼らに聞いてください。私に聞かないでください。

デブラ
その通りです。さて、私たちは情報を発信しています。チンターマニがイベント時に重要な役割を果たすことを知っているからこそ、より多くの石を提供しようとしているのです。私たちが身につけたり埋めたりすることで得られる効果について、少しお話しいただけますか?

コブラ
さて、グリッドに埋められたそれぞれのチンターマニの石には天使がつながって、その石に定着します。つまり、膨大な数の天使の存在を地球のエネルギーグリッドに定着する手助けをしているのです。それはとても必要なことで、とても効果的です。

デブラ
身につけるときはどうでしょうか。

コブラ
天使にお願いして私たちの進化を助けてもらいます。

デブラ
素晴らしい。チンターマニについてはコブラのウェブサイトでチェックしてください。タキオンのチャンバーをお持ちの方からの質問があります。現在、世界には約73のチェンバーが公開されています。これらがウイルスを止めたり、注射による問題を修正したりするのに役立つのかという質問です。

コブラ
ウイルスを止めることはできませんが、カラダを調整してウイルスなどに対処できるようにします

デブラ
また、「タキオンチャンバーとメドベッドの違いは何ですか?

コブラ
まったく別の技術です。タキオンチェンバーはカラダにタキオンを注入します。一方、「メドベッド」は、肉体の原子構造を再編成する技術です。かなり高度な技術でまだ地上には存在していません。誰が何と言おうと「イベント」の前には存在ません。

デブラ
そうですか。イベントの前にこれらの情報にアクセスすることはできますか。代替メディアでかなり話題になっているので。タキオンチェンバーは現在利用可能ですが、それがどのように人々の役に立つのかを教えてください。ガイアの振動が上昇するとチャンバーの影響も大きくなるとおっしゃっていましたね。では、チェンバーがどのようにインプラント除やアセンションのプロセスを助けるのか、詳しく教えてください。

コブラ
タキオンチェンバーを使うとタキオンのエネルギーがあなたのエネルギーフィールドに入ってきてエネルギーフィールドが自然にソースのエネルギーで再編成されます。これこそがアセンションへの最短の近道なのです。そしてもちろん、エネルギーフィールドが神聖な原型と完全に一致して再編成されると、皆さんの肉体も反応しより健康な状態になります。それが基本原理です。そして、エネルギーが強くなればなるほど、イベントに近づけば近づくほど、チャンバーの効果は増大してゆきます。

デブラ
素晴らしい。タキオンチェンバーについてもコブラのウェブサイトでチェックしてください。私は個人的にチェンバーが素晴らしいことを証言します。ぜひ近隣の場所でチェンバーに入られることをお勧めします。

その6 女神/薔薇の姉妹団

デブラ
残りあと数分ですね。最後のパートでは、「女神」と「薔薇の姉妹団」についていくつか質問させていただきます。銀河のセントラルサンの活動が活発になったことで、地球にも女神のエネルギーが新たに流入してきました」と書かれた近況報告を読んで、ワクワクしました。アイシスは王冠を取り戻しました。
2012年にも「アイシスは王冠を取り戻した」と投稿していましたね。そして、2017年のインタビューではその意味を聞かれて、「この惑星の地上そして太陽系において女神の存在が抑圧されてきたので、象徴的に『女神アイシスが王冠を取り戻す』ということは、女神の存在が再び力を取り戻すことを意味する、女神の具現化のための象徴的暗号です」と説明していました。そして、本当の意味での女性性原理が、エネルギー的にも物理的にも地上全体に自由に流れ始めるのです。これが9年前に起こったことだとしたら、現在との関連性は何ですか?最近のメッセージと2012年の同じメッセージの違いは何ですか?

コブラ
女神のエネルギーが波のようにこの惑星に向かってきます。その波の一つが2012年で、その後もいくつかの波がありました。そして、今年の10月にも女神のエネルギーの波が地球に到達しました。この波は非常に重要な意味を持っていました。というのも、舞台裏である種の再編成が行われたからです。まだお話しすることはありませんが、これは非常に重要なことです。黒い貴族のトップの力が変わりました。光の勢力のある計画は変更され加速され、あるものは以前よりはるかに良くなっています。これは全くの予想外だった。この波が来るとは思っていませんでしたが、それが起きて嬉しい驚きでした。そして今この状況は拡大しており、光の勢力によって計画されている来年のある事柄のための基盤の準備となっています。

デブラ
素晴らしい。それは素晴らしいニュースです。2018年に光の銀河連合軍は、銀河法典に基づいてこの惑星の地上を銀河連合の司令部にするように命令しましたこの言葉と「アイシスは王冠を取り戻した」という暗号を合わせて考えると、女神アイシスが自ら地球の女王として地表に君臨するということになるのでしょうか。

コブラ
これは非常にデリケートな問題です。光の勢力は、カバールの敗北と上位の黒い貴族の敗北につながる特定の行動について一定の委任を受け、一定の法的条件が充足されたと言えます。今はこれくらいしか言えません。

デブラ
わかりました、ありがとうございます。アイシスや銀河のセントラルサン、あるいはソースそのものが今の地球に転生している可能性はありますか?(いいえ) 現在、上級巫女はいますか?
(いいえ)アイシスの神秘を知りたいと思っている人がいたら、生徒になる方法はあるのでしょうか?

コブラ
皆それぞれの方法で学んでいます。地上にはまだ女神のミステリースクールは存在していません。まだまだ状況は整っていませんが、真のミステリーの断片があちこちにあります。3年前のワークショップでは本件についてかなり明らかにしたので、かなりパワフルでした。それらを入手してそこから学ぶことができますが、これが全てではありません。それ以外にもたくさんあります。

デブラ
わかりました。女神のボルテックスについて少しお話させていただきます。神のボルテックスはどうでしょうか?ボルテックスはエネルギーが地球に入ると女性的なものに分類され、エネルギーが地球から出ると男性的なものになると言われています。両方とも同じように重要で、一緒に機能しているのでしょうか?

コブラ
そう、どちらも同じくらい重要なのですが、あまりにもバランスが大きく崩れているので、まずは女神のボルテックスを活性化させる必要があります。このネットワークが十分に安定して初めて神の渦が再び活性化されるのです。神の渦は非常に強力ですからね。神の力が悪用される可能性がまだ大きいときには、起動することはできません。安全ではないということです。

デブラ
パリとベルサイユの女神の二重ボルテックスは、12月の新たな活動に向けて再構築されています。詳しく教えていただけますか。それをどのように支援すればいいのでしょうか?

コブラ
いや、まだです

デブラ
お伺いできるのを楽しみにしています。先日のアップデートで登場したミロフォアの巫女について、いくつか質問があります。これらの女神はエジプトの古代神殿で修行し、死を間近に控えた人々に没薬を与えていました。このような巫女たちの復活は、訓練されたスピリチュアル集団として表舞台に出てくることを意味しているのでしょうか。また、薔薇の姉妹団のメンバーはこれらの巫女として入門するのでしょうか?

コブラ
地下から巫女が戻ってくるということではありません、まだ。しかし、その知識の断片が再び地上の住人に戻ってきている。また、没薬や死を間近に控えた人たちだけではなく。神聖なオイルをさまざまな目的で使用し、波導を高め、特定のチャクラを活性化し、高次の施設を立ち上げるする方法を科学的に教えているのです。これにはもっと多くのことがあり、それが地上の人々に徐々に明らかにされている。

デブラ
さて、ちょうどお聞きしようと思っていたのですが、他にもパワフルで知っておくと便利なオイルはありますか?またこれらのオイルは、私たちの次元、例えばプラズマ層やエーテル層に浸透するのでしょうか?

コブラ
はい、そうです。

デブラ
他のオイルで、いま教えていただけるものはありますか?

コブラ
いくつかの、かなり重要なものがあります。その一つは、もちろんローズオイルやサンダルウッドオイルなどです。そのほとんどが、エジプト、ギリシャ、インドなどの古代の神殿で使われていたもので、古代文明では知られていましたそして、それらは再発見されるのを待っている。

デブラ
素晴らしい。では、さらにいくつか質問があります、エネルギーフィールドをクリーンに保つために熱心にワークしているライトワーカーの中には、高波導のパートナーを見つけられないために性的関係を断っている人もいます。これにより多くの女性が、自分の中にある女神の必要な官能的・性的エネルギーを遮断してしまっています。それであるシスターが、「女性が誰かと結ばれたいと感じていてもその男性がとても無意識だった場合に悪いエネルギーをフィールドに入れてしまうのではないか?」と質問しています。いかがでしょうか。エネルギー的なプロテクションは必要ですか?エネルギーはよりきれいになっていますか。もっと性的表現を許容することが安全なのか、それともやはり控えることが最善なのでしょうか。

コブラ
正しい意図を持って行われているのであれば何も問題はありません。つまり正しい意図を持ってやっていれば、エンティティ―が自分の中に入ってくることはありません。あなたとその相手との間につながりがあれば、相手の振動数がどうであろうと、それだけで何が起こるか、どのようにエネルギーが交換されるかが決まります。ですから正しい目的のためにやっているのであれば、そういったエンティティ―を過剰に心配することはありません。人生のあらゆる場面で、例えば朝食中にエンティティーが現れることがあります。機嫌が悪かったり、怒っていたり、誰かと喧嘩していたりすると。。

デブラ
たしかに。二人が合体するということは二人ともがその意思を持っていなければならないのか、それともどちらかが意思を持っていればいいのでしょうか。。

コブラ
まあ、少なくとも意図についてはある程度の合意が必要です。そうでなければ、気持ちの良い行為にはなりません。それは当然のことです。意識レベルが全く同じである必要はありません。完璧である必要はありませんが、基本的な理解、目的の基本的な統一、なぜ行うのか、それがあれば大丈夫です。もちろんバイオレットフレームを使ったり、基本的なプロテクションテクニックを使ったりすることができますが、それも時には役に立ちます。

デブラ
なるほど、理解しました。また、「この方法で男性が女神のエネルギーで癒されることはありますか?神聖な売春婦がしていたことに類似しているものですか。また、どうしたらそうなれるかアドバイスをくれたりしますか?」という質問がありました。そして、官能的に生きることの大切さとは?」

コブラ
もちろん男性が女神のエネルギーで癒されることもあります。もちろん、その方でもその気になればできることです。その道を歩むならば彼女は導きを求めることで、様々な方法で導きを受けることができます。

デブラ
もちろん官能的に生きることは重要ですが、健康的な性的エネルギーと表現は私たちの世界では欠けているようです。どうすればもっと詳しく知ることができますか?

コブラ
繰り返しになりますが、自分の性的エネルギーやクンダリーニのエネルギーについてもっと学び、自分が納得できる方法で探求する必要があります。自分の内なる導きを使ってください。外部の情報源にはあまり目を向けないようにしましょう。というのも、外部の情報源はほとんどが侵害されているからです。今まで学んできたことをすべて捨てて、まず自分の内側、つまりエネルギーフィールドや体の内側を探ってみる必要があります。そうすれば、私が何を言っているのかがわかるでしょう。

デブラ
ありがとうございました。ツインソウルについて、いくつか簡単な質問があります。以前にもお話しましたが、もっと引き寄せるためにはどうしたらいいのでしょうか?We Love Mass Meditationがツインソウル瞑想のガイド音声を出してくれたので、それはそれでいいのですが、他に何かできることはないでしょうか?

コブラ
あれは実際にとても良い瞑想だと思います。光の勢力が人類に与えたものです。とても良い瞑想がです。やってみてください。現時点ではそれがベストです。

デブラ
なるほど、素晴らしい。インプラント除去セッションでは、その瞑想を行うことがあります。しかし、なぜ瞑想の中でツインソウルが「彼女」と呼ばれているのでしょうかと以前にお伺いしたところ、「魂(ブッダ)は女性的な側面で、精神(アートマ)は男性的な側面である」とおっしゃっていました。つまり、ツインソウルは「彼女」なのです。これを理解するためにもう少し詳しく説明してください。関連する質問がありますので。

コブラ
魂が宿るレベル、次元は女性的なエネルギーです。だからこそ魂を 「彼女 」と呼ぶのです。単純です。

デブラ
わかりました、ありがとうございます。男女の聖なる結合は女神の神秘の一部なのでしょうか?

コブラ
はい。まさにそうです。

デブラ
なるほど、そう思っていました。このミステリースクールの全貌と秘密は、イベント終了後に明らかになるのでしょうか?

コブラ
イベントの後になります。

デブラ
また、これらの再活性化には薔薇の姉妹団が重要な役割を果たすのでしょうか?

コブラ
その通りです。まさに。

デブラ
2022年の薔薇の姉妹団はどのような方向性を持っていますか。メッセージをお願いします。

コブラ
そうですね、まだ存在しているグループが力を合わせて再結成するのはいいことだと思いますし、もっと会うとよいでしょう。解体の段階がそれぞれ異なっていますので。今こそ再会し再びつながりを持つべき時です。これまでとは違ったダイナミズムがあり、ロックダウンが行われ物理的な会合の数が減少しました。物理的な会合を再開すると良いです。エネルギーを保持するために非常に重要です。ミルロフォアの巫女についての新しい教えをすべて勉強するのも良いです。特に2022年は女神アイシスのエネルギーが大きく戻ってきているので、女神アイシスとつながるのも良いでしょう。

デブラ
素晴らしい。ありがとうございます。そして、「薔薇の姉妹団」は2022年に女神の瞑想を毎週行う計画になっていることをお伝えしたいと思います。
最後に、2022年の人類の未来をどう見ているのかお聞かせください。そして、私たちへのメッセージをお願いします。

コブラ
今はとても複雑な時期です。こんなに複雑なことはかつてありませんでしただから、どうなるか予測するのはほとんど不可能な時代なのです。大きな緊張感があると同時に、大きな可能性を秘めている時期だからです。
団結すればするほど、顕在化させたいことに集中すればするほど、実現してゆきます。この瞑想で顕在化実現に向かうことで成功を確実にすることができるのです。私たちの成功をより近づけることができます。メッセージは単にに「Victory of the Light! 光の勝利!」です。それが私たちのここにいる理由であり、私たちが獲得するものです。どんなことがあっても。

デブラ
わかりました。そしてもちろん、12月21日の瞑想と請願書署名は大きな影響を与えるでしょう。Cobraのウェブサイトをご覧ください。 2012portal.blogspot.comと welovemassmeditation.com をチェックしてみてください。拡散してください。 クリティカルマスを超えましょう。
コブラのブログでは、このような時代に突入した我々の惑星、銀河系、宇宙で起こる最大のイベントの情報を得ることができます。質問への回答を手伝ってくれた薔薇の姉妹団と光の勝利チームの皆さんに感謝したいと思います。
薔薇の姉妹団の情報をチェックし、皆さんの地域でグループを作り、私たちが史何をしようとしているのか知ってください。 ウェブサイトはsisterhoodoftherose.net です。
改めてコブラ、本当にありがとうございました。いろいろな情報、献身的な活動すべてに感謝します。誰にとっても簡単なことではないと思いますが、私たちはあなたを応援していますし、あなたを愛しています。「光の勝利!」と言いたいのです。ありがとうございました。

コブラ
皆さんありがとうございました!そして、光の勝利!

翻訳 Terry

関連記事

  1. 2013/07/14 広めてください!Prepare For Change

  2. 2013/08/11 新たな機会の窓

  3. 2013/11/17 エリザベス・ホイットニーのコブラインタビュー

  4. 2012/07/03 アレクサンドラのコブラインタビュー

  5. 2015/04/29 太陽系の美

  6. 2013/01/08 エーテル界の解放

カテゴリー

アーカイブ