2023/11/27 アルデバラン

原文:http://2012portal.blogspot.com/2023/11/aldebarans.html

既に報告したように各銀河系種族の方々の約8割が必要な癒しを得るためにこの太陽系を去り、惑星地球の解放を支援するために最強で最効率の生命体のみが残りました。

プレアデス人は集合的意思決定で、もはや人類とのファーストコンタクトを進めて行く主体とはならないとしました。プレアデス人は、その存在にオープンで効果的に協業できるライトワーカーとライトウォリアーへの具体的支援に特化することになります。プレアデス人によるコマンド1221チーム、プレアデス人によるタキオンチェンバーチーム、プレアデス人による地球の光のネットワークチームとコンタクトディッシュのチームの大半は活動を継続し、さらに効率的に動くことになります。

プレアデスの科学者チームは、量子もつれを伴う光のトンネルに基づく新たな先端技術を開発しました。この新技術は、闇からの絶え間ない攻撃からライトワーカーを守ると期待されています。これはまた、2019年8月のベータタイムライン崩壊によって大きく崩壊した惑星地球の光のグリッドの復活への開始につながることになります。当時は地上の多くのポータルが機能しなくなりましたが、そのポータルが再活性化されることになります。

愛に溢れ官能的なプレアデス人種と、不信感が多くトラウマを抱えた地上の人間との間に起こり得る文化的な誤解を避けるために、地上のライトワーカーとの交流のための正確なプロトコールをプレアデス人は集団で策定しました。

プレアデス人はまた一定の境界線を設けて、イベント後の復讐心に燃えた「ライトウォリアー」からの虐待的な行動を受け入れないことにしました。そのような行動の多くの例は私のプログのコメント欄に見られます。光の勢力は地上の人々を助けることは義務ではないもののできることは何でもやっています。以下のアプローチの方がはるかに効果的です。
https://ameblo.jp/cobrameditation/entry-12824135902.html

イベント後にプレアデス人は主に、光の島にソウルファミリーのマンダラを形成する活動を行う最高度のライトワーカーを支援することに集中します。

地球のエーテル層とアストラル層から避難した数十億人の人間はいまプレアデス星団の惑星で居住しており、選抜の過程を経ることになります。天使とのつながりを感じてスピリチュアル的成長に心を開いている人たちはその惑星に留まります。その他の人たちは現在準備中のアルデバラン星系の惑星に移送されます。

アルデバラン人は、プレアデス人に代わって地上の人々のファーストコンタクトを担当する種族として選ばれました。

アルデバランはプレアデスの姉妹種族でプレアデス人とよく似ていますが、テクノロジーにより重点を置きエネルギー的にはより男性的です。

アトランティス崩壊後の人類史で、アルデバラン人は地上の人類に幾度も新技術を提供したり遺伝子コードを改良したりして支援してきました。

https://biblia.com/bible/esv/genesis/6/1-4

アルデバラン人は、ハーレム(神聖な閉鎖保護空間)の仕組を通じて、敵対的な地上の環境の中で自分たちの振動数を維持してきました。
https://www.knowingdaily.com/latest-discovery-the-true-origin-of-m%D1%83%D1%95te%D0%B3%D1%96o%E1%B4%9C%D1%95-and-the-ancient-history-of-the-harem/

アルデバラン人は中国西安のピラミッド郡建設でプレアデス人を支援し、古代エジプトでも大活躍していました。
https://anzoboma82.wixsite.com/ancientstarmaps/far-east-2

彼らはタミル・ナードゥにヴェーダ文明を築き、ラジャスタンとグジャラートにもヴェーダ文明を築きました。古代インドのラーマ帝国とドワルカ市を構築しました。
http://mahabharata-research.com/about%20the%20epic/the%20lost%20city%20of%20dwarka.html



現在ワルカとして知られるウルクの都市を持つシュメール帝国も。
https://en.wikipedia.org/wiki/Uruk 

アルデバラン人は、ドラコニアンと核戦争で敗れました。
http://www.mysteryofindia.com/2014/08/myth-of-ancient-nuclear-war.html

紀元前3114年の戦争とそれに続く大洪水の後に、惑星地球の地上におけるアルデバラン人の影響力は大幅に低下しました。

彼らのほとんどは隔離の管理者から太陽系を離れるように命じられ、何人かはアガルタネットワークに入りこの強化拡大を行うことができました。1996年まではそこで活動していましたが、地下のアルデバラン人全員が闇の勢力からの捕虜になるか太陽系を離れるかを強いられました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Vril

その後の歴史においては彼らの地上への影響は限定されていました。空らは古代中国の漢王朝の絶頂期にあった武帝と接触しました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Emperor_Wu_of_Han

漢の時代に彼らはTVLミラーを小型のポータルとして導入し、それを通じて人々は高次元とつながることができました。
https://en.wikipedia.org/wiki/TLV_mirror
 
彼らは、唐王朝の創始者の李淵に接触しました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Emperor_Gaozu_of_Tang

唐の時代にその首都で西安のピラミッドからもさほど遠くない長安の成長と発展に寄与しました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Chang%27an

その当時から彼らは時折、中国の最重要の白い貴族のひとつの李家と接触していました。

彼らはまた黒い貴族のアルドブランディーニ家に潜入し、転生も時折繰り返しながらそこで女神の秘儀を密かに保存していました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Aldobrandini_Wedding

20世紀に彼らは、マリア・オルシックを通じて秘密の宇宙プログラムを開始しました。
https://en.everybodywiki.com/Maria_Orsic
 
歴史的に見れば彼らは常に完全に光に献身していたわけではありませんでしたが、1996年のタイ規模なアルコン進攻によって完全に冷静になり、いまでは銀河連合の献身的メンバーになっています。
 
5000年以上前にアルデバランが地上からの撤退を余儀なくされた頃、アルデバラン人の上昇が春分点となる時期でした。彼らはチベットに衝突体を送りました。
https://www.scirp.org/journal/paperinformation.aspx?paperid=88787
 
この衝突体はアルデバランが起源で、チベットのサリンクオ、ナムクオ、クオナの間の三角地帯にいる僧侶やハーブ採集者によってごく稀に発見されます。

これらのチベットのテクタイトとは現在ATVORテクノロジーで活性化されて、アルデバラン人が自分たちのエネルギーを地上のエネルギーグリッドに定着させるのを助けています。チベットの他の場所でもそれ以外の星系に由来する別種のチベットテクタイトが見つかっていますが、その点については今後の更新でお話しする予定です。

チェンマイでの会議は大成功を収め、地中での活動と地球外での活動が活発に行われました。
https://www.bangkokpost.com/thailand/general/2681714/moderate-earthquake-hits-mae-hong-son

会議の2日目は地上に女神のエネルギーを定着させるための重要なブレークスルーとなり、地上に遠大な影響をもたらしました。
会議の公式記録はこちらです。
https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2023/11/chiang-mai-ascension-conference-day-1.html

https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2023/11/chiang-mai-ascension-conference-day-2.html

光の勝利!

翻訳 Terry

関連記事

  1. 2015/01/24~25 光のブレイクスルー会議

  2. 2012/10/06 カンファレンス、情報、インタビューについて

  3. 2017/02/26 エーテル界解放瞑想・結果速報

  4. 2012/11/04 興味深い進展

  5. 2018/05/14 参加の手順の更新

  6. 2017/05/29 チンターマニ・グリッド

カテゴリー