2024/01/13 最新状況報告

原文 http://2012portal.blogspot.com/2024/01/situation-update.html

舞台裏での現在の展開について情報を公開する時が来ました。

ソースが12月上旬に直接に亜量子異常を除去し始めた後に、闇の勢力は追い詰められて罠にはまったと感じて完全にパニックに陥りました。

インドのイルミナティ・ネットワークの一部のメンバーはインドのヒンズー教寺院数か所の地下トンネルにあった古代のジャンプルームを起動させました。これらのジャンプルームのいくつかは何世紀も、時には何千年も起動されていませんでした。

これらのジャンプルームを通じて彼らは約3億体のレプティリアンをエーテル層からヒューマノイドの肉体にテレポートさせ、太陽系にまたがる古代のジャンプルームのネットワークを通じてレプトイドをテレポートさせることで太陽系を奪還しようとしたのです。

彼らは惑星Xにある光の勢力の基地に潜入できましたが、双方に多大な犠牲者を出しながらも光の勢力によって速やかに奪還されました。

太陽系を奪還しようとする闇の勢力の企ては排除され、1月上旬にカイパーベルト内外の遠隔地の小惑星にある各種の基地で激しい戦闘の後に潮目が変わり始めて、数週間後には太陽系はその闇から完全に解放されると予想されています。

そのインドのイルミナティ・ネットワークはまた、これらのレプトイドの多くを地下の古代のジャンプルームネットワークを通じてテレポートさせて、アフリカの地下に存在する古代のアトランティスの暗黒ネットワークと合体させました。この闇の地下組織も排除されつつあります。

3億体のレプトイドの多くはすでに除去されており、いまは1億体強のみ残っています。

インドのイルミナティ・ネットワークは、約5000年前のクルガン・アルコン進攻の際にクルガンの一派がインダス渓谷に侵入し厳格なカースト制度を持つヴェーダの家父長制文明をインドに導入した際にできたものです。カルマという洗脳の信仰を導入したのも彼らです。このネットワークの名残は主にラジャスタン州とグジャラード州に広がっています。

アフリカのイルミナティ・ネットワークは1万4千年前のアトランティス時代後期の最後のポールシフトの時に形成されました。

赤道が現在の位置に移動した時に、闇の勢力は現在の赤道に沿って闇の寺院のネットワークを構築し、レプティリアンが人型のクローン体に転生するためのジャンプルームを設定しました。

こうして、アトランティスの後期から多くのレプトイドが地上の人間社会に入り込み、少数の黒い貴族の管理下で独自のネットワークを形成しました。

そのネットワークは、サブサハラ(サハラ砂漠以南)のアフリカでは特にカメルーン、ガボン、コンゴ、南米ではベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ブラジル、南米のニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、インドではスリランカ、ケララ州、タミル・ナードゥ州で依然としてかなり勢力を保っています。

これらのネットワークはいずれもパラヴィチーニ一族の支配下にあります。パラヴィチーニ一族はイスラエルとの隠れたつながりを通してBRICS同盟も支配しています。この一族の集中的な最終除去の過程にあります。
https://www.timesofisrael.com/liveblog_entry/israeli-officials-said-in-talks-with-congo-others-on-taking-in-gaza-emigrants/

https://www.dailymail.co.uk/news/article-12942605/Inside-secret-tunnel-built-extremist-Jewish-students-linking-historic-cleansing-bath-Brooklyn-synagogue-discovered-homeowner-heard-suspicious-noises-night.html

オルシーニ家は西側のイルミナティ・ネットワーク、NATO同盟、バイオ研究所を支配しています。西側のイルミナティ・ネットワークについては重要情報がありますが現時点では開示できません。

これらの闇をすべて除去した結果、銀河のセントラルサンは活動を活発化させています。まず、大晦日に太陽が活性化させてX5太陽フレアを引き起こしました。
https://www.livescience.com/space/the-sun/monstrous-x5-solar-flare-launched-on-new-years-eve-could-bring-auroras-to-earth-tonight

https://www.newsweek.com/solar-flare-radio-blackout-space-weather-1857855

第二に、地球のエネルギーグリッドの最終的解放のエネルギー面でのプロセスを開始するために、銀河のセントラル種族を活性化しました。

1月上旬に銀河のセントラル種族はバミューダ付近の海底にある高さ30フィートのアスター・クリスタルなどの隠されていたアトランティスのクリスタルの全てを活性化させました。
https://www.moyracaldecott.co.uk/wdp/atlantis-the-crystal-in-the-bermuda-triangle/

これらのアトランティスのクリスタルは現在チンターマニと銀河チンターマニにつながってパワーを与えています。

銀河のセントラル種族はまた、ギザ、アマゾンのジャングル、南極大陸、その他の地域の地中に埋もれているアトランティス時代の休眠宇宙船も活性化しました。

これらの宇宙船は現在、惑星のエネルギーグリッドにつながって、銀河のセントラル種族が古代に建設して太陽系全体に存在している中間点の宇宙船と接続しています。

セントラル種族はチャコ渓谷も再活性化させました。
https://jamesmahu.com/wingmakers-com/about/ancient-arrow-site/

これらすべてのエネルギー付与の結果、光の勢力はミョルニルの出力を10%-12%に増加させることができました。

冥王星の水瓶座入りまであと数週間となり、カバールは強い恐怖に陥っています。そのためカバールはサイバー攻撃によってシステムのリセットを計画しました。
https://alt-market.us/obamas-weird-new-movie-and-americas-extreme-vulnerability-to-cyber-attack/

そして、自分たちのバンカーでリセットを生き延びたいとしています。
https://modernity.news/2024/01/09/mega-rich-are-forcing-out-millionaires-on-billionaires-bunker-island/

スーパーリッチの人たちが私のブログを読んでいるとの報告を、この10年間に何度か受けています。どうやら私はイベントについて彼らに本心から恐怖を植え付けることができたようです。
https://www.youtube.com/watch?v=vEk79bjYnv0

冥王星は水瓶座入りする前に山羊座の最後の度数を通過しており、情報公開をほのめかす兆候がすでにあります。
https://twitter.com/wow36932525/status/1742506832147464447

人類が星間空間に出るための最初のトライもあります。
https://www.universetoday.com/165116/nasa-selects-bold-proposal-to-swarm-proxima-centauri-with-tiny-probes/

冥王星は1月20日・21日に水瓶座に入ります。以下の瞑想でこの強力なエネルギーイベントに参加することができます。
https://ameblo.jp/cobrameditation/entry-12791062294.html

2024年には4月8日の皆既日食と11月5日の選挙があり、米国が地球の情勢を左右する重要な年となります。

本年米国にできる限り光の定着させることがライトワーカーにとって、きわめて重要です。そこで、フェニックスで開催されるアセンション会議にぜひ皆さんご参加ください。米国と2024年に関する重要な情報を開示します。
https://2012portal.events/events/ascension-conference-phoenix-arizona-usa-2024/

また、星とアセンデッドマスターのレイヒーリングのイニシエーションにもぜひご参加ください。センターチャンネルを開き、これから数か月・数年の間に地球に到達する強いエネルギーへの備えとなります。
https://2012portal.events/events/ray-initiations-phoenix-arizona-usa-2024/

光の勝利!

関連記事

  1. 2017/04/10 平和瞑想の最新情報

  2. 2020/03/30 PFCによるCOBRAとフルフォードへの共同インタビュー

  3. 2013/12/02 広めてください!純真への回帰 12-21-2013

  4. 2021/04/15 地上の住人への短信

  5. 2012/04/13 至高の介入の閃光 4月13日

  6. 2016/03/25 カーリー・エリスのコブラインタビュー

カテゴリー