2020/03/16 終盤戦のシナリオ

原文 http://2012portal.blogspot.com/2020/03/endgame-scenarios.html

転載元 https://cobraportaljp.blogspot.com/2020/03/blog-post_16.html

2020年3月16日月曜日

終盤戦のシナリオ

地球解放戦争はクライマックスに達しています。


中国でのコロナウイルス感染拡大が封じ込められた後、闇の勢力はイタリアのコドーニョで遺伝子を改変した新たなウイルスを散布しました。コドーニョは、多くの黒い貴族が何世紀にもわたって支配してきたピアチェンツァから10キロ圏内です。


これらの黒い貴族とは、スコッティ、パラヴィチーニ、スフォルツァ、ファルネーゼ、ブルボン、ハプスブルグです。

ピアチェンツァ – Wikipediaja.wikipedia.orgIs Coronavirus a Deep State Bioweapon attack on China planned in 2005?In an interview and letter made available in 2010, an anonymomichaelsalla.com

イタリアでのウイルス感染拡大は、黒い貴族の2派閥間の内部抗争が外部的に顕出したものです。


その2派閥の一つが経済崩壊を目論んでウイルスを散布しました。いまのところかなり成功しているようです。

“Total F**king Carnage” – Global Liquidation Accelerates Despite Massive Monetary InterventionThe Fed unleashed a massive QE5/rate-cut/swap-line splooge ovwww.zerohedge.com

欧州全域へのウイルス拡散につながった重大な出来事は、2月25日のローマでの欧州閣僚会議における当黒貴族の命令に基づくイタリア国境の非封鎖決定です。

Europe refuses to close borders as Italian coronavirus cases jumpHealth ministers say closing frontiers would be ‘disproportiowww.aljazeera.com

国境を閉鎖しないことで、まずは欧州にウイルスが拡散されて、いま世界中に拡散されました。
イタリア型ウイルス種が欧州および全世界に拡散したことで、大規模な検疫隔離へとつながりました。

Europe edging towards total coronavirus lockdownA continent of shuttered shops and locked doors; European natwww.aljazeera.com

多くの人の目には、こういったこと全てが大量逮捕にとって最適な条件が整ったと映りました。


ドレーク・ベイレイ(Drake Bailey)が報じた大量逮捕計画をポジティブミリタリーが有していることは確かです。

(画像の文章の翻訳
上記ウェブサイトに掲載したものはホワイトハットの日程である。
信じる信じないは別にし、熟考の上で3週間の医療戒厳令に備えろ。

水、食料、トイレットペーパーなど3週間分の必要な物資全ての備蓄。

ホワイトハットの日程
2020年3月16日 コロナウイルスのため地域のイベントのキャンセルが始まる
2020年3月20日 米国が戒厳令宣告の後にコロナウイルス検疫隔離に入る(3週間)
2020年3月30日 米国が金本位制となる
2020年4月12日 Q-BHOが予測した通り初回の逮捕。覚醒が始まる。その後は、雪崩のように逮捕が起こる。
2020年7月20日 地球外生命体についての完全開示が起こる。)


中国本土のドラゴン筋からも本件についての確認がとれており、現在の緊急事態で粛清が可能となり4月15日までにはそれが顕在化するとしています。


レジスタンスは、ポジティブミリタリーの計画の存在を肯定していないものの否定もしていません。ポジティブミリタリーだけが本件に関与しているのではなくて、「その他のシナリオもある」とレジスタンスは言っています。大量逮捕はまだ起きていないが、ある準備作戦にはすでに着手しているとしています。


レジスタンスから皆さんに対して、世界的な検疫隔離に備えて、食料品などの日用品を一ヵ月程度備蓄し、銀行から今すぐ現金を引き出すように提言しています。


トップレット爆弾が除去されるまではイベントは起き得ませんが、デルタ選択肢に似たシナリオは考えられます。

デルタ選択肢COBRA(コブラ)のThe Portalの日本語訳をまとめています。cobraportaljp.blogspot.com

光の勢力は、地上のプラズマ異常の大半とプラズマトップレット爆弾の最終層の大部分の除去にごく最近成功しました。これは大きな勝利で、それがポジティブミリタリーの計画開始を可能とする要因の一つです。


残念ながら、プラズマ層浄化が完了間際になったことでキメラが最終防衛策として、地上の全人類の物理的インプラントに最強の防御機構を起動しました。全物理インプラントは、地上の全人類をつないでいるネットワークに接続されているトップレット爆弾を製造するクォークグルオンプラズマの原料となるトップネスと特異性を有します。


本防御機構が起動されたことで量子初期異常フィールドで突然変異が起きて、それによって2月後半にタイムラインの流れに部分的な捻じれが生じました。それが原因で、イタリア、イラン、韓国でウイルス標本を埋め込むことができたのです。


タイムラインは、すでに部分的に修正されました。瞑想によって、地球解放とアセンションに向けて最良のタイムラインにシフトすることを確保することができます。


レジスタンスは、コロナウイルス用に開発された新ワクチンに投入される予定だったバイオチップのすべてを破壊することができました。したがって、新ワクチンにはバイオチップは全くはいっていません。しかし、人体に有害な物質は混入されています。


スピリチュアル面では、コロナウイルス感染拡大によって、地上周囲に依然としてある程度存在している非物理エンティティーの最終的な完全除去を劇的に加速化しました。またこれによって、人間の行き過ぎた行為や無謀さや利己主義の浄化および幻覚幻想の浄化を引き起こし、ようやく地に足がつくようになってきています。


自宅待機を余儀なくされたことで、大量生産と大量消費という悪循環から脱して、人の活動が大幅に少ない静かな町に帰って、鳥の鳴き声を愛でる時間をようやくもてるのではないでしょうか。

(画像の文章の翻訳
世界中で封鎖があちこちで起きているので、車は少ないし、飛行機は少ないし、公害も減る。新コロナウイルスで私たちがパニックになっている間に、マザーアースは癒しを施している。)


それが、マトリックスの浄化です。

中国のコロナウイルス感染拡大収束を正確に予測した中国国家衛生健康委員会専門家グループ長の鍾南山は、ウイルス拡散防止のために離れて生活する施策を即時に実行すれば、6月までにパンデミックは終了すると予測しています。

Coronavirus pandemic could be over by June if countries mobilize: expertThe coronavirus pandemic could be contained by June if countrnypost.com

Defender Europe 20軍事演習部隊は、欧州にニューワールドオーダーを導入するものではありませんし、大量逮捕を実行するものでもありませんが、とても効果的にウイルス拡散を実行できます。

30, 000 soldiers arrive in Europe without masks, by Manlio DinucciThe United States are demonstrating their power by organisingwww.voltairenet.org

 画像の文章の翻訳
1日遅れてソーシャルディスタンス策を講じた場合の類型コロナウイルス感染者数
黒線 ソーシャルディスタンス無し
赤 1日遅れでソーシャルディスタンス実施(n+21日)
緑  基準日nにソーシャルディスタンスを実施(n+20日)

ソーシャルディスタンシング(社会的距離の確保 – 離れて生活する)こと及びパンデミック解消のための封鎖は、以下の記事が参考になります。

Coronavirus: Why You Must Act NowPoliticians and Business Leaders: What Should You Do and Whenmedium.com

コロナウイルスが生物兵器である事実はマスメディアでも登場しています。


世界中の政府高官が、質問を開始しています。

Сoronavirus may be a product of US ‘biological attack’ aimed at Iran & China, IRGC chief claimsThe US сould be the prime culprit behind Covid-2019 outbreakwww.rt.com

China’s Coronavirus: A Shocking Update. Did The Virus Originate in the US? – Global ResearchThe Western media quickly laid out the official narrative forwww.globalresearch.ca

Who Made Coronavirus? Was It the U.S., Israel or China Itself?https://youtu.be/6DcSKUrQBiE The most commonlywww.strategic-culture.org

Russian military expert on biological weapons asks investigation in US laboratories for the production of Covid 19A former member of the United Nations Committee on Biologicaldimpenews.com

China official says U.S. military may have brought COVID-19 to Wuhan | The Japan TimesA spokesman for China’s Foreign Ministry suggested on Thursdawww.japantimes.co.jp

5Gの基地局が人間の免疫系を深刻に害して、闇の勢力によるパンデミック計画で重要な役割を果たしたことは、いまや一般に知られています。

Is the Coronavirus linked to China’s Rollout of 5G and Biowarfare?The undisputed global leader in the development and deploymenmichaelsalla.com

5G網は、隔離地球を増強するための闇の勢力の計画の一部です。

Dutch State Secretary Admits 5G Will be Used for Crowd ControlTo everyone’s surprise, State Secretary of Economic Affairs

ahumansarefree.comSpaceX’s ‘illegal’ fleet of 5G satellites could wipe out life on EarthEXCLUSIVE Activists say the 12,000 new satellites – which werwww.dailystar.co.uk
キメラにコントロールされている米国宇宙軍は、ポジティブな宇宙生命体に対する防衛線として5Gを利用したいのです。

https://note.com/nogi1111/n/na32f9f9a231c

現在起きていることは、ポジティブな地球外勢力とキメラグループ間の惑星地球をめぐる量子戦争の絶頂です。

量子戦争の詳細についてはいまのところ公表はできませんが、ポジティブな側面として申し上げられる唯一の内容はトップレット爆弾の除去で、ネガティブな側面は、以下のような技術の開発です。

https://note.com/nogi1111/n/nb5abbe02edc3

どの戦争でも、勝つ場面と負ける場面があります。


これからの道のりはきわめて強烈で不安定で、常に計画通り一筋縄には行かないかもしれませんが最終的には我々は勝利します。


数週間後の瞑想では、大きな変化が可能です。


というのも、統合意識は量子フィールドに直接劇的に影響を与えることができるからです。


まずは、ビタミンCで免疫をアップしてウイルス耐性をつけると良いでしょう。

Vitamin C and COVID-19 Coronavirusorthomolecular.org


コマンドRCVスターダストのプロトコールをできるだけ使用してください。(コマンドRCVスターダストと心の中で3回唱える)

(画像の文章の翻訳昨日、武漢のライトワーカーが「コマンドRCVスターダスト」の使用を開始ました。
本日の「新規感染者数」が1700人から400人に急落。光の勝利!  本当にありがとうございました。)


2月20日付の武漢からの報告では、75%のウイルス除去が出来ています。


プレアデス人からの情報では、このプロトコールはそれ以上に効果があるのですが、闇の勢力であるカバールの一味ではない非常に利己的な者がいて、むやみにウイルスを拡散したり、闇のWEBサイトでウイルスを販売したりしています(こちらの動画の8分から14分参照)。」

この戦争はまもなく終了し、私たちが求めてきた新しい世界が生まれます。
Victory of the Light!  光の勝利!


翻訳: Terry

関連記事

  1. 2012/06/27 インタビューと動画

  2. 2015/03/31 連合艦隊

  3. 2017/03/08 ロシアのコブラ・インタビュー

  4. 2013/04/11 プレアデス星人、私達の姉妹種族

  5. 2012/12/03 セント・マーチン・カンファレンスについての短信

  6. 2021/03/22 パリとベルサイユの薔薇の姉妹団によるCOBRAインタビュー

カテゴリー

アーカイブ

  • 2022 (33)
  • +2021 (33)
  • +2020 (61)
  • +2019 (37)
  • +2018 (51)
  • +2017 (86)
  • +2016 (75)
  • +2015 (91)
  • +2014 (85)
  • +2013 (101)
  • +2012 (129)