2021/08/24 光を保って

原文http://2012portal.blogspot.com/2021/08/hold-light.html

2021年8月24日

光を保って

光の勢力は、まだ何百億ものレプティリアンエンティティ存在するエーテルとアストラルのダークフォースマトリックスの最内層の掃討を開始し始めました。これは実質的に非物理的面上における地上の戦いが今、ピークに達していることを意味します。ここ数週間の闇の攻撃により、地球上の光のグリッドの約40%が崩壊しましたが、ありがたいことに、ここ数日でグリッドは徐々に回復しつつあります。

非物理的な闇の勢力は、スカラーテクノロジーとエンティティの憑依を利用して、地上の人々を恐怖状態に陥れ、集団的精神異常を誘発しています。

https://academyofideas.com/2021/02/mass-psychosis-greatest-threat-to-humanity/

https://noqreport.com/2021/08/19/mass-psychosis-is-the-most-viable-explanation-for-what-were-seeing-in-america-today/

この恐怖は、惑星の表面を覆う雲のようなもので、ライトワーカーのほとんどもそれに屈しています。
光の勢力は、今後数週間、数ヶ月の間に外の世界で何が起きようとも、自分の中に入り、光とつながり、光を保持することが最も重要であると伝えています。多くの人が「光」を持っていれば、現在の困難な状況でも可能な限りポジティブな結果を得ることができます。

メディアには怖いニュースであふれていますが、このブログを読んでいる大多数の人にとっては恐れることはありません。ワクチンは地球の人口削減に使われることはありませんし、ワクチンを摂取した人の大部分が死ぬこともありません。イベント後に光の力はその技術を使って、ワクチンの副作用をすべて回復させることができます。

また光の勢力は、主流メディアや代替メディアへの接触を最小限に抑え、自然の中でより多くの時間を過ごしたり、小さな刺激的なグループでお互いに会ったり、音楽を聴いたり、波動を高く保つために必要なことは何でもすることが非常に良いことだと伝えています。導かれていると感じたら、バイオレットフレームを使ってライトワーカーや惑星のエネルギーグリッドのエネルギーを浄化する瞑想をされるとよいです。

タキオン技術は、人々が高い波動の意識状態を維持するのに役立ちます。

http://tachyonis.org/Products.html

日本販売先
https://tachyon-japan.net/

また、地球上で最も高い波動を持つ物質であるチンターマニを各自が身につけることも、その目的に大いに役立ちます。

http://www.cintamani.space/Cintamani.html

日本販売先
https://tachyon-japan.net/category/item/natural-stone-item/cintamani-stone/

非物理層での掃討が進行する中で、このビデオにあるように、プレアデス人が地表に近づいてきています。

そして、数日前にクラウドシップが富士山を取り囲みました。

ヴェネツィアの黒い貴族の大使だったマルコ・ポーロは13世紀にはすでに中国のネガティブなカバール・ファミリーと接触していました。これが、東西のカバール派の長期にわたる協力関係の始まりであり、17世紀から18世紀にかけて北京の清朝初期の宮廷にイエズス会が存在したことで、その協力関係は大きく拡大しました。

ここ数十年で西洋のカバールがオルタナティブメディアを通じて大きく暴露されたため、黒い貴族の一族やイエズス会は重要な人材の多くを西洋から中国に移すことを決め、2016年には目に見える中国側の戦線として習近平と中国共産党、目に見える西洋側の戦線として世界経済フォーラムと新たな提携を結んでいます。彼らの目的は、中国を世界の覇者とするニューワールドオーダー暗黒卿社会です。

その目標を達成するために、コロナウイルスを撒き、武漢の研究所では現在も新しい株を開発しており、デルタ型の変種も開発してインドに仕込んだとする情報もあるようです。武漢の研究所の有名なコウモリ女、石 正麗がコロナウイルスの変異について警告しているのは偶然ではありません。

https://www.zerohedge.com/covid-19/wuhans-bat-lady-warns-coming-covid-19-mutants

パンデミックの発生では、東西のカバールが連携していることがよくわかります。

https://thenationalpulse.com/breaking/gates-foundation-partnered-with-socialist-china-internet-foundation/

新世界秩序の目標を達成するために、世界的なハイテク暗黒卿に必要なレアアースを確保し、麻薬取引や人身売買によるキャッシュフローを確保するために、中国は周辺国の政権を変え始めました。最初に倒れた国はミャンマーで、次に倒れたのはアフガニスタンでした。

https://creativedestructionmedia.com/analysis/2021/08/19/china-is-now-a-full-time-player-in-the-great-game/

https://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=180233

以下の瞑想は、アフガニスタン情勢への癒しに役立ちますので、導かれた方は参加してみてください。

https://www.welovemassmeditation.com/2021/08/meditation-for-afghanistan-every-4-hours.html?m=1

アフガン情勢で唯一の明るい話題は、1990年代後半から米軍がアフガニスタンの秘密刑務所に監禁されていたプレアデス人の人質数人を、ロシアの特殊部隊が救出できたことです

中国人が次に征服しようとしている国は台湾です。中国は、半導体・マイクロチップ産業を確保したい。そのために、3月以降、中国本土でポジティブ・ドラゴンの主要メンバーを殺害し他、それ以外のメンバーを逮捕しています。これにより、これまで台湾への侵攻を抑えていた中国大陸のレッドドラゴン軍は、生き延びるために非常に控えめにしなければならなくなりました。この状況を解決するために、ようやく光の勢力がアクションを取り始めました。

8月28日には、2つの正確なエリス・冥王星のスクエアのうち、最初のスクエアが起こります。

当日は、世界各地でコロナウイルス規制に対する抗議活動が予定されており、情報筋によると暴力的になる可能性もあるとのことです。光の力は導かれていると感じた方に、瞑想をしてネガティブな暴力的エネルギーを取り除くためにバイオレットフレームで抗議活動のエネルギーを浄化しし、抗議活動をしている人たちを保護しサポートするために白い光で包み込むように求めています。この日、14万4,000人の抗議者が統一されたメッセージを持って世界中に集まれば、ポジティブタイムラインとネガティブタイムラインの戦いの流れを変えることができるでしょう。

8月30日 は、特定のグループが世界的な革命を起こすトリガーとなる日として設定されています。

オーストラリアでは、トラック運転手がそれを実行しています。

https://www.dailymail.co.uk/news/article-9917753/Australian-truck-drivers-prepare-stage-Covid-protest-blocking-highway.html

https://www.zerohedge.com/covid-19/australian-truck-drivers-vow-block-every-major-highway-radical-anti-lockdown-strike

私のブログのあるコメント投稿者は、これがどのように機能するかについて興味深いコメントをしました。

(これは面白い。私は日本でトラック運転手をしていて、ロックダウンやCOVID規制と戦わなくて済むのをうれしく思います。しかし、オーストラリアの24万6千人のトラック運転手全員にストライキを説得できるだろうか?多くのトラック運転手は小さな会社で働いていて、ほとんど家族のように接しています。しかも高齢者が多く、そんな危険なことには関わりたくないと思っている人も多いでしょう。オーストラリアの状況は興味深いものです。「大陸には6つの主要都市があり、貨物の動きは非常に異なっています。つまり、オーストラリアの貨物の大半は、南のメルボルンから北のシドニーやブリスベン、中南地区のアデレードまで走っています。長距離トラックの走行は、西のパースや北のダーウィンまでです。」 https://www.smart-trucking.com/trucking-in-australia/ また、オーストラリアではトラック運転手の不足が深刻です。そして、それらの大都市は、そこから出るルートが非常に少ないです。高速道路が4〜7本といったところです。そして、サバンナや砂漠を通る長距離輸送があります。だから、一握りのトラックでその数少ない道路を封鎖するのはとても簡単なことです。もちろん、それは違法で危険なことです。しかし、そのために必要な人数は100人にも満たないでしょう。たった1つの小さな会社のトラック運転手でもできてしまうのです。運転手不足の中で、おそらく全トラック運転手の1/4が同時にストライキを起こしただけでも、その国の経済をひどく不安定にするには十分でしょう。これが何か大きなことをするのに十分な牽引力になるかどうか。もしオーストラリアでうまくいくなら、他の国も真似をすることができるでしょう。EUやアメリカではうまくいかなくても、事態がコントロールできなくなる恐れがあるというだけで、政治家たちの政治家の背筋を震わせるはずです。全国民に飢餓の脅威を与えなければならないというのは好ましくありませんが。でもそれで政府が耳を傾けてくれるなら、仕方がないですよね。)

フランスでは、ポジティブミリタリーと関係があるとされるグループがそれを計画しています。フランスの情報筋によると:

(9月4日に革命の呼びかけがあり、陸軍の支援を受けていると主張する3ページの手紙が添えられています。陸軍のロゴが入った「総動員令」と書かれていて、メディアや労働組合に送られた。この文書に署名した人の名前はなく、彼らはただ単純なフランス市民と陸軍将校であることを示しています。「民衆革命の戦略」では、事前に3日間のストライキが行われると説明されています。政府を覆すためには、人々はパリの県庁や権力者のところに行かなければならない。彼らは5万枚の文書を送ったと言っています。農民は警察を阻止しなければならないでしょう、トラックの運転手も言及されています。陸軍省はこの文書を否定しました。誰がそんなことをしたのかを調査しています。)

もうひとつの興味深い戦略は、デモ参加者がマスメディアを掌握し始めることです。

https://www.theepochtimes.com/demonstrators-occupy-london-news-headquarters-over-pandemic-coverage_3961050.html

これらがどのように現れるかを予測することはできませんが、現在から10月末までの間に、「アルトジラ」というカイパーベルト天体が、オリオン闇の勢力の星であるリゲルとぴったりと重なっています。

http://www.astrologicaldepth.com/TNOInfo/Altjira.htm

http://markandrewholmes.com/altjira.html

この時期は、1996年に地球に侵入してきたリゲル軍の大浄化の時期であり、この浄化が終わった10月半ばから後半にかけては、水瓶座の時代の夢をこの惑星の地表に顕在化させることがより容易になると予想されます。
インプラント内のトップレット爆弾はまだ除去されておらず、イベントを妨げる主要因となっています。

https://ascendliberation.blogspot.com/2021/08/toplet-bombs-prevent-event.html

私のブログに寄せられたあるコメントが、この状況をとてもわかりやすく説明してくれています。

(それは、私たちがこの惑星の人質だからです。人間のインプラントの中にはトップレット・爆弾があり、それが爆発すると地表の全員が死ぬ可能性があります。光の勢力は、それぞれの可能なシナリオやタイムラインで失われる命を考慮しているだけです。もちろん、カバルや闇の勢力はすでに多くの人を殺しており、この惑星のほとんどの人を苦しめています。しかし、地表での全面的な戦争や爆弾の爆発に比べれば、まだマシだということです。それはまるで – カバルの支配により1000万人が死亡→カバル、ドラコ、キメラとの公開戦争→1億人が死亡→トップレット爆弾が作動→70億人が死亡、解放すべき人がいなくなる なぜ最後のキメラがトップレット爆弾を作動させないのか、それはキメラが倒される直前か、ほとんどの人間のインプラントが除去される前だからだ。しかし、光の勢力は大きな脅威がすべてなくなるまで待っていて、後始末をするのは地表のカバルだけです。犠牲者が最も少ないタイムラインを選んでいるのです。)

これからの2ヶ月間は、人類史においてきわめて重要な時期であり、私たちは「光」を保持する必要があります。一人一人の貢献が大切です。

Victory of the Light! 光の勝利!

翻訳 Terry

関連記事

  1. 2018/10/08 ザ・プラン

  2. 2015/10/13 アントワインのコブラインタビュー

  3. 2017/01/20 アジアチームによる二つのコブラインタビュー

  4. 2015/12/31  2016

  5. 2015/01/16 ロブ・ポッターのコブラインタビュー

  6. 2013/03/07 女神スパイラル

カテゴリー

アーカイブ