2022/02/12 アセンション計画最新情報

原文:http://2012portal.blogspot.com/2022/02/ascension-plan-update.html

アセンション計画最新情報

惑星地球のアセンション計画の次を発表する時が来ました。
アセンション計画に関する一部の情報は、すでに以前のアップデートで公開されています。

https://cobra-information.com/2016/03/08/%e3%82%a2%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3/

それ以来計画は進化し光の勢力から新たな情報が出てきました。
最も重要な内容は、1975年から2025年のアセンションの窓は2025年に閉じられるのではなく、永久に開いたままであると光の勢力から伝えてきたことです。これはエネルギーが増加し続けることを意味しており、2025年以降アセンションのエネルギーは銀河のセントラルサンから私たちの太陽系を通って地上に向かって永遠に永続的に流れていきます。

光の勢力は本件とイベントの時期との関連性についてのコメントを拒否しています。私が持っている情報に基づいて経験則により推測すると、2つの可能なシナリオが考えられます。第一のシナリオは、今から3~15ヶ月後にイベントが発生しその後2025年の銀河パルスまでの間に地上の人間社会が急速に変化していくとの予測です。第2のシナリオでは、「イベント」は2025年、銀河のパルスはその数年後の2030年よりも早い時期に起こるとの予想です。これらの日付は光の力で直接確認されたものではなく推測であり間違っている可能性があることをご了承ください。

また非常に重要なことは、2019年夏にプロジェクト501が崩壊したことでアセンション計画に大幅な変更があったことです。そして、光の勢力が明確に理解したことは、物理的な直接介入が無ければ地上の人類は癒しと解放を受けることができないこと、そして闇の勢力が地球を破壊することなく安全に直接介入できるようになるまで、地上の社会は徐々に崩壊してゆくことです。そのため、イベントと銀河のスーパーウェーブの間に3つのアセンション波を設けるという当初の計画は、高望みすぎて修正しなければなりませんでした。というわけで、こちらが改訂版のアセンション計画です。

まず、銀河のセントラルサンからの増加したエネルギーが、地球周囲と以遠に残留しているすべての量子や亜量子の異常を浄化し続け、光の勢力がすべてのネガティブな非物理的エンティティ―除去を継続します。初期異常の各種の除去について、かなり信頼できる手がかりがこちらにあります。

https://ascendliberation.blogspot.com/2022/01/current-anomaly-questions-assistance.html

2つ目は、第25太陽周期の太陽活動極大期に近づいてことで太陽活動が活発化し続けていることです。初期の予測ではこの周期は2025年7月にピークを迎えるとされていましたが、現時点で科学者たちは2024年後半に太陽極大期を迎えると予想しています。

アレクサンダー・チジェフスキー氏の初期の研究によると、社会不安の60%は各太陽極大期の1年半以内に起こるとしています。

http://time-price-research-astrofin.blogspot.com/2012/03/alexander-tchijevskys-physical-factors.html

http://www.gorbanev.com/Chizhevsky.htm

したがって、2023年初頭から2026年初頭の間に社会的に大きな変化が起こることが予想されます。これは、現在の第25太陽周期の極大期の1年半にあたります。

これはPortal 2025と完全に一致しています。

https://cobra-information.com/2020/05/07/2020-05-06-%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%ab-2025/

ベインサ ドウノの予言とも

https://mauihawaiitheworld.wordpress.com/2015/08/03/the-prophecy-of-christian-mystic-master-beinsa-douno/

すべてのネガティブなタイムラインは崩壊し、すべてのタイムラインはイベントに収束します。

https://humansbefree.com/2021/11/project-looking-glass-insider-mankind-eventually-wins.html

社会不安がピークに達し異常が十分に除去された時点で、光の勢力は現在の地上の非常事態を戒厳令にアップグレードします。
その内容は、地表の全住民が短期間(3~7日)の軍のロックダウンを受け、その間に大量逮捕が行われることです。巻き添えを出さずに軍事行動の安全性を確保するために、人々は確実に家に留まるように指示されます。ポジティブ軍は量子パルス兵器を使ってネガティブ軍の武器を封じ、ポジティブ軍の命令に従わない軍隊や民間人を瞬時に動けなくします。
このイベントの計画には、まだ秘密にしておかなければならない大きな側面があり、それはほぼ誰にとっても大きな驚きとなるでしょう。

イベント終了後、地上の社会は数年かけて劇的な変化を遂げることになります。
地上の一般人は、マスメディアを通じて公開される暴露や開示に関する情報を咀嚼しながら、暗い過去の深い心の傷を癒し始めます。

最も極端なサイコパスやソシオパスはイベントとその直後に地上から排除されますが、多くの潜在的なソシオパスは有害行動をとると速やかに排除されることを認識した上で銀河のスーパーウェーブまで社会に残り、危害を加えないように目立たずに静かにしています。

システムを完全に一掃するには、かなりの時間がかかります。
https://www.rt.com/news/540662-nazis-germany-prosecutor-office-inquiry/

イベントの後、大多数のライトワーカーは、ポジティブなエネルギー、天使、光の勢力からの多くの支援を受けて、大規模な癒しのプロセスを経験します。数年後に銀河パルスが到来したときには、約2000人の人々が銀河のスーパーウェーブと惑星退避に合わせてアセンションの第一波でアセンションができる状態になります。
https://www.youtube.com/channel/UCh3JFQND70lnAPhb4c8VppQ/videos

https://www.youtube.com/watch?v=iHa042rtWn4

https://www.youtube.com/watch?v=nK6k585w784

アセンションの準備をしている人たちは、イベント直後に形成され始める「光の島」に住むことになります。
彼らはツインソウルとつながります。大半のツインソウルはマザーシップにいます。
https://intergalacticmatch.com/

https://www.youtube.com/watch?v=GxqVuuhZzZM

これまでの洗脳を超えて視野を広げ、魂レベルの関係を築き始めるでしょう。

https://www.welovefirstcontact.com/2022/01/pleiadian-energetic-clarification-of.html

退避の実施中に、アシュター司令官と銀河連合の艦船が地上の人類を銀河津波から救出します。

https://archive.org/details/TheAdamAndEveStory_201904/page/n187/mode/2up

https://www.luisprada.com/galactic_federation_fleets/

避難後に地球が変容を遂げた後、光に完全に調和した存在だけが光の島に戻って地球に再居住することが許され、その後比較的すぐに起こるアセンションの第2、第3の波に備えることになります。

人類は、1999年に地球のアストラル界から避難した約700億人の人類がすでに居住しているプレアデス星系の惑星に避難するために輸送されます。

1996年から1999年の期間に地球にやってきて以後地表で人間のクローンとなって生活していたソシオパスやサイコパス、ドラコやレプティリアンが大半を占める約5億人の地上避難者は、進化のための最低基準を満たすことができず再編のためにセントラルサンに連れて行かれることになります。

これは事実上、宇宙全体の闇と苦悩が終焉し「光り輝く新たな周期の始まり」を意味しています。

Victory of the Light!  光の勝利!

関連記事

  1. 2015/01/19 プロテクション

  2. 2018/05/15 台北カンファレンスノート

  3. 2015/06/02 コロニー解放作戦の結果報告と惑星地球の状況

  4. 2016/03/02 コブラの2月の月間アップデート

  5. 2018/01/27 緊急要請

  6. 2014/10/20 ロブ・ポッターのコブラインタビュー

カテゴリー

アーカイブ

  • 2022 (17)
  • +2021 (33)
  • +2020 (61)
  • +2019 (37)
  • +2018 (51)
  • +2017 (86)
  • +2016 (75)
  • +2015 (91)
  • +2014 (84)
  • +2013 (101)
  • +2012 (129)